2018.10.09Mendixで課題解決 , デジタルトランスフォーメーション

デジタルイノベーションはデジタルコアから始まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Ronald van Loon
2018年4月27日

あらゆる業界の動向について人々が議論する際、通常は2つの方向に会話が進みます。ビジネスやITのランドスケープの変化における懐疑、または、時代と共に変化しデジタル・インフラを採用することの重要性について賛同し合うかのいずれかですが、前者は、現代では間違いなく何の価値もない “試行錯誤された”方法に対する献身から生まれました。 後者は、多くのビジネスリーダーと経営幹部が現時点で行う必要があります。

 

デジタルトランスフォーメーションの重要性

経済の大部分は、インフラストラクチャ全体や他のさまざまなコンポーネントが機能するように大きな変化を遂げ始めました。これは、デジタル時代の始まりによるものであり、これは「伝統的な」経済が時代遅れであるという考えになりました。デジタルトランスフォーメーションの重要性は日々飛躍的に拡大しており、いくつかの業界の専門家によると、トランスフォーメーションの完了は2020年前後になると予測されています。

世界的なデジタルトランスフォーメーションが完了するまでには、212億(そう、億です!)の情報源が相互に関連していると推測されています。この規模での関連に追いつくために、今日のビジネスは、クラウドベースのネットワークを介して顧客と接続するだけでなく、同じようなネットワークを介して内部的にリンクされるものに急激に変化しなければなりません。しかしそれ以上に、今日の厳しい市場環境で競争するためには、デジタルコアが必要です。

 

デジタルコアがビジネスに与える影響

ATPとSAPの財務責任のディレクターであるMartin Frimodt氏は、ロンドンでの現在の事業環境におけるイノベーションの重要性に関する最近のプレゼンテーションで、ATPの次世代ビジネススイートがどれだけ革新的な特性を持っているのか、そして、ビジネスがプロセスを実施する方法を内部的にも外部的にも改善することができるかについて述べました。 次世代のビジネススイートは、以下の理由から、幅広いランドスケープへ参入します。

  • そのビジネススイートはデジタルコアの開発を促進し、可能にしました。
  • デジタルトランスフォーメーションは、デジタルコアが適切に機能する必要があるため、有効なビジネススイートは今日のビジネスにとって驚異的に作用します。
  • デジタルプレーンへのシームレスな移行は、企業にとっての聖杯です。 これは、高度なビジネススイートを使用して容易にすることができます。
  • 「費用対効果」がビジネスにとっての話題となる言葉であれば、Martin Frimodt氏によって説明されているように、デジタルビジネススイートは、他のシステムへの移行と比較すると、かなり安価です。

Martin Frimodt氏は発言の中で、安定して機能する一連の金融サービスを提供するため、新しいスイートを将来的にではなく現時点で採用する方法を述べました。彼によれば、既存のシステムを絶えず分析しているだけでなく、移行がどれほどスムーズであるかというレポートを作成したITチームに関する話でした。 すなわち、ITはトランスフォーメーションや新しいスイートへの移行に不可欠ということでした。

このプロセスは現在Frimodtの社内で進行中であり、これまでのところMartin Frimodt氏によれば容易に進めることができました。 これは、新しい効率的なデジタル時代へ自分や他の人々を導くことを目指す企業が、圧倒的な数の問題に直面することなく、実現できる方法を示しています。 ITの世界を財務の世界に持ち込んでいるように見えなくても、良いビジネススイートの助けを借りて行うことができます。

 

移行におけるコスト効率の重要性

地域規模で運営している小規模企業にとって、移行コストは非常に低くなる可能性があります。 これは、転送する必要があるデータの量と新しいシステムに順応する必要があるプロセスの数に比例して少ないためです。 しかし、これは、はるかに大規模な企業、特にあるレベル以上の人事管理と調整に携わる企業には当てはまりません。

そのような企業では、データの整合性を維持しながら、費用対効果の高いソリューションを新しい革新的なシステムに移行する必要があります。 コスト節約という点では、デジタルコアは実際にはプロセスの効率のために有益であることが分かります。

 

なぜこのステージでイノベーションが重要か

イノベーションは、企業やビジネスが取り組むべき最も重要な分野です。 これは、将来的に優位性を獲得しようとする企業どうしの巨大な競争のためだけでなく、デジタル化する将来のために不可欠なためです。

Martin Frimodt氏によると、ビジネスのランドスケープには緊迫感があります。 イノベーションと競争の緊迫感です。 内部システムを革新してより効率的でより優れたプラットフォームに移行する潜在的な利点を集約すると、 その緊迫感がなぜ普及しているかが容易に分かります。

 

イノベーションする理由

以下は、Martin Frimodt氏がイノベーションが必要だと提唱したいくつかのポイントです。

  • Frimodt氏によれば、「あなたの企業がイノベーションをしなければ、まもなく倒産するでしょう」。この引用は、Blockbuster、MySpaceなどの長年にわたり実践されてきた数多くの事例に基づいています。最新のテクノロジーを採用している企業や、新しいテクノロジーを採用している企業は明らかに前進しています。
  • Frimodt氏によると、「若い企業は古い企業にイノベーションの方法を教える必要があります。」と述べています。この​​裏づけは、若い企業の大部分が何年にもわたって存在するイノベーションをしている一方、古い企業は、新しい成長に対応するためにビジネスモデルやシステムを革新し改善することに失敗しています。古い企業がインフラストラクチャの近代化へと成功するには、成長に対応するインフラに変える利点を学ぶ必要があります。
  • 「生き残る最善の方法は、不確実性から脱却することです。」金融業界の不確実性は、世界経済の激しい変化に比べれば、それほど新しいことではありません。ここに足を踏み入れるには、はるかに安定し、時間を節約し、プロセスを全面的に効率化し、より合理化されたインフラストラクチャが必要です。
  • 「イノベーションは、1995年にインターネットでコンピュータを手に入れたようなものです。可能かどうか説明できませんが、それを使って探索するのです。」これは、すべての企業が完全に新しいビジネススイートに移行する可能性が高いからです。しかし、それが妥当であれば、かなり大きなビジネスの成長を望むことができます。

 

翻訳元:

Digital Innovation Starts with a Digital Core

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)