2018.09.05Mendixで課題解決 , Mendixとは? , News

MendixとSiemens、アプリケーション開発の未来を再定義する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Johan den Haan
2018年8月1日

2016年6月、私たちはアプリケーション開発市場の方向性に大きな影響を与えた世界とビジョンを発表しました。そして今日、このビジョンをフォローアップするための大きな一歩を踏み出しました。

Mendix World 2016:次世代のアプリケーション

ここ数何十年でネットワーク接続機能を持ったハードウェアの数は急速に増えています。 1967年6月にロンドンで導入された世界初のキャッシュディスペンサーが最初のIoTであったと言われていますが、それから40数年後、2008年には人よりも物の方がインターネットに多く繋がるようになりました。 現在のIoTの波は単なる一時的なものではなく、何年も培ってきた技術の蓄積です。 このように物とデジタルが繋がる世界は、さらにクラウド技術と機械学習との組み合わせによって、企業が新しい経験や新しいビジネスモデルを創造する機会の世界を広げられるようになりました。

そしてこれは、企業への影響だけではありません。 IoTアプリケーションは、個人(ウェアラブル、スマートフォン、衣類)、グループ(乗り物、スマートハウス、観光、教育)、コミュニティ(スマートシティ、道路、公園)から実際に産業(スマート工場、農業、小売、製造)まで様々な領域に広がっていきます。 一例として:保険会社は、IoTが保険のビジネスモデルに与える影響のテストを行っています。同社の調査によれば、40%以上の人々が契約が割引になるのであれば、保険会社とIoTデータを共有しても良いと感じています。個人のヘルスケア情報がIoTによって自律的に運用され、それが保険料に反映されたら?こうした大きな変化をどのように捉えるべきなのでしょうか?

Mendix World 2016で私たちは、変化の激しいこの世界で企業が生き残る唯一の方法は革新のスピードを上げることだと発表しました。 企業が市場で起こっている機会を利用するためには迅速に適応していく必要があります。 本質的にソフトウェア駆動型になっている今、企業はソフトウェアアプリケーションを迅速に提供しながらビジネスを進化させなければなりません。

Internet-of-Things自体は価値を持つものではありません。 価値はそれによって可能になる経験が生み出すものです。 つまりInternet-of-Experiencesです。そこで私たちは、2016年に次世代のアプリケーションはスマートアプリとなるでしょう、とお話しました。

Internet-of-Things、ビッグデータ、機械学習、そして新しいユーザー対話テクノロジ(拡張現実やチャットボットなど)は、次世代のビジネスアプリケーションを形成する要素となります。 こうした要素によって構成されたスマートアプリケーションは、以下のような経験によってデジタルの企業に革新的なパワーを与えます:

  • コンテキスト認識:過去の(ビッグ)データ、センサーデータを利用して、ユーザーがどこにいるのか、ユーザーは何をしているのか、現在のワークフローまたはビジネスプロセスのコンテキストを把握することができます。
  • インテリジェント:(予測的な)分析、コグニティブサービス、AI、機械学習を使用して、すべてのデータをインテリジェントに処理できます。
  • プロアクティブ:状況認識とインテリジェンスを組み合わせて、何が起こるかを予測し、積極的にユーザーを誘導したり、自動化されたアクションをトリガーしたりします。

スマート”アプリ”という表現はこれらのテクノロジーを完全にはカバーしていない可能性がありますが、私たちがお話した「アプリ」は、複数の要素を含みながら環境を広げ、経験を増やし、クラウドを基盤としてそれぞれを関係付けながらスマートに接続するものなのです。

 

スマートアプリにはスマートプラットフォームが必要

こうしたデジタルエクスペリエンスは、企業同士が豊富なアイディアと様々な方法で顧客を巻き込みながら競争し、カスタマージャーニーやチャンネルを通じて業種間を超えて競合するようになるにつれ、需要が高まっています。ビジネスの現場では、さまざまなソースからのデータを分析し、裏でデジタル処理を自動化し、顧客と顧客の意思を深く理解して最高の経験を生み出す必要があります。 これらを実現するアプリケーションを構築することは難しく、新しい技術やスキルが必要になります。ここでは、優れたデジタルエクスペリエンスを提供するスマートアプリケーションの構造を解説しましょう。

スマートアプリケーションの重要な側面について考えるための効果的な方法は、3つの列:計算、通信、保管のマトリックスです。 これらの列は、ハードウェア(コンピューティング、ネットワーク、ストレージ)、ソフトウェア(ビヘイビア、メッセージング、状態)からスマートアプリ(インテリジェント、プロアクティブ、コンテキスト認識)までのすべての層を分類するのに役立ちます。

産業ソリューション 業界固有のコグニティブサービスとアルゴリズム 業界固有のUIテンプレートとチャットボット、定義済みのARシーン 業界固有のデータモデル
スマートアプリ インテリジェント:予測モデル、認知能力、ワークフローおよびケース管理 プロアクティブ:プッシュ通知、チャットボット/会話型UI、拡張現実(AR)、SaaSプラグイン コンテキスト認識:履歴データ、センサデータ、位置データ、データパターン
ローコードプラットフォーム ワークフロー、ケース管理、セキュリティ、BI オムニチャンネルUI、すぐに使用できるデータへのコネクタ、サービス、バックエンドシステム ドメインモデル、ビジュアルマッピング
App サービス 予測分析、機械学習サービス、コグニティブサービス 物と通信して管理するためのREST API ビッグデータストア、データウェアハウス
クラウドインストラクチャ コンテナ、関数、ルール メッセージミドルウェア、イベントログ、ストリーミングデータ データベース – PaaS(リレーショナル、NoSQL)
Ingestion クラウドとエッジのストリーム/イベント処理、デバイス管理 デジタル的 – 物理的な統合(HTTP、MQTT)、エッジ接続 時系列データベース
Things センサ、アクチュエータ Bluetooth、RFID、NFC、低電力ワイドエリアネットワーク(例: LoRaWAN) ローカルストレージ
  計算 通信 保管

上記の表は、上記の表は、スマートアプリを構築して配信するために必要なさまざまな技術コンポーネントを示しています。 最下層では、センサ、通信プロトコル、潜在なローカルストレージと接続されたもの(Things)から始めます。 次に、繰り返しエッジデータをフィルタリングして変換してすべてのデータをクラウドに取り込む方法(Ingesting)が必要です。 データがtimeseriesデータストアで利用可能になると、そのデータを使用するアプリケーションを構築できます。 これらのアプリケーションは、コンテナで実行されるサービスまたはサーバーレスプラットフォームで実行される機能で構成されます。 もちろん、必要なメッセージングミドルウェアとデータベース(クラウドインフラストラクチャ層)が必要です。

スマートアプリを成功させるためには、スタック内の下位層に抽象化と自動化を提供する2つのレイヤーが必要です。 まず、App サービス層では、すべての履歴データを保持し、そのデータを効率的に問い合わせができる大きなデータストアが必要です。 また、すべてのデータを処理して分析し、パターンを検出し、将来の価値を予測するのに役立つさまざまなアプリサービスが必要です。 これらのサービスは必要なビルディングブロックを提供しますが、スタックの下位層と一緒にそれらを構成および結合することは、複数の専門家が必要となり、多くの時間がかかります。 そのため、わかりやすく生産的なビジュアルプログラミングのアプローチで、すべての基底レイヤーを組み合わせて、アプリケーション開発機能を追加するローコード・プラットフォームが必要です。 これには、ワークフローやUIの機能だけでなく、すべてのアプリサービスとバックエンドシステムに対するデータ管理とすぐに使用できるコネクタが含まれます。

スマートアプリ層は、結果として得られるスマートアプリケーション、下位層のすべてのビルディングブロックを結合するエンタープライズアプリケーションを示しています。 これらのアプリケーションを使用すると、ユーザーは、過去のデータ、データパターン、および実世界のライブデータを洞察することができます。 予測モデルと認知サービスでは、何が起こるかを予測し、ユーザーを適切な方向に誘導します。 Webとモバイルのやりとりを提供するだけでなく、拡張現実感(AR)のような新しいインタラクションチャネルを有効にすることによって、文字通り物理的な世界とデジタル世界を結合し、最も一般的なメッセージングプラットフォームを介してユーザーに積極的にアプローチすることができます。

これらの層がすべて整い、企業は大規模なチームを必要とせずにすばやく実験し、革新することができます。 スマート・アプリ構築のためのローコード・アプローチを使用することで、ドメイン・エキスパート、ビジネス・バックグラウンドを持つ人々は、企業が生き残るために必要なソフトウェアの開発に積極的に参加することができます。 自社だけでなく、産業ソリューション(表の一番上の行)を作成することもできます。 才能のギャップが広がり、ソフトウェアの必要性が高まるにつれて、私たちはソフトウェア開発へのアプローチを根本的に変え、アプリケーション配信プロセスの背景が異なる、より多くの人々を有効にしなければなりません。

 

世に出回るスマートアプリ

スマートアプリについての私たちのビジョンを共有し、ユーザーがそれらを構築できる製品がリリースされたことにより、私たちは多くの素晴らしいアプリケーションを見てきました。 スマートにソフトウェアの使用してビジネスを構築している新興企業から、効率的または革新的な新しいビジネスモデルのためにスマートアプリケーションを導入している大規模かつ確立された企業に至ります。

たとえば、製薬業界の問題を解決するためのスタートアップなどがあります。 自宅で使用されている薬の90%以上が、適していない温度に保たれているため、品質基準を満たしていません。 薬のパッケージに含まれる小さなセンサーを作成することで、輸送に伴って温度が測定され、スマートアプリは必要なときに動作します。 付属の光センサーにより、パッケージが開封されたかどうかを検出し、あらゆる種類のサービスを提供することができます。

園芸業界の照明メーカーは、IoTセンサーをライトのアーマチュアや予測分析で活用して予測保守を行い、照明、電力消費、植物の光合成を最適化するスマートアプリを構築しました。 航空会社では、エンジニアの次の作業に基づいて、適切な設備がどこにあるかを示します。 フェスティバル運営会社は、リストバンドとセンサーで参加者を個別化したサービスを提供します。

建物の管理スペースでも多くの事例がありました。 例えばエレベーターの移動頻度や停止階に基づいてエレベーターの予測保守を行います。 また、センサーデータに基づいた現地エンジニアの建物内のすべての設備からの位置、スキルに基づいて、エンジニアのスマートなスケジュール作成を行うこともできます。

これらは、アプリケーションがどのようにスマートになっていくか、そしてソフトウェアが物理的世界とデジタル世界の統合を推進している状況を示すいくつかの例です。

 

私たちが学んだことと課題を修正する方法

これらのスマートアプリケーションが開発者コミュニティによってどのように構築されているかを見ると、ローコードの大きな利点があります。 小規模チームは、使用可能なすべてのデータ接続から適切なユースケースを見つけるためにすばやく試してみることができます。 実際のエンドユーザーと迅速に反復開発して、ユーザーを積極的に誘導し、自由度と柔軟性を提供することの適切なバランスを見つけることもできます。

しかし、まだいくつかの課題があります。 ユーザーエクスペリエンス、アプリケーションロジック、データ統合、IoTや機械学習サービス用のすぐに使用できるコネクタの使用など、アプリケーション自体の開発は迅速かつ簡単です。 ただし、アプリケーションを開発者が機能させるためには、選択したIoTプラットフォームのデバイスと接続を構成し、必要な機械学習モデル定義について研修する必要があります。 これにより、スマートアプリの開発は限られた人数でしかできない専門家の仕事になります。

センサーには、スマートアプリが聴いたり行動したりできるような、すぐに使用できるビジネスレベルのイベントはありません。センサーは、例えばクレンジングする必要がある生データを放出します。信号分析、パターンの検出、異常値の報告が必要です。この処理は、瞬時の応答を可能にし、データ転送の量を制限するために、ソースに近いエッジで発生する必要があることがあります。次に、イベントデータは、例えば、他のシステムからのデータと組み合わされる必要があります。 ERP、CRM、スケジューリングシステム、およびパーソナルデバイスからのロケーションデータなどです。統合されたデータの上にアプリケーションロジックを定義する必要があり、適切な予測を作成するためにスマートアナリティクスの追加層が必要になることがよくあります。

世界がスマートアプリに移行するにつれて、スマートアプリ全体でより高度な抽象化と自動化が必要になります。データの意味とビジネスへの価値の付加方法についての知識を持つドメイン専門家をサポートするには、すべてのサービスにわたってビジュアルモデルによるローコードアプローチが必要です。私たちは、データのクリーンアップと分析のための高度な構造を提供する統一された開発者の経験を定義する必要があり、簡単にできるマシンラーニング・テンプレートのライブラリを提供し、AIを使用して開発者を支援します。言い換えれば、スマートアプリ用のスマートプラットフォームが必要です。

 

MendixとSiemensが次世代スマートプラットフォームをどのように提供するのか

使いやすさ、表現力、柔軟性のバランスを適切にとる統一された開発者エクスペリエンスを作成する唯一の方法は、スマートアプリスタック全体の深い統合です。アプリのプラットフォームよりもはるかに深くて幅広いスタックがありました。なので私たちはSiemensと力を合わせることに興奮しています。 Mendix ローコードプラットフォームとSiemens MindSphereの組み合わせにより、スマートアプリスタックのすべての要素が一意にカバーされます。 MindSphereは、IoT接続、資産管理、時系列ストレージ、イベント管理、データ処理、分析サービス(異常検出、信号計算、トレンド予測など)を含む、SiemensのクラウドベースのオープンIoTオペレーティングシステムです。我々は、MindSphereのイベント管理、データ、および分析サービスをMendixに深く統合し、世界をリードするローコムおよび(産業用)IoTプラットフォームを作成する、AIの支援を受けた統一された開発者の経験を創造するつもりです。

ローコード市場では、今回の買収は、ローコードのビジョンリーダー(Gartnerによる)に、膨大な量のデータを処理し、高度な分析機能を提供する筋肉が追加されたことを意味します。また、スマート・アプリケーションの開発経験は今や大きな飛躍を遂げることができ、物理的な製品の豊富なデジタル・ツインに対して開発とテストを行うことができます。 Siemensの製品ライフサイクルソフトウェアには、生産システムのライブデータに基づいて継続的に適応できる現実的なデジタル双子の上でアプリケーション開発を可能にするすべてのデザインとシミュレーション機能が含まれています。

産業IoT市場では、会話が最も重要なビジネス価値に移行することを意味します。私たちの意見では、IoT市場にはアプリケーション開発に関するビジョンがありません。ほとんどの焦点は、スタックの底部、センサー、接続性、およびデータに分かれており、理解可能で必要なものです。しかし、価値と実際のビジネスの変化に対する高い期待に応えることは不可能です。コネクティビティ、データ、そして分析さえもビジネスに価値をもたらすものではありません。それらは必要ですが、十分ではありません。結局のところ、この上に構築できるのはすべての経験についてです。より効率的になる経験です。新しい製品やサービスにつながる経験です。ソフトウェア駆動の世界で生き残るために苦労している企業にとって、未来のビジネスモデルを提供する経験です。

MendixとSiemensを組み合わせることで、すべてのスマートアプリの側面で統一されたAI支援の開発者体験を使って、スマートアプリの迅速な配信を可能にするオープンプラットフォームにつながる可能性があります。

 

市場を再び混乱させる

10年以上前、私たちはエンタープライズアプリケーション開発市場を混乱させる大胆なビジョンを持っていました。 長年にわたり、私たちはローコード・マーケットと呼ばれるものを開拓しました。 私たちは、ソフトウェア開発はビジネスの要求に追いつくためにはパラダイムシフトが必要であると強く信じていました。 ソフトウェア開発はより速くなければならず、はるかに大きなグループの人々がそれに参加することができなければならなかったのです。

今日は、まだ始まったばかりような気がします。 IoTやAIのようなテクノロジーを使って、物理的な世界とデジタルの世界が融合した現在、私たちの前にある大海のような機会を想像したことはありません。 私たちは、次のことを信じて、私たちが混乱し、再び先駆けなければならないと感じています:

  • ほとんどのエンタープライズアプリケーションは、スマートアプリケーションになる必要があります。 大量のデータを処理する必要があり、多くの場合、IoT接続から来ており、ユーザーのやりとりはますます豊かで動的になります。 これらのアプリケーションは、コンテキスト認識、インテリジェント、およびプロアクティブに、ARを含むすべての対話チャネルにユーザーを誘導する必要があります。
  • アプリケーション開発の未来はローコードではありません。 ローコードの基盤の上にAI支援開発です。
  • 将来の開発プラットフォームが統合されています。 開発を加速し、AIをスマートアプリケーションのあらゆる側面に適用するには、経験全体を統合し、スタック全体に深く統合する必要があります。 これには、UI開発、アプリケーションロジックだけでなく、データ管理、イベント、分析、機械学習も含まれます。

私たちは、勝利するプラットフォームとは、ビジネスが必要とする瞬間に価値を提供することに成功するプラットフォームだと考えています。 ライフサイクル全体にわたってスマートアプリのすべての側面をカバーするプラットフォーム。 純粋にローコードに焦点を当てたプラットフォームや、IoTだけに焦点を当てたプラットフォームは、市場で起こっている混乱の波に耐えられません。

 

次は何が起こるのか?

Siemens のような安定した信頼できるパートナーの支援を得て、私たちはこの課題に取り組む準備が整いました。当社は3つの主要分野への投資を大幅に加速する予定です。

  • スタンドアロンのローコードビジネス:Siemensは、購入価格に加えて、今後3年間でMendixに大幅な投資を計画し、R&Dおよび市場参入拡大のための投資を加速します。私たちは引き続き独自のロードマップを持ち、革新的でオープンで拡張性があり拡張性の高いローコード・プラットフォームとして遺産を継承します。スマート・アプリケーションの開発を強力に推進するIBM Watson やSAP Leonardo など、SAPとIBMのエコシステムに対するサポートを強化します。また、ダイレクトおよびパートナーセールスチームに引き続き投資し、すべての業界およびテクノロジーエコシステムの顧客およびパートナーに当社のテクノロジーのライセンスを引き続き提供します。
  • Industrial IoT:MendixとSiemens MindSphereはエンタープライズローコードとIoTの最初で唯一の組み合わせです。私たちは、物理的な世界のためのオペレーティングシステムを作成するという目的で、一貫した開発者体験に投資するつもりです。
  • 産業ソリューション:私たちは、すべてのSiemens部門および事業部門において高度に統合された業界ソリューションを共同開発する予定です。

これらすべての投資により、開発者コミュニティは、スマートアプリケーション開発のあらゆる側面をカバーするイノベーションの迅速な提供とプラットフォームの拡大を目にする事になります。 今では革新的なスマートアプリのためのアイデアを払拭する時期です。 適切な場所に確実に投資するために、彼らの意見を聞きたいのです! また、アプリが「スマート」ではない場合でも、私たちのプラットフォームは引き続きエンタープライズアプリケーションを配信するのに最適な場所となります。 スマートアプリを提供するための最良のプラットフォームになるために私たちがしているすべての投資によって、どんなタイプのエンタープライズアプリケーションにも利益がもたらされます。

今年の上半期に、私たちはプラットフォームに多くの改良を施しました。 私たちはまた、初のAI支援型ローコード開発環境を発表し、それをMendix Assistと呼んでいます。 今月後半には、Mendix Assistをすべてのユーザーに提供することで、未来のための初めての体験ができるようになります。 乞うご期待!

 

翻訳元:

Mendix and Siemens to Re-define the Future of Application Development

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)