2018.10.09Mendixで課題解決 , デジタルトランスフォーメーション

イノベーションを実現する3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Greg Satell
2018年5月18日

起業家は誰でも、ビジネスが安定した確固たる地位を得られる瞬間に立ち会いたいという夢を抱いています。多くの人は、これまでの失敗の連続から大きく生まれ変われるような大きなアイデアを、自分の経験から探そうとします。しかし、それが見つかることはほとんどありませんし、多くの人が途中で脱落して燃え尽きてしまいます。

イノベーションは決して1つの出来事ではなく、実は「ピンときた瞬間」というのはだいたい作り話なのです。イノベーションには常にいくつかのことの組み合わせによって生まれているため、ひとつひとつの問題を解決するための小さなアイデアを飛び越えるような大きなアイデアを思いつくことはほとんどありません。イノベーションが生まれる過程は、プロセスであり、瞬間ではありません。

従って、アイディアから始めるのではなく、良い問題を見つけることから始めるべきなのです。イノベーションは、ほとんどの人が想像するよりはるかに複雑です。世界を変えるアイディア以上のものが必要です。実際、その影響が明らかになるまでには、最初の突破口から何十年もかかることがあります。

イノベーションは、調査、反復、実行の統合プロセスなのです。

 

1.調査

拙著「Mapping Innovation」を執筆する際にとても驚いたのは、画期的な革新を生み出した人が、まったく何も思い付くつもりはなかったということでした。むしろ、重要な問題を解決するための鍵を見つけるのは調査の過程でした。

Jim Allison氏は癌を治すことを夢見ていたわけではありませんでした。彼は医師ではなく免疫学の研究者でした。にもかかわらず、彼の何十年もの調査は、彼を思いもよらないアイデアに導き、免疫システムの調節を変え、病気に対して強力な武器になり、癌免疫療法は奇跡の治癒であると考えられています。

 

W. Brian Arthur氏が「The Nature of Technology」で説明しているように、新しい技術はすべて、その現象の有用性が最初は明らかではないのですが、何らかの現象の発見から始まります。例えば、アインシュタインは、生涯にわたって彼の理論に実用性があるとは決して思いませんでした。将来重要なものは常に何でもないように見えるのです

 

一貫して革新できる組織の中で、新しい問題を調査するための体系的で規律のあるプロセスを続けることです。 IBMのリサーチ部門は、大部分の競合他社がなくなった後も、何十年にもわたって自社を継続的に改革することに貢献しています。 Googleの20%の時間は、新しい問題のための人力検索エンジンとして使われています。

しかし、調査するには10億ドルの会社である必要はありません。実際、政府のプログラムから産業コンソーシアム、地元の大学、中小企業でさえも世界クラスの研究をするためのさまざまな方法があります。

 

2.反復

Elanceは、E-Lance経済の幕開けに関するHarvard Business Reviewの記事に記載されていた重要な新現象を創設者が読み、1999年に創設されました。契約業務ための “Monster.com”のビジネスチャンスを見て、彼らは請負業者と請負業者を雇いたい会社のマッチングを容易にするウェブサイトを構築しました。

残念ながら、そのサービスはうまくいきませんでした。そして、2001年に新CEOのFabio Rosati氏が買収し、同社を別のビジネスチャンス、つまりベンダー管理ソフトウェアに導いたのです。企業と請負業者をマッチングさせるのではなく、Elanceはこれらのマッチングを成功に導くことにフォーカスしました。戦略は中程度に成功し、同社は2006年に事業を売却しました。

しかし、Rosati氏は、ベンダー管理ソフトウェアの設計から学んだことを最初のビジネスに適用することで、さらに大きな機会を得ることができることを見出しました。 Elanceの新しいWebサイトは、フリーランサーと企業を結びつけるだけでなく、その取り組みがどのように行われているかを追跡し改善します。

アイデアは飛躍し、Elanceは驚異的なペースで成長しました。Rosati氏のチームは繰り返しサービスを見直し、プライベートな人材採用クラウド、技術認定、トレーニングプログラムなどの革新をし続けました。その後、ライバルのoDeskと合併し、現在は1200万人のフリーランサー、500万人のクライアント、年間フリーランサー向け請求が10億ドルの大規模企業Upworkを設立しました。

実は、あらゆる考えが間違って始まるのです。時には少し、時には多く、どこかの部分でいつも間違っています。だからこそ、それを正しいものにするために、繰り返し試す必要があります。

 

3.実行

AppleのiPodが最初のデジタル音楽プレーヤーではなかったのと同じように、Amazonは最初のインターネット書店ではなかったですが、どちらもそのカテゴリの同義語となりました。時には理にかなったアイディアがあるだけでは不十分です。それを現実にしなければなりません。

1850年代のウィーン総合病院の産科医師Ignaz Semmelweis氏のケースをみてみましょう。彼は病棟内の死者の数に愕然とし、手洗いを厳格なルールとして確立して、当時の風土病であった産褥熱を撲滅しました。悲しいかな、物事はそこからうまくいきませんでした。

彼は成就を賞賛される代わりに、侮辱され、やぶ医者と呼ばれました。そのようになった原因の一部としては、手洗いに関するSemmelweisの考えが、当時一般的だった瘴気と矛盾していたことでした。当時は、バクテリアではなく「悪い空気」が病気を引き起こしていると広く考えられていました。そのため、手洗いは当時の医療専門家には理解できませんでした。

幸いにも、Louis Pasteur氏Joseph Lister氏Robert Koch氏など、後になると状況が良くなりました。 Semmelweisとは違い、彼らは偉大な科学者というだけでなく、どのように医学につながるかを知り、病気に対する細菌論を確立するのを助けました。そのため何百万という命が救われました。

 

イノベーションはアイデアではなく問題を解決することである

ほとんどの人は、イノベーションはアイデアだと考えていますがそうではありません。意味のある問題を特定して解決することです。だからこそ、新しいアイデアを思いついても、それほど乖離してはいないのです。スタートアップの達人Steve Blank氏は「ビルから出ろ!」と言っている通り、人々が解決したいと思う問題を見つけ出し、解決策に向かって反復する必要があります。

上記のJim Allison氏の話に戻りましょう。彼は癌免疫療法に関する考えを思いついたとき、彼はすべての大手製薬会社を訪れましたが、誰も投資することを望みませんでした。問題は、彼らが彼のアイデアを理解していないということではなく、何十億もの試作で何十億ドルも台無しにしてきたことを何度も見てきたということでした。

その分野ですでに著名なAllison氏は、彼にチャンスを与えて臨床試験をする小さなバイオ企業を見つけるのに3年かかりました。最終的にはBristol Myers Squibbに24億ドルで売却されました。これは、主にAllison氏の発見の力によるものです。

しかし、現在でもその作業は未完成です。 Allison氏の奇跡の薬が最初に発売されたとき、約30%の患者の一部の癌でしか効果がありませんでした。その人達は末期の患者だったので印象的でしたが、彼はまだやるべきことがあることを理解していました。現在、彼は60代後半で、治療の有効性を改善し続けており、拡大するために毎日取り組んでいます。

いいアイデアを持つだけでは不充分なのです。あなたはそれをやり遂げなければなりません。

この記事は元々こちらに掲載されました。

 

翻訳元:

Innovation is Never Just One Thing (Actually, It’s Three Things)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)