2019.07.24Low-Code Platform , Mendixで課題解決

開発者はなぜローコードを採用するのか 5/6

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5. ビジネスの期待に応えるアプリを構築する

最高のローコードプラットフォームは、4つの主要分野におけるコラボレーションのツールを提供します。
コラボレーションポータル:

透明性は価値実現までの時間を左右する重要な要因です。ローコードプラットフォームの理想としては、アプリケーションのライフサイクルを通して透明性を可能にする機能を持っています。ビジネスアナリストから開発者まで、アプリケーション開発プロセスに関わるすべての人が、ローコードプラットフォームのコラボレーション機能を評価する場所を持ちます。ローコードプラットフォームがアジャイル方法論を包含すると、より大きな成功をもたらします。ソーシャルフィード、コメント、ストーリー、フィードバック管理など、アプリケーションで何が起こっているのかを即座に可視化し、状況を把握する機能により、ビジネスの目標と要件をより深く共有することができます。

開発環境で:

最高のローコードプラットフォームには、フィードバックや特定のアプリケーションのコンテキストに関連したストーリーなどが統合されたコミュニケーションを通じてコラボレーションを促進する統合開発環境があります。

テスト用モバイルアプリ:

テスト用のモバイルアプリはアプリケーションの検証を可能にし、ユーザーがフィードバックを伝えたりコメントができるソーシャルフィードをもっています。

アプリ内フィードバック:

プラットフォーム上に構築された各アプリにはフィードバックメカニズムが組み込まれているため、アプリを操作しているユーザーは開発チームに直接フィードバックを提供できます。

コラボレーションに伴い、バージョン管理が必要になります

プロジェクトでビジネス側と開発者がコラボレーションするとき、ソフトウェアの複数のバージョンとソフトウェアのリビジョンを管理でき、ブランチやマージを管理できることが重要です。開発者が他の開発者と協力してバージョンを管理するバージョン管理環境を提供するローコードプラットフォームを探してください。

最高のローコードプラットフォームにより、バージョンが自動的に正規化されるため、新しい機能にアップグレードする際の追加作業は不要で、破壊テストや変更は不要です。

バージョン管理は、どの機能がどのリビジョンで提供されたかを表示することによってプロジェクト全体の透明性を確保するために、アジャイルプロジェクト管理レベルで定義されたユーザーストーリー/要件と結び付けられるべきです。

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6

 

翻訳元:

Why developers should embrace low-code

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)