2020.06.29Cloud , Mendixガイド

クラウドアーキテクチャ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1 Mendix配備アーキテクチャはどのようなものですか?

Mendix Cloudは、Amazon Web ServicesのIaaSレイヤーで実行されるCloud Foundryテクノロジーに基づくPaaSベースのクラウド製品です。 Mendixアプリケーションは、Cloud Foundryが提供するコンテナーで実行されます。 Cloud Foundryのコンテナーは、水平および垂直スケーリングと自動修復を標準でサポートしています。

コンテナーを追加または削除するだけなので、ダウンタイムなしでスケールアップとスケールダウンを実行できます。

Mendix Cloud Foundryレイヤーは、各AWSリージョンの複数のアベイラビリティーゾーンにデプロイされます。アベイラビリティーゾーンは、リージョン内のAWSの物理的なデータセンターの場所です。

Mendixアプリケーションが動作するには、データベースとファイルストレージが必要です。 Mendix Cloudでは、これらのaPaaSサービスはAWSサービスレイヤーから直接消費されます。 Mendix Cloudは、データベースにはRDS PostgreSQLを使用し、ファイルストレージにはS3を使用します。これらのサービスは両方ともマルチAZ構成であるため、データはデータセンター間で複製されます。

Cloud Deployment Architecture

2 Mendixはどこでアプリケーションをホストしますか?

Mendix Cloudは、米国、APAC、およびEUにホスティング施設を提供できます。

Mendixは、会社がこれを必要とする場合に、データがリージョンから出ないことを保証します。

 

3 アプリケーション分離はどのように構成されていますか?

Mendix Cloud内では、論理的な用語「環境」は、アプリケーションの分離を表すために使用されます。各アプリケーションは環境内で実行され、コンピューティング、メモリ、ストレージ用の他のアプリから完全に分離されています。 Mendixアプリは、環境内の1つ以上のMendixランタイムエンジンインスタンスで実行されます(環境は単一のアプリケーション専用です)。また、アプリケーションごとに、専用データベースとS3バケットがプロビジョニングされ、データレベルも完全に分離されます。Application Environment Runtime

 

4 Mendix Cloudは高可用性をどのように提供しますか?

Mendix Cloudは、エンタープライズライセンスを持つ顧客にオプションとして高可用性を提供します。これにより、Mendixランタイムが停止した場合のダウンタイムがゼロになります。ユーザーは、開発者ポータルを使用してMendixアプリ環境を拡張できます。複数のインスタンスが選択されている場合、1つのインスタンスに障害が発生してもアプリは引き続き実行できます。

 

Application Scaling

5 Mendixはどのように災害復旧を提供しますか?

Mendix Cloudアーキテクチャは、ランタイムエンジンとデータベースを同じアベイラビリティゾーン(AZ)に維持し、データベース操作のレイテンシを最小限に抑えます。現在のAZに障害が発生した場合、地理的に離れたAZにフェイルオーバーを自動的に適用します。アプリの新しいコピーは、新しいAZで自動的に開始されますAZ.FileストレージバケットはAWSによって複数のAZ間で自動的に複製されます。また、Mendixフォールバックオプションを使用すると、データベースをストリーミングによって自動的に複製することも、新しいAZにバックアップを復元することもできます。

すべてのバックアップは別のリージョンにコピーされますが、会社がこれを必要とする場合、データは大陸を離れません。

Application Disaster Recovery Chart

6 Mendix Cloudはどのようにして自動回復と自動修復を提供しますか?

Mendix Cloudは、同じアベイラビリティーゾーン内での自動リカバリとフェイルオーバーを可能にし、ユーザーの負荷は2つのランタイムエンジン間で分散されます。まれに、単一のランタイムエンジンがクラッシュすると、Cloud Foundry Health Managerがクラッシュしたランタイムエンジンを新しいランタイムエンジンに置き換えている間に、他のランタイムエンジンがすべてのユーザーリクエストを自動的に引き継ぎます。 Mendixのステートレスアーキテクチャのため、このシナリオではエンドユーザーは影響を受けません。

Application Auto-Recovery

翻訳元:https://www.mendix.com/evaluation-guide/enterprise-capabilities/cloud-architecture

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)