2017.08.17IoT , Mendixで課題解決

IoTアプリケーション開発を成功させる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


on April 13, 2017

 

Internet of Things(IoT)ストラテジストのDavid Stephenson氏は、過去に物事の状況に関するリアルタイムデータを収集して共有することができなかったと語っています。 
Collective Blindness(組織的盲目)」で、さまざまな回避策を提示しました。 
しかし、IoTのような新しいWebテクノロジーを使うと、この回避策はもはや必要ありません。
IoTは、物事に対する可視性を提供することで「Collective Blindness」をなくし、より正確な意思決定と、より正確かつ効果的な作業に必要な、リアルタイムデータを共有します。
しかし、新しい技術だけでなく、思考の限界を越えたIoTの潜在能力を最大限に活用するための新たな試みも必要になります。

Gartnerは、2020年までに340億個のデバイスがインターネットに接続され、世界のデータが2ヵ月ごとに倍増していくと予測しています。

 

いち早くこの技術を取り入れた企業は、潜在的ではあるものの大きいビジネス価値を手に入れることができると証明していますが、技術はまだ若く、ソリューションは明確ではなく、要件は緩やかに変化しており、不確実性が高いです。
言い換えれば、企業はまだこの技術で何ができるのかほとんど考えられていないと言ってもいいでしょう。

ITチームは、あまり多くのリソースを使うことなく、この技術を継続して検証できる新しいアプリケーションを作る方法を探しています。
ビジネスがIoTの価値を引き出すためには、ITチームが素早く検証を行う必要があります。
新しいアイデアを価値の高いIoTアプリケーションに変えるには、とりわけ、開発者とビジネス側の間で頻繁に反復しながら緊密な連携を簡単に行うことができるアプローチが必要とされています。

 

IoTアプリケーションは素早い検証で活きる

素早く、低コストで検証ができる開発プロセスを採用するためには、企業は早く成功するために多くの失敗をする意欲を持って、IoTプロジェクトにアプローチする必要があります。
トーマス・エジソンは、突然の素晴らしい閃きによって電球を発明したわけではありません。
彼は検証者でした。
「私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。」

トーマス・エジソンは、突然の素晴らしい閃きによって電球を発明したわけではありません。彼は検証者でした。

 

世界で最も成功し、革新的なデジタル企業であるGoogleは、大きな勝利を得るためには1度成功すればよいことをわかっており、事実95%は失敗しています。
元GoogleのCEOであるEric Schmidt氏によると、

「googleは非常に難しいことを試し、それが成功せずとも、失敗から学ぶことを一切厭わない会社です。」

この考え方を念頭に置いて、企業には、低コストかつ価値の高い検証を促進するための適切なツールとプロセスが必要です。

 

IT組織における素早い検証を促進するための5つのベストプラクティス:

1. 新しいアプローチが有効であることを組織に証明するために、検証のための時間とリソースを割り当ててください。そうすると、この新しい考え方を拡大することができます。

2. ビジネス側とIT側を含む多機能なチームを結成します。アイデアを持った人と技術的な適性を持つ人を結集し、活かしてください。

3. 視覚的なモデル駆動型の開発を採用して、ビジネス側とIT側の共通言語でアプリケーションを作成し、より素早い検証とより良いコラボレーションを実現してください。

4. フィードバックループを作成します。継続的にユーザーからのフィードバックを収集する仕組みを持つことが重要です。

5. プロセスの早い段階で最低限の実行可能な製品(MVP) を試して、学習した内容に基づいてリスクを最小限に抑えて方針を変えることができるようにします。

 

ある会社が1週間以内にどのようにアイデアからアプリケーションを実現させたか

メディアおよびエンターテイメント企業は、この手法を採用して、IoTアプリケーションを使用したアイデアを市場に素早く提供しています。

 

多くのクライアントが、大規模なフェスティバルで「会場を離れる人」の数を考慮に入れることができず、実際には入場可能であるにも関わらず「満員」として新たな入場希望者を入場させていない問題に直面しました。
とあるエンターテインメント企業は、リアルタイムで出席者の流れを視覚化するために、ゲートのセンサーを活用するソリューションを作成するアイディアを持っていました。

絶えずアイディアを出して検証することにより、彼らはアイデアを素早く実現し、開始から1週間以内にMVPを提供することができました。

絶えずアイディアを出して検証することにより、彼らはアイデアを素早く実現し、開始から1週間以内にMVPを提供することができました。
彼らは意欲的に素早くアイデアを繰り返し検証し、センサーデータを使用したアプリケーションを進化させ続けることで、新しいビジネスの価値をもたらしました。

例えば、これらのセンサーデータは、翌日提供する食べ物や飲み物の量を最適化するために、どのくらいの人が会場に入るのかをクライアントが把握するのに役立ちます。
また、資格情報をスキャンし、正規でない人物がイベントスタッフとして紛れ込むのを防ぐこともできます。

エンターテインメント企業は、クライアントがイベントを最適化し、安全にし、強化するのを助けることができます。

 

まとめ

新しいIoTアプリケーションを開発する際には、アイデアを素早く確認し、有効または却下することが重要です。
「完璧でなければならない」という考え方にこだわらないでください。
それよりも、MVPを構築して展開し、顧客、従業員、パートナーからのフィードバックを繰り返して、適切な新しいエクスペリエンスを作成してください。

 

How Rapid Experimentation Makes IoT Application Development a Success

※このBlogはMendix社が作成してビルドシステムが翻訳したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加