2017.08.02IoT , 事例 , 農業

IoT事例:Hortilux、IoTを通じて温度、CO2、光量を管理し、温室の収穫量を大幅アップに貢献

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Jan de Vries
2017年7月3日

「破壊的テクノロジー」は、私たちの働くさまざまな世界を改革しています。

多くの組織はこうしたテクノロジーの潜在的な可能性を認識していますが、それを内部で活用したり導入したりするための時間とリソースがないと考え、結果としては、ビジネスの革新ではなく、現在の業務を維持することに重点を置いています。

こうした組織が正しく認識していないことは、迅速な開発ができるプラットフォームがあれば、破壊的テクノロジーを導入するのには多くのリソースを必要としないということです。

これらのプラットフォームにより、組織は簡単にアプリケーションを構築し、破壊的テクノロジーを導入することができます。 

IoTには多くのアプリケーションがありますが、組織はまずどこから始めるべきかを知る必要があります。

このブログから、HortiluxがどのようにInternet of Thingsを取り入れてビジネスを革新したのか見てみましょう。

 

HortiluxはIoTを通じて温室設備をどのように革新したのか
高品質の温室栽培設備供給業者であるHortiluxは、Internet of Things(IoT)を採用して顧客サービスを改善しました。

市場のリーダーとしての地位を維持し、高品質なサービスを提供し続けるために、彼らはサービスを農業生産者に拡大する方法を探し始めました。

IoTを通じて、彼らはビジネスモデルを根本的に変えました。

HortiSenseアプリケーションは、温室内に配置されたセンサーを使用して温室の状態に関する情報を提供します。

 

Hortiluxはメーカーからトータル照明ソリューションプロバイダに移行
彼らはIoTを採用することによって、顧客に提供する価値とミッションを変えました。

かつて、彼らは単に照明設備の仕入れと設置をしていましたが、そこからトータル照明ソリューション・プロバイダーに変身しました。

この変化を推進するために、彼らはHortiSenseというアプリケーションを開発しました。 

HortiSenseアプリケーションは、温室内に配置されたセンサーを使用して、温室の状態に関する情報を提供します。

HortiSenseには2つの大きなメリットがあります。

1つは、温室で使用されるハードウェアを監視して保護することです。

これにより、備品、変圧器、および電気パネルの状態について常に情報を得ることができます。 

2つ目は、温室のパフォーマンスをリアルタイムで把握することで環境を最適化して、1平方メートル当り最高の収穫量を達成できるようにすることです。 

この2つのメリットにより、Hortiluxは、照明の効率を大幅に向上させ、栽培者に電気機器の信頼性を確保することができました。

“このアプリケーションは、照明の残存寿命を予測し、自動補修アラートを送信し、サービスおよび保守作業のコストを削減します。

HortiSenseプラットフォームは、新たに接続された製品を通じて、よりスマートな操作を可能にします。

温室、ゲートウェイ、およびアクチュエーターのセンサーなどのIoTエンドポイントは、工業用温室のコンピューターに接続されています。

これらのコンピューターはAmazon Web Services(AWS)のIoTソフトウェアに接続し、データを格納します。

HortiSenseプラットフォームは、Mendixプラットフォーム上に構築されたIoTアプリケーションにてAWSのデータを取得し、ダッシュボードで農業生産者に提供します。

 

HortiluxのIoTプラットフォームは、栽培環境を最適化するため、農業生産者へリアルタイムの状況を提供
ダッシュボードを通じて、生産者は自分の温室の性能を簡単にチェックすることができます。

センサーは、温度、CO2レベル、設置場所の電力品質など、いくつかの貴重なデータを収集します。

これらのセンサーにより、HortiSenseは電力品質とコストを監視し、電力の品質が低下した場合に自動的にアラートをあげます。

さらに、照明の残りの寿命を予測し、自動補修アラートを送信して、サービスおよび保守作業のコストを削減します。

これらの情報提供は、よりスマートな事業を推進し、よりコスト効率の高い温室につながります。

HortiSenseは、コスト効率の高い温室を稼働させることに加えて、Hortiluxが顧客との関係を強化することも可能にしました。

このアプリケーションは、太陽からの光と照明の両方から、植物に届く光の量をリアルタイムで把握します。

さらに生産者は、光合成による植物内の糖の生成を監視することができます。

この知識と天気予報やエネルギー価格などを組み合わせることで、栽培者はエネルギーコストと収量を1平方メートルごとに向上させることができます。

“わずか2ヶ月で、HortiluxとFirst ConsultingがHortiSenseの初回製品版を作成しました。

 

継続的にアプリケーションを拡張し、リーダーシップの位置を維持するためにMendixを使用
わずか2ヶ月で、HortiluxとFirst ConsultingがHortiSenseの初回製品版を作成しました。

反復開発を通じて、Hortiluxは顧客および従業員のフィードバックに基づいてHortiSenseに新しい機能を拡張しました。

Low-Codeプラットフォームの柔軟性を備えたMendixにより、Hortiluxは革新的な技術で継続的にアプリケーションを拡張し、リーダーシップの地位を維持しています。

翻訳元:https://www.mendix.com/blog/hortilux-innovated-greenhouse-industry-iot/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加