Mendix概要

Environment

Mendixが動く環境

Mendixは、さまざまな環境で動作することができます。

Mendix Public

MendixアプリケーションはAWSに構築したMendixのクラウドで実行されます。この場合、Mendixがインフラストラクチャーとデプロイメントを管理し、アプリケーションのアップグレードやメンテナンスもMendixが行います

Mendix For Private

Mendixアプリケーションは、ユーザーが所有するプライベートクラウドまたはパブリッククラウド上で実行されます。ユーザー自身がインフラストラクチャーを管理し、必要に応じてアプリケーションのバージョン管理やバックアップをMendixが行うことにより、アプリケーションの稼働を保証いたします。

Mendix On-Premises

Mendixアプリケーションは、ユーザーが所有するインフラストラクチャー上で実行されます。この場合、ユーザーがアプリケーションのデプロイメント、アップグレード、メンテナンスなどを自分で管理することができます。

つまり、Mendixは、パブリッククラウド、プライベートクラウド、オンプレミスのどの環境でも動作することができます。ユーザーがどの環境を選択するかは、アプリケーションのニーズや要件によって異なります。

用意されたDev/Ops環境

マネージド・ホスティング環境

Out-of-the-Boxの拡張性、冗長性、可用性

24/7サポート(オプション)

お客様のプライベートクラウドを利用したMendix実行環境

Mendix PublicのDevOps機能をお客様のAWS VPCに接続

お客様のプライベートクラウド、オンプレミス環境を利用し

お客様ご自身での環境構築

Mendixに必要なサブスクリプション

アプリケーションの数、エンドユーザーの数によるライセンス

Solution

ソリューション概要(デプロイ)

マルチクラウドへのデプロイを実現

一度ビルドすれば、どこでもデプロイが可能

  • ・そのまますぐに利用できるクラウドへの移植機能
  • ・既存投資の活用
  • ・(仮想)プライベートクラウドまたはオンプレミス

将来を見据えたデプロイメント戦略

  • ・今必要な場所にデプロイする
  • ・高価なリアーテクトを必要としない移行

Mendix Cloudの主な機能

  • Opsダッシュボード
  • プロビジョニング
  • 構成
  • ステージング
  • バックアップ
  • 監視とアラート
  • リモート・デバック
  • ログ管理
  • CI/CD統合のための完全なAPIサポート
  • 柔軟性のある環境
  • 外部監視の結合

Merit

ローコード開発プラットフォームの導入メリット

ソフトウェアは私たちの日常生活の新たな生命線であり、世界経済を支えるために不可欠なものとなっています。しかし、急速な変化の時代においては、従来のソフトウェア開発手法では開発に時間がかかりすぎ、望む結果が得られないことも多く、ソリューションやソフトウェアの需要の高まりにもはや対応できません。

ローコード開発プラットフォームは、そのような危機的な状況を救う強力な手段のひとつとして大きな注目を集めています。ガートナーは、「企業をDX化するためには、適切なローコード開発プラットフォームを選択するかどうかが、成功と失敗の分かれ目となる」と予測しています。ローコード開発プラットフォームの導入は以下のようなメリットがあります。

まず第一に、ローコード開発プラットフォームを利用することで、ビジネスプロセスの自動化や業務システムの開発を迅速かつ簡単に行うことができます。従来の開発手法と比べて開発期間が大幅に短縮され、多くのリソースを節約することができます。このため、企業はスピーディなDXを推進することが可能になります。

また、ローコード開発プラットフォームはビジネスのアジリティを高めることができます。従来の開発手法では、システムの変更には多くの時間やリソースが必要でした。しかし、ローコード開発プラットフォームを利用することで、迅速にシステムを変更・アップデートすることができます。これにより、ビジネス環境の変化に柔軟に対応し、より迅速に意思決定を行うことができるようになります。

さらに、ローコード開発プラットフォームは、ビジネスユーザーが直接システムを開発できるため、開発チームが担う業務量が削減されます。このため、開発チームはより高度な業務に注力することができるようになり、開発効率が向上します。

以上のように、ローコード開発プラットフォームを導入することで、DXを促進するための開発効率の向上、ビジネスアジリティの向上、開発チームの負荷軽減などのメリットが得られます。

Gartnerは、”2024年までに、ローコードのアプリケーション開発がアプリケーション開発活動の65%以上を占めるようになる “と予測しています。

プログラミング経験がなくとも、短期間でツールの使い方を修得でき、よりよいクオリティのビジネスアプリケーションを素早く構築することができます。

Certification

ローコードプラットフォームの世界的リーダーとして認定

icon

Mendixローコード開発プラットフォームは、ガートナー、フォレスターから「ローコードプラットフォームの世界的リーダー」と認定されています。

icon

Gartner 2022 Magic Quadrant for Enterprise
Low Code Application Platforms

ガートナーは、「2025 年までに、企業が開発する新しいアプリケーションの 70% がノーコードまたはローコード テクノロジーを使用するようになる」と予測しています。ガートナーはMendixをエンタープライズローコードアプリケーションプラットフォームの「マジッククアドラントリーダー」と位置付けています。

icon

The Forrester Wave™: Low-Code Development
Platforms For AD&D Pros, Q2 2021

プロの開発者向けのローコード開発プラットフォームに関する Forrester の評価では、Mendix は評価されたすべてのプラットフォームの中で「Current Offering」カテゴリで最高のスコアを獲得し、「Strategy」カテゴリで 3 つの最高スコアを獲得しました。

icon

Gartner 2021 Magic Quadrant for Multiexperience
Development Platforms (MXDP)

MendixはGartner 2021 Magic QuadrantのMXDPのリーダーです。Mendixは、4つのモバイル・アーキテクチャすべてをサポートする唯一のリーダーであり、そして、Web、PWA、ハイブリッド、ネイティブ・モバイル・アプリのモバイル展開オプションの完全なスイートをサポートする唯一のリーダーです。

Network

技術で繋がるMendixネットワーク

エヌ・エス・ケイ株式会社

日本情報通信株式会社

株式会社ジャコム

株式会社ティー・シー・エフ

株式会社アーチ

Function

機能概要

革新的なエンタープライズアプリケーションを提供

Mendixの業界をリードするローコード機能と比類なきデジタルトランスフォーメーションの専門知識で、エンタープライズアプリケーションの計画、開発、テスト、デプロイ、拡張、保守を行います。

icon

アプリ開発に必要なすべてを1つのプラットフォームで実現

✓共通の視覚言語
アイデアを共有し、フィードバックを集め、リアルタイムでコラボレーションを行う。Mendixは、共通のビジュアル言語とモデル駆動型開発により、ビジネスとITの効果的なコミュニケーションとコラボレーションを可能にします。

✓堅牢なバージョン管理
Gitの上に構築されたMendixバージョン管理は、開発者が連携して作業できるため、異なるアプリの機能を同時に作業することが可能です。

✓コラボレーションプロジェクトスペース
Mendix Developer Portalでは、各アプリは、コラボレーション、アジャイルプロジェクト管理、バックログ管理、フィードバック管理、DevOpsのためのツールを備えた独自のセントラルプロジェクトスペースにあります。

✓アジャイルプロジェクトマネジメント
カンバンやスクラムのようなアジャイルプロジェクト管理手法のための組み込みツールで、プロジェクトを簡単に管理できます。Mendixは、会話スレッドを使用して、チームが共同でユーザーストーリーを作成し、改良し、優先順位をつけることができます。

icon

共通の視覚言語

icon

堅牢なバージョン管理

icon

コラボレーションプロジェクトスペース

icon

アジャイルプロジェクトマネジメント

icon

クラウドネイティブデプロイメント

Mendixで開発されたすべてのアプリは、デフォルトでクラウドネイティブ、コンテナ化、ポータブル化されています。開発者は、パブリック、プライベート、ハイブリッドクラウドやオンプレミスなど、どこにでもデプロイして拡張できる自由と柔軟性を持っています。

この柔軟性により、Mendixアプリは、自動プロビジョニング、自動ヒーリング、低いインフラストラクチャーオーバーヘッド、CI/CDサポート、クラウド相互運用性などのメリットを享受できます。
✓クラウド、オンプレミス環境、エッジデバイスのいずれにもアプリを展開可能
✓アーキテクチャやデザインを変更することなく、成長に合わせてアプリを拡張することができます。
✓既存のDevOpsプラクティスを取り入れるか、独自のプラクティスを作成する。
✓クラウドプロバイダーから別のクラウドプロバイダーへの移行が簡単にできる

icon
icon
icon
icon
icon
icon
icon
icon
icon
icon
icon

モダンでクロスプラットフォームなUIとUX

オフラインファーストのネイティブモバイルアプリ、PWA、レスポンシブWebアプリを作成できます。Mendixを使えば、ウェブ、モバイル、ウェアラブル、会話型、没入型のタッチポイントで、一貫性のある魅力的なマルチチャネル体験を簡単に提供することができます。

✓プラットフォームをまたぐレスポンシブなアプリ
iOSやAndroidのネイティブアプリ、プログレッシブWebアプリ(PWA)、Webベースのポータル、IoT対応のスマートアプリなど、すべてを単一のプラットフォームで構築できます。

✓ビスポークUX
Mendixは、オープンソースのJavaScriptフレームワーク(ReactとReact Native)を活用し、魅力的なユーザーエクスペリエンスを構築するチームを支援します。

✓Atlas UIを簡単に利用することが可能
構築済みで再利用可能なモデル、テンプレート、ウィジェット、コンポーネントで開発を加速させます。Mendix Atlas UIデザイン言語により、チームは直感的なUIやUXを作成したり、Atlas UIフレームワークで独自のデザイン言語を構築することができます。

icon

プラットフォームをまたぐレスポンシブなアプリ

icon

ビスポークUX

icon

Atlas UIを簡単に利用することが可能

icon

制限のない拡張性

Mendixプラットフォームとアプリの両方を制限なくカスタマイズ・拡張できます。Mendixプラットフォームとアプリは、あらゆるレベルでオープンで拡張可能なため、Mendixをニーズに合わせてカスタマイズし、アプリの機能を拡張することができます。

✓APIでプラットフォームを拡張し、既存のツール、CI/CDパイプライン、テスト自動化スイートを統合する。
✓JavaとJavascriptで再利用可能なコンポーネントを構築し、アプリケーションの機能を拡張する。
✓Mendix Model SDKにより、サードパーティツールの統合、Mendix Modelの移行、調整、分析をプログラム的に行う。
✓Mendix Machine Learning KitでオープンなAI/MLモデルをアプリの中で活用する

icon
icon
icon
icon
icon
icon
icon

Mendixをカスタマイズし、アプリの機能を拡張することができる

icon

データへのユニバーサルアクセス

エコシステムで、データを素早く見つけ、理解し、活用する。Mendixは、プロジェクトやチーム間でデータを迅速かつ安全に共有することを可能にします。

✓どのシステムがどのデータを取得しているかなど、データアクティビティを監視する。
✓データへのシームレスなアクセスで、再利用可能なコンポーネントやマイクロサービスを高速に構築する
✓データがデータハブ外部エンティティで安全かつ一貫して使用されていることを確認する。
✓チャート機能、またはMendixと既存のBIツールとの接続により、データを可視化することができます。

icon

Mendixは、REST、SOAP、MQTT、JDBC、ODBC、BAPI、OPC、ODataといった業界標準のインターフェースやプロトコルを通じて、既存のデータソースやサービスとの統合をサポートしており、開発者はOracle、Salesforce、MS Dynamics、SAP、AWSなどのシステムへ接続できるようになりました。

icon

信頼できるセキュリティとガバナンス

Mendixは、最も安全なローコードプラットフォームとして、プラットフォームとアプリの両方に対して、プロアクティブ、リアクティブ、予防的、防御的なコントロールを組み込み、セキュリティのあらゆる側面を処理します。

自動化された品質モニタリング、一貫性チェック、テスト、標準的なDevOpsおよびガバナンスツールやサービスなど、本質的な機能を備えています。また、オープンなツールにより、チームはカスタムガバナンスとDevOpsの実践を構築し、実装することができます。

icon
icon
icon
icon
icon
icon
icon
icon
icon
icon
icon
icon

Mendixが有する認証、レポート、標準

icon

柔軟なワークフローの自動化とプロセスのモダン化

開発者は、完全に機能するワークフローアプリの構築と拡張、高度なロジックの適用、あらゆるシステムとの統合、再利用可能なワークフローコンポーネントの作成によって、さらに進化することができます。
✓レガシーなプロセスを近代化し、デジタルで自動化された新しいワークフローを構築します。
✓シームレスでスケーラブルな自動化ワークフローを設計し、手動およびレガシープロセスを近代化します。
✓すべてのプロセスが社内外のコンプライアンス要件に適合していることを確認する。
✓既存のRPAツールを活用してプロセスを自動化する

icon

業務をモダン化し、柔軟なプロセスやワークフローを迅速かつ大規模に作成します。コードを書くことなく、プロセスに複雑なビジネスロジックを視覚的に追加することができます。

icon

アプリ開発に必要なすべてを1つのプラットフォームで実現

✓共通の視覚言語 アイデアを共有し、フィードバックを集め、リアルタイムでコラボレーションを行う。Mendixは、共通のビジュアル言語とモデル駆動型開発により、ビジネスとITの効果的なコミュニケーションとコラボレーションを可能にします。

✓堅牢なバージョン管理 Gitの上に構築されたMendixバージョン管理は、開発者が連携して作業できるため、異なるアプリの機能を同時に作業することが可能です。

✓コラボレーションプロジェクトスペース Mendix Developer Portalでは、各アプリは、コラボレーション、アジャイルプロジェクト管理、バックログ管理、フィードバック管理、DevOpsのためのツールを備えた独自のセントラルプロジェクトスペースにあります。

✓アジャイルプロジェクトマネジメント カンバンやスクラムのようなアジャイルプロジェクト管理手法のための組み込みツールで、プロジェクトを簡単に管理できます。Mendixは、会話スレッドを使用して、チームが共同でユーザーストーリーを作成し、改良し、優先順位をつけることができます。

icon

共通の視覚言語

icon

堅牢なバージョン管理

icon

コラボレーションプロジェクトスペース

icon

アジャイルプロジェクトマネジメント

icon

クラウドネイティブデプロイメント

Mendixで開発されたすべてのアプリは、デフォルトでクラウドネイティブ、コンテナ化、ポータブル化されています。開発者は、パブリック、プライベート、ハイブリッドクラウドやオンプレミスなど、どこにでもデプロイして拡張できる自由と柔軟性を持っています。

この柔軟性により、Mendixアプリは、自動プロビジョニング、自動ヒーリング、低いインフラストラクチャーオーバーヘッド、CI/CDサポート、クラウド相互運用性などのメリットを享受できます。
✓クラウド、オンプレミス環境、エッジデバイスのいずれにもアプリを展開可能
✓アーキテクチャやデザインを変更することなく、成長に合わせてアプリを拡張することができます。
✓既存のDevOpsプラクティスを取り入れるか、独自のプラクティスを作成する。
✓クラウドプロバイダーから別のクラウドプロバイダーへの移行が簡単にできる

icon
icon
icon
icon
icon
icon
icon
icon
icon
icon
icon

モダンでクロスプラットフォームなUIとUX

オフラインファーストのネイティブモバイルアプリ、PWA、レスポンシブWebアプリを作成できます。Mendixを使えば、ウェブ、モバイル、ウェアラブル、会話型、没入型のタッチポイントで、一貫性のある魅力的なマルチチャネル体験を簡単に提供することができます。

✓プラットフォームをまたぐレスポンシブなアプリ
iOSやAndroidのネイティブアプリ、プログレッシブWebアプリ(PWA)、Webベースのポータル、IoT対応のスマートアプリなど、すべてを単一のプラットフォームで構築できます。

✓ビスポークUX
Mendixは、オープンソースのJavaScriptフレームワーク(ReactとReact Native)を活用し、魅力的なユーザーエクスペリエンスを構築するチームを支援します。

✓Atlas UIを簡単に利用することが可能
構築済みで再利用可能なモデル、テンプレート、ウィジェット、コンポーネントで開発を加速させます。Mendix Atlas UIデザイン言語により、チームは直感的なUIやUXを作成したり、Atlas UIフレームワークで独自のデザイン言語を構築することができます。

icon

プラットフォームをまたぐレスポンシブなアプリ

icon

ビスポークUX

icon

Atlas UIを簡単に利用することが可能

icon

制限のない拡張性

Mendixプラットフォームとアプリの両方を制限なくカスタマイズ・拡張できます。Mendixプラットフォームとアプリは、あらゆるレベルでオープンで拡張可能なため、Mendixをニーズに合わせてカスタマイズし、アプリの機能を拡張することができます。

✓APIでプラットフォームを拡張し、既存のツール、CI/CDパイプライン、テスト自動化スイートを統合する。
✓JavaとJavascriptで再利用可能なコンポーネントを構築し、アプリケーションの機能を拡張する。
✓Mendix Model SDKにより、サードパーティツールの統合、Mendix Modelの移行、調整、分析をプログラム的に行う。
✓Mendix Machine Learning KitでオープンなAI/MLモデルをアプリの中で活用する

icon
icon
icon
icon
icon
icon
icon

Mendixをカスタマイズし、アプリの機能を拡張することができる

icon

データへのユニバーサルアクセス

エコシステムで、データを素早く見つけ、理解し、活用する。Mendixは、プロジェクトやチーム間でデータを迅速かつ安全に共有することを可能にします。

✓どのシステムがどのデータを取得しているかなど、データアクティビティを監視する。
✓データへのシームレスなアクセスで、再利用可能なコンポーネントやマイクロサービスを高速に構築する
✓データがデータハブ外部エンティティで安全かつ一貫して使用されていることを確認する。
✓チャート機能、またはMendixと既存のBIツールとの接続により、データを可視化することができます。

icon

Mendixは、REST、SOAP、MQTT、JDBC、ODBC、BAPI、OPC、ODataといった業界標準のインターフェースやプロトコルを通じて、既存のデータソースやサービスとの統合をサポートしており、開発者はOracle、Salesforce、MS Dynamics、SAP、AWSなどのシステムへ接続できるようになりました。

icon

信頼できるセキュリティとガバナンス

Mendixは、最も安全なローコードプラットフォームとして、プラットフォームとアプリの両方に対して、プロアクティブ、リアクティブ、予防的、防御的なコントロールを組み込み、セキュリティのあらゆる側面を処理します。

自動化された品質モニタリング、一貫性チェック、テスト、標準的なDevOpsおよびガバナンスツールやサービスなど、本質的な機能を備えています。また、オープンなツールにより、チームはカスタムガバナンスとDevOpsの実践を構築し、実装することができます。

icon
icon
icon
icon
icon
icon
icon
icon
icon
icon
icon
icon

Mendixが有する認証、レポート、標準

icon

柔軟なワークフローの自動化とプロセスのモダン化

開発者は、完全に機能するワークフローアプリの構築と拡張、高度なロジックの適用、あらゆるシステムとの統合、再利用可能なワークフローコンポーネントの作成によって、さらに進化することができます。
✓レガシーなプロセスを近代化し、デジタルで自動化された新しいワークフローを構築します。
✓シームレスでスケーラブルな自動化ワークフローを設計し、手動およびレガシープロセスを近代化します。
✓すべてのプロセスが社内外のコンプライアンス要件に適合していることを確認する。
✓既存のRPAツールを活用してプロセスを自動化する

icon

業務をモダン化し、柔軟なプロセスやワークフローを迅速かつ大規模に作成します。コードを書くことなく、プロセスに複雑なビジネスロジックを視覚的に追加することができます。

Architecture

アーキテクチャ概要

ベストなフレームワークとインフラを基盤とした信頼性の高いソリューション

クラウドアプリケーションが動作する為のプラットフォーム、管理機能、運用機能、コラボレーション機能などがすべて用意されています。

icon

Certification system

Mendixプロフェッショナル認定制度

Community
Member

icon

Community MemberはMendixアカウントを登録し、Mendixの知識や技術の習得を望むすべての人です。

スキルセットを見る

【スキルセット】
・Mendix に興味を持っている
・Mendix の学習方法を理解している

登録はこちら icon

Rapid
Developer

icon

Rapid Developerは、技術者の第一歩です。
約1か月でプロジェクトチームに参加するのに十分な知識とスキルを持ち得ます。

スキルセットを見る

【スキルセット】
・Mendix の基本的な知識を持っている
・WEBやMendix フォーラムを使い情報を探すことができる
・Mendix の基本的な知識を使い、開発プロジェクトの一員として、一人でプロトタイプを作成できる

Intermediate Developer

icon

Intermediate Developerは、Rapid取得後6週間(合計3か月)程度で取得可能な中級者資格です。
Rapidよりも知識が豊富で、要件定義や提案に参加可能です。

スキルセットを見る

【スキルセット】
・Mendixの主要な機能と概念に精通している
・独自でユーザーストーリーをピックアップし、プロジェクトに貢献できる
・プロジェクトチームの相互作用を認識し、プロジェクトのキーパーソンになることが期待できる

Advanced
Developer

icon

Advanced Developerは、Intermediate取得後1年から数年の経験を経て取得可能な上級者資格です。
プロジェクトリーダーとしチームを管理することができます。

スキルセットを見る

【スキルセット】
・Mendixアプリケーションの開発における専門的な経験を持っている
・プラットフォームに関する高度な知識を持っている
・本番環境に対応したアプリケーションを構築するために必要な知識とスキルを持っている。

Expert
Developer

icon

Expert DeveloperはAdvanced取得後、数年の経験を経て取得可能なプロェッショナルを認定する資格です。
専門性が高く、稀有な存在と言えます。

スキルセットを見る

【スキルセット】
・Mendix のプロフェッショナルと言える、知識、スキル、経験を持っている
・知識を応用し、チームを成功に導くことができる。

Mendix公式トレーニングを受ける icon

Contact

お問い合わせ

ローコードツール導入でお悩みのかたはお気軽にお問い合わせください。
経験豊富な技術者がお客様のお悩みにお応えします。