コラム

ビルドシステムの鈴木裕太が便利なWidgetを作成

今回、紹介するのはビルドシステムの鈴木裕太が作成したExcelレポート機能のWidgetを紹介します。

まず作成した鈴木裕太について簡単に紹介します。1995年、ビルドシステムの創立メンバーとして参画、2021年現在でも開発者として働いています。詳しくはビルドシステムホームページのインタビュー記事で紹介しています。ぜひそちらもご覧ください。

このWidgetはどんなの?

このWidgetはJXLSerです。JXLSerは簡単に説明するとExcelレポートの生成を簡単にする小さなJavaライブラリです。Jxlsは、Excelテンプレートの特別なマークアップを使用して、出力の書式設定とデータレイアウトを定義します。

Excelレポート完成時

jXLSerは、Excelレポート機能をアプリに提供します。jXLSライブラリをラップし、非常に使いやすいです。jXLS用のExcelレポートテンプレートを用意するだけで、複雑なプログラムや設定なしでExcelレポート生成機能を実装できます。さらに、複数のテーブルを含むレポートなどの複雑なレイアウトを処理できます。

  • ほとんどのエンジニアに直感的な使いやすさを提供します
  • 複数のパラメータをテンプレートに渡すことができます。
  • パラメータの非永続エンティティをサポートします。
  • リストを出力するだけでなく、複数のグリッドを含む無関係なエンティティをデータモデルに表示することができます。

テンプレート

ドメインモデル

どんな時に活躍するか

これは複雑なExcelレポートを簡単に実装する場合に役立ちます。

機能と制限

AddJxlsContextParameterアクション
テンプレートにマージするコンテキストパラメータオブジェクトを指定します。

AddJxlsContextParametersアクション
テンプレートにマージするコンテキストパラメータオブジェクトリストを指定します。

ProcessJxlsTemplateByFileDocumentアクション
指定されたコンテキストパラメータとテンプレートファイルをマージしてExcelファイルを生成します。テンプレートファイルは、MendixのSystem.FileDocumentオブジェクトで指定されます。

ProcessJxlsTemplateByResourcePathアクション
指定されたコンテキストパラメーターとテンプレートファイルをマージして、Excelファイルを生成します。テンプレートファイルをプロジェクトのリソースフォルダーに保存し、そのパスを指定します。

インストール

インストールするにはMendix7.23.7以降が必要です。このモジュールはMendix MarketPlaceから簡単にダウンロードできます。

一覧に戻る