2017.08.03IoT , Mendixで課題解決 , アプリ開発

IoTでどのようにビジネスを変革・成長させ、おまけに歯をきれいにするのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は以下の人物によって執筆されています。

Willem van Zantvoort,
シニアMendixコンサルタント

Timeseries
Jethro Borsje,
ビジネスユニットマネージャ ビッグデータ&IoT

Timeseries

 

IoTとは何ですか?なぜビジネスを変えられるのでしょうか?

自身の資産を把握すれば、業界最高の地位はあなたのものです!

これまでにあなたは「IoT」とも呼ばれる「もののインターネット」について聞いたことがありますか? 
IoTは、任意のデバイスを内部ネットワークまたはインターネットに接続し、他のデバイスやアプリケーション、ユーザーがアクセスできるようにするものです。

Gartnerによると2020年までには200億以上の接続された「もの」が存在するそうです。
データを測定するデバイスから、携帯電話、コーヒーメーカー、さらには歯ブラシにいたるまで、繋がる「もの」は何でも構いません。
これらのすべてのデバイスが相互に通信できること、またそれらが作り出すデータの量を想像してみてください!
このデータは、現在および将来のビジネスプロセスの分析、自動化、最適化に使用されます。

たとえば、とある人の歯の磨き方を分析し、その情報に従って振動を調整したり、アプリを通じて歯磨きを改善するヒントを提供する歯ブラシが既にあります。
この歯ブラシを良い!と思っていただけたなら、歯磨きのデータから虫歯を予測したり、歯医者に行く必要があるかどうかを判断したりするサービスはどうでしょう?
これは家に歯医者がいるようなものです
さらに、歯をどれくらいうまく磨いているかに基づいて、変わりやすい健康保険のベースを決めることや、歯磨き粉が切れる前にあなたの家に届けられるようにすることもできます。 
可能性は無限大です!


これは、IoTを使用してより良いユーザーエクスペリエンスを提供し、効率良くし、新しいビジネスモデルを発見するための小さな例です。

私たちは、IoTが将来のビジネスを形作るのを助け、ビジネスの競争力を維持するための次のステップだと心から信じています。
Uber、AirBnB、Netflixなどの企業は、伝統的なビジネス方法を揺るがす新しいビジネスモデルを導入して市場に影響を与えています。
IoTを使用すると、市場に影響を与え、まったく新しい視点からビジネスを行うことでパイオニアになることができます。
あなたの「もの」と資産をネットに接続しIoTをはじめましょう。
作り出されるデータはあなただけのものではありません。
あなたのデータでIoTはもっとスマートになるのです!

 

MendixとIoT:デジタルにあふれた環境に最適

データをお金と時間に変えましょう。

どうでしょうか?
あなたのビジネスにIoTを取り入れられますか?
競合他社に先んじて、データをお金や時間に変えたいと思っていませんか?
しかし、問題は残っています。
どのように?:どのようにして市場に影響を与えることができますか?


オランダのほとんどの世帯にスマートエネルギーメータがインストールされていることをご存知でしたか?
あなたは、従来の電力計や今ある機器をスマートなものに変えることができます。
(例えば、カメラを置いて、OCRとデジタル処理を組み合わせることでアナログの読みをデジタルに変えるなど)
スマートと共に暮らす人々はIoTビジネスの恩恵を受けられる環境に囲まれています!

 

これはMendixとIoTが活躍しやすい状況です。
Mendixはクラウドベースの高速アプリケーション開発プラットフォームであり、特にIoTと組み合わされた場合に、あなたのビジネスに素早く価値をもたらします。
既存のビジネスに革新をおこし、Philips、ABN Amro、KLM、Berkshire Hathaway、GE、PriceWaterhouseCoopersなど、世界各地の企業から信頼されてきました。
Mendixでは、マルチチャネル(デスクトップ/タブレット/モバイル)アプリケーションを数か月ではなく、数日または数週間で開発することができます。
Mendixの最新バージョンMendix 7は、開発者にAmazon Web Services(AWS)やIBM(Bluemix、Watson)、TimeSeries Analytics Platformなどポータブルでスケーラブルなソリューションに使えるコネクタを提供することで、IoTの可能性を最大限に活用することができます。
これらのコネクタを使用すると、数回クリックするだけで、IoTデバイスをセットアップし、データ、洞察、予測を得ることが出来ます。
専門家の指導のもと、誰もがIoTを使ってアプリケーションをパワーアップさせることができます。

これらのコネクタを使用すると、数回のクリックだけで、IoTデバイスをセットアップし、データ、洞察、予測を得ることができます。

 

IoTの成功事例

色々な業界の多くの企業がIoTを取り入れています。

 

ビル管理と施設サービスの最適化

Mendix World 2016 Hackathonで、TimeSeriesチームがISSファシリティサービスの優れたソリューションを作成しました。
彼らはIoTセンサーとスマートアプリを使用して、建物でより優れたサービスを提供しました。
建物のテナントには、測定した室内温度、湿度、空気の質などの作業スペースに関する有用なデータが提供され、テナントの好みに応じて会議室の設定計画を提示します。
ISS施設の清掃員には、部屋の使用量の情報が提供され、最小限の使用時間で効率的に部屋を清掃することができました。

これは、建物の住民への混乱を最小限に抑えながら、素早い整備ルートを計画するMendixとIoTを活用したISSの例です。
詳しくはビデオをご覧ください。

 

Liftinzicht:予測的メンテナンス

Liftinzichtは、エレベータにIoTセンサーを組み込んだエレベータ管理会社です。
何千ものエレベータによる加速、減速、走行距離などの測定値のデータに基づいて、メンテナンスを計画します。
これにより、メンテナンス時間が半減し、数十万ユーロの節約につながりました。

 

ZenitSIS:より良い資産管理

ZenitSISはソーラーパネルソリューションのプロバイダです。
ソーラーパネルの出力を監視および分析することにより、性能が最適化され、誤動作を即座に検出することができます。

 

Mendix:物流トラッキングアプリケーション

Mendixは、わずか10日間でWatson BlockchainとIoTを組み合わせた物流トラッキングアプリを構築しました。
最終的なソリューションは、モバイルアプリケーションとダッシュボードを組み合わせて、IoTからのイベントを追跡し、アラートを管理します。
このアプリは、メーカーから顧客、保険会社まで、全ての関わるメンバーを保護します。

 

IoTに関する今後のビジョン

まだまだ、もっとありますよ…
今、私たちはIoTの第一歩を踏み出しています。
IoTの事例がふえるにつれ、将来はもっと多くのアプリケーションが登場するでしょう。
健康モニター、スマートファーム、スマートシティ、スマート旅行を考えてみましょう。
IoTは今後もより多くの気づきを提供し、より簡単で効率的な生活を提供します。
誰もがそれを望んでいますし、近年は急速にビジネスの重要な部分になっています。
お客様との徹底した理解が明日のビジネスの重要な要素になります。
ビジネスにとってIoTがもたらす影響を把握する必要性は、日々増していくでしょう。

私たちはセンサーを自分で所有、設置、管理することなくセンサからのデータを取得できる、サービスセンシングのビジネスモデルが現れるのを期待しています。

幅広いIoTセンサを使用するためには、標準化が重要です。
A地点からB地点にデータを送信するために使用されるトランスポートレベル(LoRa、Narrowband IoTなど)とプロトコルの両方の標準化が見込まれます。
これは、高度な個人情報やリアルタイム情報を送信するため、ITインフラストラクチャの重要な部分であるセキュリティ分野の標準を含みます。
IoT接続デバイスの使用が増加し続けるにつれて、ハードウェアとネットワーク接続にかかるコストは減少します。
IoTはもはやパイロットや研究開発部門でのみ使用されるものではなく、多くのビジネスプロセスにとって一般的なものになります。
Infrastructure-as-a-Service、Platform-as-a-Service、Software-as-a-Serviceの後に、 センサーを所有、インストール、管理することなく、センサーのデータを取得できるSensing-as-a-Serviceビジネスモデルが現れるのを期待しています。

 

翻訳元:https://www.mendix.com/blog/iot-will-transform-business-accelerate-growth-make-teeth-cleaner/
※このBlogはMendix社が作成してビルドシステムが翻訳したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加