2017.07.24Mendixで課題解決 , Mendixとは?

Mendixのエンジニアが楽しい7つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Mendixのエンジニアが他のプロジェクトのエンジニアとくらべて楽しい7つの理由についてお話しします。

 

1.  あなたがベストプラクティスや避けるべき間違いについて周りに説明することで、アジャイル開発手法をレベルアップさせます。
そして、このあなたの熱意(とあなたが信頼するMendixプラットフォーム)は報われるのです。
まず、2週間以内にアプリケーションを提供して、アプリケーション開発のライフサイクルを迅速に始めます。
そしてすぐに、ビジネス側とのブラッシュアップを繰り返し行うことができます。
あなたはビジネスユーザーに好印象を与えることができるでしょう!

 

2. 他の人達がウォータフォールの開発手法について話すとき、あなたは笑ってしまうでしょう。
彼らが計画を立てている間、あなたは既に忙しく開発をしています。
彼らはフィードバックを収集している間、あなたは既にアプリケーションを修正しています。
これはしてはいけないと思いつつ、以下のイメージについて考えてみてください。

 

3. あなたは全ての開発作業をスピードアップさせるので、.NETやJavaで開発している同僚は後れを取り、あなたに遠く及ばなくなるでしょう。
Mendixが提供するオンライントレーニングを通じてプラットフォームの使用方法を学ぶことで、これは現実となります。

 

4. あなたはフィードバックを簡単に収集して作業をすることにとても精通しているので、ビジネスユーザーからのフィードバックをすぐに受け取り、迅速に更新、再デプロイ、共有することができます。

 

5. あなたの課題を既に解決しているアプリケーション、モジュール、またはウィジェットがMendix App Storeにあることを、あなたは分かっています。
なのであなたは、そのコンポーネントをMendixプロジェクトに追加し、同じものを再度開発しようとしているプログラマーを見ると笑ってしまうでしょう。

 

6. マイクロフローはビジネスロジックを簡単に視覚化してトラブルシューティングを行うことができます。
エンジニアには芸術的な側面があることを知っていましたか?
こんなビジネスロジックを見たことがないでしょう!

 

7. そして何よりも、数時間以内に動かすことのできるアプリケーションをデプロイしたり、数秒以内にフィードバックを実装したときのビジネスユーザーの反応が大好きです。
彼らの驚きようといったら!

 

翻訳元:https://www.mendix.com/blog/7-reasons-mendix-engineers-have-more-fun/
※このBlogはMendix社が作成してビルドシステムが翻訳したものです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加