Mendixについて

  • Don’t write code. Write the future.

    Don’t write code.
    Write the future.

    Join the 100,000+ applications making an impact already on the Mendix platform.

    無料でスタート

What’s Low-Code Platform?
ローコード開発プラットフォームの導入メリット

ソフトウェアは私たちの日常生活の新たな生命線であり、世界経済を支えるために不可欠なものとなっています。
しかし、急速な変化の時代においては、従来のソフトウェア開発手法では開発に時間がかかりすぎ、望む結果が得られないことも多く、ソリューションやソフトウェアの需要の高まりにもはや対応できません。

ローコードソフトウェア開発プラットフォームは、そのような危機的な状況を救う強力な手段のひとつとして大きな注目を集めています。ガートナーは、「企業をDX化するためには、適切なローコードプラットフォームを選択するかどうかが、成功と失敗の分かれ目となる」と予測しています。

  • ローコード開発プラットフォームの導入メリットその1

    Gartnerは、”2024年までに、ローコードのアプリケーション開発がアプリケーション開発活動の65%以上を占めるようになる “と予測しています。

  • ローコード開発プラットフォームの導入メリットその2

    プログラミング経験がなくとも、短期間でツールの使い方を修得でき、よりよいクオリティのビジネスアプリケーションを素早く構築することができます。

ローコードツールとノーコードツールの違い

Mendix as a Leader
ローコードプラットフォームの
世界的リーダーとして認定

Mendixローコード開発プラットフォームは、ガートナー、フォレスターから「ローコードプラットフォームの世界的リーダー」と認定されています。

  • Gartner 2021 Magic Quadrant for Enterprise Low Code Application Platforms

    Gartner 2021 Magic Quadrant for Enterprise Low Code Application Platforms

    ガートナーは、「2024年までに大企業の75%が、ITアプリケーション開発と市民開発イニシアティブの両方で、少なくとも4つのローコード開発ツールを使用するようになるだろう」と予測しています。ガートナーはMendixをエンタープライズローコードアプリケーションプラットフォームの「マジッククアドラントリーダー」と位置付けています。

    もっと詳しく

  • The Forrester Wave™: Low-Code Development Platforms For AD&D Pros, Q2 2021

    The Forrester Wave™: Low-Code Development Platforms For AD&D Pros, Q2 2021

    プロの開発者向けのローコード開発プラットフォームに関する Forrester の評価では、Mendix は評価されたすべてのプラットフォームの中で「Current Offering」カテゴリで最高のスコアを獲得し、「Strategy」カテゴリで 3 つの最高スコアを獲得しました。

    もっと詳しく

  • Gartner 2020 Magic Quadrant for Multiexperience Development Platforms (MXDP)

    Gartner 2020 Magic Quadrant for Multiexperience Development Platforms (MXDP)

    MendixはGartner 2020 Magic QuadrantのMXDPのリーダーです。Mendixは、4つのモバイル・アーキテクチャすべてをサポートする唯一のリーダーであり、そして、Web、PWA、ハイブリッド、ネイティブ・モバイル・アプリのモバイル展開オプションの完全なスイートをサポートする唯一のリーダーです。

    もっと詳しく

Mendix Network Connected by Technology
技術で繋がるMendixネットワーク

  • 株式会社アーチ

    株式会社アーチ

  • 日本情報通信株式会社

    日本情報通信株式会社

  • 株式会社ジャコム

    株式会社ジャコム

  • 株式会社ティー・シー・エフ

    株式会社ティー・シー・エフ

Functions
機能概要

ビジュアルに、あっという間に、
高度なエンタープライズアプリケーションを開発

Mendixは、スピード、コラボレーション、コントロールを兼ね備えています。その結果、ビジネスを変革するソフトウェアが簡単に構築可能になりました。統合されたツールとサービスを利用して、アイデア出しから開発、デプロイ、運用に至るまで、アプリのライフサイクル全体を加速させることができます。

  • カスタムコードでアプリを拡張

    Mendixはすべてのレベルでオープン性と拡張性を提供し、オープンなモデル仕様とプラットフォーム拡張のためのツールを提供します。
    サードパーティのテストサービスや自動化サーバを活用しながら、再利用可能なコンポーネントやカスタムコードでアプリケーションを拡張することができます。

  • 正しいアプリには正しいツールを

    アプリのエクスペリエンスを生み出すために必要なツールやクラウドサービスを自由に使用し、ワークロードに適したクラウドプラットフォームに展開できます。
    完全にオープンなプラガブル・プラットフォーム・アーキテクチャにより、オープンスタンダードやオープンソースを活用して、相互運用性と拡張性を容易に実現します。
    また、コンテナベースのクラウド・ネイティブ・アーキテクチャにより、お好みのクラウドにデプロイすることができます。

  • 何にでも統合できる。それが柔軟性です。

    Mendixは、REST、JDBC、ODataなどの業界標準のインターフェースやプロトコルを通じて、他のアプリケーションやサービスとの接続をサポートします。
    このプラットフォームは、新しいアプリケーションが異種環境でデータやサービスを消費したり公開したりすることを確実にするための多くのソリューションを提供します。

  • バージョンアップ、デバッグ、そして自動リファクタリング。

    Mendixでは、Subversion(SVN)をベースにした集中型のバージョンコントロールリポジトリであるMendix Team Serverの使用をサポートしています。
    これがMendix Team Serverです。
    Mendix Platformを使って構築されたすべてのプロジェクトには、Team Serverのバージョンコントロールシステムが付属しています。
    チームサーバーはSVN技術を使用しており、複数の開発者が同じプロジェクトに取り組み、モデルの変更を継続的にバージョンコントロールリポジトリ内のリビジョンにマージすることができます。

  • 一度書けば、iOSやAndroidにネイティブにデプロイできます。

    Mendixを使えば、モバイルアプリケーションの開発、デプロイ、テスト、管理を単一の統合されたビジュアル開発環境で行うことができます。
    Mendixは、真のネイティブエクスペリエンスを提供し、AndroidとiOSの両方で動作するモバイルアプリを構築するために、人気の高いReact Nativeフレームワークを活用しています。
    既存のドメインモデル、ロジック、ユーザーインターフェースコンポーネントをMendixアプリで再利用することができます。

  • CI/CDに対応しているので、どこにでもデプロイできます。

    継続的インテグレーションと継続的デリバリ(CI/CD)は、Mendix Developer PortalとプラットフォームAPIの両方でサポートされています。
    プラットフォームAPIは、JenkinsやVisual Studio Team Servicesなどの製品と、Cloud Foundry、Kubernetes、Dockerなどのコンテナ技術、Mendix Application Test Suite(ATS)、Mendix Application Quality Monitor(AQM)、Seleniumなどの品質保証サービスを組み合わせたデリバリーパイプラインを構築するために、外部ツールとの統合を可能にします。

Architecture
アーキテクチャ概要

ベストなフレームワークとインフラを基盤とした
信頼性の高いソリューション

クラウドアプリケーションが動作する為のプラットフォーム、管理機能、運用機能、コラボレーション機能などがすべて用意されています。

Mendixアーキテクチャ概要

Free edition
無料デモ

ローカル導入から本格的なクラウドシステム構築まで、
あらゆるプラットフォーム上にシームレスに導入できます。

まずは無料でスタート!

Free Edition
  • ✔クラウド上での提供(モデル、プロジェクト管理情報のバックアップ付)
  • ✔Mendixの習熟やPoCに利用でき、そのまま開発を継続してもOK!
  • ✔有償ライセンス環境へのモデルの移行も可能
  • ✔開発者数は無制限
  • ✔プロジェクト数は無制限
  • ✔利用者数は無制限
  • ✔Mendix ModelerがインストールされたLocal環境での実行可能

※運用環境(性能管理など)は諸々制限事項あり

無料でスタート

Mendix Professional Certification Exam
Mendixプロフェッショナル認定試験

Mendixのプロフェッショナルとしての認定制度をご用意しています。

  • Community
    Member

    Community Memberは、Mendixアカウントを登録し、Mendixの知識や技術の習得を望むすべての人です。
    正しい学習により、最短3日間でRapid Developer の資格を獲得します。

    スキルセットを見る

    【スキルセット】
    ・Mendix に興味を持っている
    ・Mendix の学習方法を理解している

  • Rapid
    Developer

    Rapid Developerは、技術者の第一歩です。
    彼らは約1か月もすると、プロジェクトチームに参加するのに十分な知識とスキルを持ち得ます。

    スキルセットを見る

    【スキルセット】
    ・Mendix の基本的な知識を持っている
    ・WEBやMendix フォーラムを使い情報を探すことができる
    ・Mendix の基本的な知識を使い、開発プロジェクトの一員として、一人でプロトタイプを作成できる

  • Intermediate
    Developer

    Intermediate Developerは、Rapid取得後6週間(合計3か月)程度で取得可能な中級者資格です。
    Rapidよりも知識が豊富で、要件定義や提案に参加可能です。

    スキルセットを見る

    【スキルセット】
    ・Mendixの主要な機能と概念に精通している
    ・独自でユーザーストーリーをピックアップし、プロジェクトに貢献できる
    ・プロジェクトチームの相互作用を認識し、プロジェクトのキーパースンになることが期待できる

  • Advanced
    Developer

    Advanced Developerは、Intermediate取得後1年から数年の経験を経て取得可能な上級者資格です。
    彼らはプロジェクトリーダーとしてチームを管理します。

    スキルセットを見る

    【スキルセット】
    ・Mendixアプリケーションの開発における専門的な経験を持っている
    ・プラットフォームに関する高度な知識を持っている
    ・本番環境に対応したアプリケーションを構築するために必要な知識とスキルを持っている。

  • Expert
    Developer

    Expert Developerは、Advanced取得後、数年の経験を経て取得可能なプロフェッショナルを認定する資格です。
    彼らは専門性が高く、稀有な存在と言えます。

    スキルセットを見る

    【スキルセット】
    ・Mendix のプロフェッショナルと言える、知識、スキル、経験を持っている
    ・知識を応用し、チームを成功に導くことができる。

お問合せはこちら