2019.07.30Mendixで課題解決 , アジャイル , デジタルトランスフォーメーション

デジタルイノベーションを推進するために重要な3つのスクラムマスタースキル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Daniela Field
2017年6月12日
アジャイルが失敗する5つの理由と避ける方法では、スクラムマスターがアジャイルプロセスで重要な人物であると述べました。スクラムマスターは、チームがベストプラクティスに従うようサポートし、障害を取り除く責任があります。役割に「マスター」がついているにもかかわらず、実際にはマスターではありません。彼らはサーバントリーダーであり、チームやプロダクトオーナーにサービスを提供します。したがって、特にあなたが「タイプA」のパーソナリティである場合、考え方を大きく変える必要があります。デジタルイノベーションを推進する最も重要なスクラムマスターのスキルは、常に変化を恐れず、自分自身とチームを向上させることです。
スクラムのヒーローになるために学ぶ、3つのスクラムマスタースキル:

 

1. 聞く

あなたが「タイプA」のパーソナリティまたは従来のマネージャーである場合、人に何をすべきかを伝えようとするでしょう。場合によっては、物事を達成するためにあなたが作業をしなければならないと感じるかもしれません。たとえば、あなたがスクラムのミーティングを主導するかもしれません。あなたはすでに物事を行う最善の方法を知っているかもしれませんし、実際に知っていることもあります。

しかし、アジャイル開発の焦点は、チームが共通の目標を達成し、製品を提供することです。できるだけ効果的で効率的にチームが作業することが目標です。あなたがチームに耳を傾けない限り、目標を達成することはできません。チームがどのような問題を提起し提案をしているのか、どのような改善をしたいか聞くことが重要です。

効果的に聞くにはどうしたらよいでしょう?

あなたが生まれつきの聞き手でない場合、良い聞き手のように振る舞うことから始めましょう。まず、相手が主張するまで話をしないでください。次に、頭の中で他の人と議論したり、反論をする方法を考えないでください。最後に、相手が言ったことを繰り返し、何を意味するのか理解してください。1対1の会話でリスニングスキルを練習し、スクラムミーティングにアップグレードしてください。

 

2. ファシリテートする

スクラムマスターとして、あなたはミーティングをファシリテートし、他の人にベストプラクティスをコーチすることが目標です。これは、他人を指示したり、何をするかを教えないことを意味します。チームはすべての会議で一緒に働く必要があります。最高のファシリテーターは、その人が会議に参加していることを気づかせないほどです。

効果的なファシリテーターは何をしますか?

効果的なファシリテーターは、優れたリスニングスキルを持ち、すべての視点を理解し、グループを前進させるために気の利いた質問をします。ファシリテーターは中立で、誰の意見も支持してはいけません。チームが自信を持ち、意見が一致して解決します。ファシリテーターが意見が一致することを諦めると、チームはどのように感じるでしょうか?

ミーティングファシリテーションのガイド(英文)や、「Agile Retrospectives: Making Good Teams Great」など、このスキルを学ぶのに役立つ素晴らしい資料がたくさんあります。

誰もファシリテーターとして生まれていないので、誰でも効果的なファシリテーターになることができます。

 

3. コーチする

チームはアジャイルプロセスで最も重要な部分です。チーム全員が活躍するのをサポートすることが重要です。開発者が苦労しているのに気付いたら目を背けないでください。手を伸ばしてサポートしてください。問題を1対1でコーチし、成功するのをサポートします。プロジェクト開始時には、この1対1の時間は不可欠であり、後で問題が発生するのを避けるのに役立ちます。問題を引き起こしている人がいる場合は、その問題に真っ向から対処してください。恥ずかしがったり、話を避けたりしないでください。今日無視した小さな問題が明日には致命的な問題になる場合があります。

どのように効果的に人々をコーチするべきですか?

コーチングのポイントは、個人やチームにフィードバックを提供することです。全てにおいてできるだけ頻繁に行います。各開発者やチームはうまくやっていましたか?そうだと言ってください!彼らの個性に応じて、個人的にかつ/または公で賞賛してください。誰かが改善できる事はありますか?それに真っ向から取り組んでください。何が間違っているか伝えて、改善する方法を提案してください。フィードバックを頻繁にすると、人々はそれを期待し感謝するでしょう。最も重要なことは、フィードバックが当たり前になるにつれて、チームがそれらを受け取らなかったり敬遠しなくなります。

 

ハードワークと報酬

最後に、スクラムマスターであることは、誰も生まれつき備わっていないスキルが必要である上に、多くの労力を必要とします。しかし、チームが連携して結果をより早く達成させることは非常にやり甲斐があります。今回述べたスキルは優れたスクラムマスターにとって不可欠であると同時に、誰もが他の人の意見を聞き、ファシリテートし、サポートしあうことが重要です。

翻訳元:

Top Scrum Master Skills to Learn to Drive Digital Innovation in Your Company

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)