2019.03.28Mendixで課題解決 , Mendixとは? , Tips , アプリ開発

Mendixの生産性とJava連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Mendixの生産性

Mendixは、従来はJavaやPHPなどで構築していたWebアプリケーションを超高速で開発するためのアプリケーションプラットフォームサービスです。

Mendixでは、以下の3つのステップでアプリケーションを構築し、素早くサービススタート、必要に応じてどんどん変化させてイメージ通りのアプリケーションに近づけることができます。

1.UMLのクラス図のようなドメインモデルを作成する

2.画面イメージ、ページレイアウトをテンプレートに従って作成する。

3.アプリケーションの動作を決める。

上記のような手順でアプリケーションを構築できて、データベースも設計や構築を行う必要がなく構築されて、すぐに使えるWebアプリケーションを一式構築できます。

それでは、このMendixを活用してアプロケーション構築を行うと、どの程度生産性が向上するのでしょうか。

こちらに第3者機関がベンチマークしたデータがあります。

この表からは最大約6倍の生産性、開発期間はおよそ50%短縮できる、という評価結果が見られます。

また、主に生産性が向上する作業についてはこちらの表をご覧ください。

システム開発全体の工程の中で大きな割合を占める開発や、テスト全般、プロビジョニング、ドキュメント作成作業の大幅な効率化を実現することができます。

Java連携

さらに、既存のJavaで構築した機能を活用したい、あるいはどうしても今までのノウハウを生かしてJavaやJavaScriptを利用して構築したいというご要望にもこたえることができるので、大幅な生産性向上に加えて、思い通りのアプリケーション構築を実現できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)