2018.05.11ソリューション , 事例 , 医療 , 業種

AntTail、IoTで医薬品の品質を保証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Jan de Vries
2017年6月13日

昨今、IoTやBig Dataのような破壊的なテクノロジーは、我々の生活や仕事の世界を大きく変えようとしています。
多くの組織では、こうしたテクノロジーの可能性を認識していますがテクノロジ―に対応するための時間とリソースが不足しています。
ほとんどの組織はビジネスの革新ではなく、現在の業務を維持することに重点を置いています。
実は、高速開発プラットフォームを活用することにより、こうした破壊的なテクノロジーを利用する為に多くのリソースを必要としないことに、ほとんどの組織は気づいていません。
こうした組織であっても、高速開発プラットフォームにより簡単にアプリケーションを構築し、破壊的な技術を手に入れることができるのです。
以下の事例は、このような組織の中の1社だったAntTail社が、IoT(Internet of Things)を取り入れることでビジネスが劇的に革新したケーススタディです。

AntTtailが透明性を提供し、IoTを介して医薬品の品質を保証する方法

AntTailは、製品やサービスにIoT(Internet of Things)を採用することで製薬業界共通の課題を解決しました。
AntTailは、温度制御されたサプライチェーンである、いわゆる「コールドチェーン」を通して、医薬品の温度を監視し、輸送を追跡する製品やサービスを、設計、開発、提供しています。
医薬品の温度は、品質基準や規制を満たすための「鍵」と言えるのですが、これは医薬品の物流業務と保管業務の担当者にとっては多くの課題となっていました。

”AntTailは98%の成功率で患者を追跡して通知し、適切な品質を確保しながら適切な温度で薬を保管

薬のコールドチェーンでは、薬は凍結されて保管することによって品質と有効性を担保しています。
しかし、温度の影響を受けやすい薬を利用している患者の90%以上が冷蔵庫のような適切な温度に保管できていないと言われています[1]。
こうした薬品にとっては物流面だけでなく患者側にも温度管理について考えてもらわなければなりません。

AntTailのIoTアプリケーションは、患者に適切な温度で医薬品を保管

AntTailは、IoTアプリケーションを使用することによって、メーカーから患者までの透明性の高い医薬品サプライチェーンを提供することに成功しました。
製薬メーカー、医療提供者、物流企業は、AntTailのポータルで温度を継続的に監視し、製品の品質を保証することができます。
さらにサプライチェーンのどこで薬が凍結温度にされてどこで問題が生じたのか、という情報を提供できるようになったので、問題の発生個所を責任者がすべて把握することができます。

”患者側では、センサーが光を検出します。つまり、患者が箱を開けて薬を服用している可能性があることがわかるのです。

患者側では、AntTailは98%の成功率で患者を追跡して通知し、適切な品質を確保しながら適切な温度で薬を保管することができます。
さらに、このアプリケーションでは患者に所定の間隔で薬を服用するように促すこともできるようになりました。

 薬のセンサーのデータがIoTアプリケーションによって解釈されてユーザーに情報提供

AntTailは、新しく接続された製品を通じてよりスマートな操作を可能にするアプリケーションを開発しました。
センサーは、箱、パレット、または梱包箱に置かれ、倉庫、トラック、または患者の自宅にあるルータに接続して、薬に関するデータを収集します。
これらのIoTエンドポイントは、AWS上のIoTソフトウェアとVodafone IoTで接続され、データはHadoopに保存されます。
AntTailのIoTアプリケーションは、AWSからデータを取得してデータにコンテキストを追加するMendixプラットフォーム上に構築され、データを解釈してユーザーに複数の実行可能な情報として提供します。
現在のユーザーは、医師、薬剤師、患者です。
IoTアプリケーションはセンサーのコンテキストを理解し、各センサに役割を割り当てます。
アプリはセンサーが使用されている場所を考慮に入れているので、その役割を判断して問題があればトリガーをひくことができます。
センサーが所定の時間間隔外の温度にさらされると、警報がIoTアプリケーションに送られるのです。

”AntTailの創業者は、医薬品サプライチェーンの専門知識とビジネスアイデアをIoTアプリケーションに簡単に変換する手段としてMendixを使用しました。

患者側では、温度を測定し、患者の服用間隔を追跡する必要があるため、異なる機能をもったセンサを利用しています。
このセンサーは温度/光を検知できる機能を備えたものです。
センサーが光を検出すると、患者が箱を開けて薬を服用している可能性があることを意味します。
センサーが所定の時間内に光を検出しない場合、アプリケーションから患者にリマインダーを送信します。
温度センサーは薬を正しい温度に保つ必要があり、温度が変わると、例えば、誰かが薬を冷蔵庫から取り出して戻さない場合には通知します。

Mendixを使ってビジネスの専門知識をアプリに変換

低コストのプラットフォームを使用することで、AntTailの創設者は、チームとフロントエンドのIoTアプリケーションを開発しました。
医薬品サプライチェーンの専門知識とビジネスアイデアをIoTアプリケーションに簡単に変換する手段としてMendixを使用しました。
バックオフィスはセンサーからのすべてのサンプルを処理するために、Javaで開発されました。
AntTailは、Mendixのアプリケーションに新しいモジュールを追加することで、ユーザーのニーズに容易に適応できるため、革新的なサービスを継続的に更新して提供することができます。

[1]:B van der Bemtによる科学的研究:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26672907

翻訳元:https://www.mendix.com/blog/anttail-ensures-quality-medicines-iot/

 

Mendixでビジネスを改革しよう

Mendixとは?

無料体験版
(期間制限なしで
利用できます)

ハンズオンセミナー
のお知らせ

質問やご相談
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)