2018.11.12SAP , ソリューション , ビジネスサービス , 事例 , 業種

ショップサービスセンター社、柔軟なSAP統合のためにMendixを利用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Mendix事例紹介

ショップサービスセンター社は、ベネルクス諸国、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグの非食料品のリーディングサプライヤーです。
1,500以上の顧客と年間売上高が8,000万ユーロを超える同社は、業界で広く普及しているプレーヤーに成長しました。
製品数が1,000を超え顧客数が増加すると、データ管理が複雑かつ重要な課題になります。
E-バウチャーは、新しいサービスや新しい顧客との接続に柔軟性を必要とするショップサービスセンター社のあらたなセグメントのサービスの1つです。

ショップサービスセンター社は、顧客に次のようなメッセージを伝えています。
「小売業は常に変化しています。あなたの成功は、あなたが直面しているあらゆる変化にいかに対応できるかによるのです!」
ビジネスの俊敏性の証として、同社はMendixでアプリケーション開発を行っています。

Mendixの導入を決めたのは、ビジネス部門とIT部門の協力によるものでした。
MendixとJavaでのスクラッチ開発を提案したAtos Origin社とを比較検討し、Mendixプラットフォームの柔軟性と高速性によってMendixに決定しました。

 

チャレンジ
ショップサービスセンター社のビジネス上の課題は、プリペイドテレフォンカードや入場券などのE-バウチャーを配布および販売するための既存のシステムを置き換えることでした。
古いシステムは、新しいベンダーや顧客と接続するのに柔軟ではありませんでした。
さらに、より洗練された在庫管理のコンセプトを使用して在庫コストを削減する必要がありました。
ショップサービスセンター社のプロジェクトの技術的課題は、さまざまな他のシステムや新しい未知のシステムと統合できるシステムを構築することでした。
これらの統合はシームレスでなければならず、元のシステム自体を変更してはいけません。
したがって、すべての統合ポイントは、古いシステムではなく、Mendixソリューション内で構成する必要がありました。
自社のPOSシステムとの直接統合により、新しいソリューションはあらゆる購入要求に対応できる必要があります。
東欧のインターネット接続は信頼できないため、同期的に通信した分散在庫システムが必要でした。

 

ソリューション
プロジェクトの実現段階は完了するのにわずか2ヶ月しかかかりませんでした。
このプロジェクトは主に、Mendixの経験がないAtos Origin社の開発者で
構成しました。
Mendixプラットフォーム上に構築されたシステムは、すべてのE-バウチャーの在庫を管理します。
ショップサービスセンター社のサプライヤへの発注を生成し、POSシステムへのインタフェースを提供し、この情報をSAPシステムに提供します。
アプリケーションはMendixの環境で動作しています。
システムの納入時期は予算内でおさまりました。

 

※この事例はMendix社が作成してビルドシステムが翻訳したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)