2017.07.31ソリューション , 事例 , 公共交通 , 業種

NS Hispeed、鉄道事業者向けの事故自動登録システムを導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Mendix事例紹介

 

“このプロジェクトは私たちのための実験でした。Mendix App Platformで大成功をおさめ、複雑なアプリケーションを迅速に提供することができました。”

Pascal reijnders

ビジネスインフォメーションマネージャー

NS Hispeed

概要

MendixのパートナーであるCapgeminiの2人のビジネスエンジニアチームが、Mendix App Platformを使用して鉄道事業者NS Hispeedの新しいインシデント登録システムをわずか8週間で構築しました。

Mendixアプリケーションは、外部トラフィック管理システムと統合され、インシデント処理、レポート作成、分析を改善します。

■  インシデント登録ビジネスプロセスが合理化され自動化。

 外部トラフィックとの統合マネジメントシステム。

■  インシデント登録およびパフォーマンス メトリックの組み込みレポート。

 

チャレンジ

NS Hispeedの製品管理部門では、電車のスケジュールの変更を管理し、インシデント登録システムに登録します。

現在のスタンドアロンシステムは手動で操作され、エラーを起こしやすいものでした。

また、事故報告の基準が限定されていたため、各事故の詳細が充分管理できませんでした。

これらの問題により、報告とパフォーマンスの分析がしにくくなり、プロセスを改善するためのステップを決めることが困難でした。

傾向を分析して正確なパフォーマンスを測定するためには、鉄道事業者は、正確で詳細でタイムリーな情報を必要とします。

インシデント報告プロセスの効率を向上させ、顧客満足度を向上させるための継続的な努力の中で、新しいインシデント報告アプリケーションが組織にとって最重要課題となりました。

NS Hispeedは、新しいシステムを最初の提案依頼から6ヶ月以内に稼働する必要がありました。

 

解決方法

NS Hispeedは、幅広い選択と概念実証プロセスを経てMendix App PlatformとCapgeminiを選択しました。

2人のビジネスエンジニアによる小規模なチームが、わずか2ヶ月で新しいインシデント登録システムの最初のバージョンを構築しました。

同時に、国鉄ネットワークインフラストラクチャを維持する政府機関であるProRailが提供する外部の交通管理システムと統合しました。

新しいインシデント登録システムとの統合により、ProRailからNS Hispeedのデータウェアハウスへの主要な交通情報が公開されます。

従業員は、事故や混乱を効率的かつ正確に報告して、ユーザーフレンドリーな方法で交通をシミュレーションすることができます。

また、NS Hispeedの管理者は、インシデント情報、パフォーマンス指標、トレンドを分析できます。

 

結果

2人のCapgemini社のコンサルタントによる小規模チームは、Mendix App Platformで、他のシステムとの統合や400を超える機能を含む複雑なビジネスロジックのアプリケーションを構築するのに8週間しかかかりませんでした。

その結果、インシデント登録のための自動化されたユーザーフレンドリーなワークフローと、レポートおよび分析機能が向上し、管理の可視性が向上しました。

また、Mendix App Platformの柔軟性を考慮して、要件が進化するにつれてアプリケーションを継続的に修正し、適応させています。

今回の結果と稼働までのスピードが想定通りに実現できたので、NS HispeedはMendix App Platformを使用して追加のプロジェクトを検討しています。

 

ハイライト

・ 2人のビジネスエンジニアが8週間以内に配布するMendixアプリケーション

・ 外部トラフィック管理と統合し、4日間で実行されるシステム

Mendix アプリ

・ インシデント登録とレポートのための複雑なワークフローとプロセスを自動化

・ 交通管理システムと中央データウェアハウスとの統合

・ セキュアでスケーラブルなソリューションにより、将来の要件に適応可能

実装パートナー

・ Capgemini

NS Hispeedについて

NS Hispeedは、オランダの高速列車の運行管理を担当する会社です。

近代的で野心的な革新的な製品を提供:ビジネス旅行者、レジャー旅行者、通勤者にとって、迅速で快適で信頼できる輸送手段。

NS Hispeedは国内外の高速接続を提供し、様々な合弁会社に参加しています。

これらの協働作業により、ますます多くの高速列車の接続を提供することが可能になります。

※この事例はMendix社が作成してビルドシステムが翻訳したものです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加