コラム

Mendix World 2021 Day 1 Report

Keynote

CEO Opening Keynote: Assemble your digital business with low-code

Its Time to Assemble!

Mendixの共同創設者兼CEOであるDerekRoosから、ビジネスに対するビジョンとローコード業界の現状について聞いて、MendixWorldの旅を始めましょう。 Roosは、昨年のMendixの顧客のデジタル化の道のりについての洞察を提供し、重要なビジネスパートナーシップを明らかにし、今後の製品発表に関する早期の洞察を伝えます。

Mendix World 2020から構築された、Mendix社のCEOであるDerek Roosは、Mendixプラットフォームの成功を紹介し、エキサイティングな新しい機能とサービスを明らかにしました。 ビルドシステムはレポートにまとめ、紹介します。

英語

MendixのCEOであるDerekRoosがVirtualMendixWorldの開催をもう一度宣言しました。 Derekは、始めに今年のすべてのメンディックスメーカーに感謝を述べました。彼は、いくつかのビジネス番号と今後の機能について発表、過去1年間のいくつかのサクセスストーリーを紹介、そしてビジネスが直面している課題と、Mendixのローコードがソリューションプロバイダーになる方法について説明することを楽しみにしてました。

Previous Features

Derekは、Mendix Worldの過去1年間と、データ統合、ワークフロー、AIアシストがどのように導入されたかについて言及しています。
過去1年間で、これらのサービスが更新され、世界的に主流になっているため、これはMendix9への明らかな言及だと思います。今年は革命的というよりは進化的であるというヒントがあると思います。次に、デレクは、メンディックスの収益が2019年と2020年の合計を超える道を進んでいると述べています。 Derekは、APACだけでの収益が昨年と比較して400%増加したため、APAC地域についてさらに言及しています。ローコードの強みと価値がアジアでさらに拡大していることは、顧客と潜在的な顧客にとってこの素晴らしいニュースだと思います。

Derekは、Mendixユーザーの主要な数字に触れ、後述する理由から5,000万人のエンドユーザーを強調しました。 Derekは、企業が成功するために乗り越えなければならない困難や課題を認識しており、その成功の主な方法はデジタルトランスフォーメーションであると述べています。さらに、企業が直面してきたITの課題は、主に4つあると述べています。「パーソナライズされた体験」「柔軟なシステム」「リソースとタレント」です。さらにデレクは、「消費と創造の境界が曖昧になってきている」と述べていますが、これはITの世界で市民開発者が目立つようになってきていることを指しているのだと思います。その結果、エンドユーザーと開発者のコラボレーションが活発になってきたのです。

Derekは、開発の未来は組織のデジタル・エコシステムにかかっていると考え、その中核となる原則を示しています。:

  • 誰もがメーカーである。
  • ソフトウェアが組み立てられる
  • アプリケーションは誰でもカスタマイズが可能である
  • 消費者はプロバイダーになる

ここで、デレクの基調講演の中心となる部分である、次世代のイノベーションをみんなのデジタルエコシステムで実現するための4つのステップが紹介されます。


ステップ1:すべてのメイカーを組み立てる


ここでDerekは、AI Assist、Data Hub、Workflow、Mendix Basic EditionといったMendixの最新機能について語ります。さらに、品質、スケーラビリティ、セキュリティを管理するために、Mendixは昨年、Control Centerと呼ばれる新しい機能を導入しました。最後に Derekは、コンチネンタルを例に、社員が活性化して市民開発者になっていることを紹介し、最初の発表である「エンドユーザーサービス」を紹介します。
先に述べたように、 Derekは5,000万人のエンドユーザー全員が市民開発者になるという現実的な可能性について言及しています。SSO(シングル・サインオン)を利用することで、ユーザーはデータハブやワークフローにアクセスしてMendixアプリケーションを渡り歩き、テンプレートを使って、あるいはゼロから新しいアプリケーションを作ることができます。これらはすべてMendix Control Centerによって監視されているので、プロダクトオーナーはセキュリティを管理し、何が作成されているかを確認することができます。これは、アプリケーションサービスの優れた追加機能だと思います。これは、利用可能なフィードバック・ウィジェットの次の進化形のようなものですが、エンドユーザーがより多くの貢献をできるようになったことで、コントロール、柔軟性、機会が増えました。

ステップ2:ビルディングブロックを組み立てる

ここでDerekは、Mendixが「再利用可能なビルディングブロックとAPIの構築に注力することで、価値創造の時間をさらに短縮することができます」と述べています。Derekは、チューリッヒのケーススタディとして、30以上のアプリケーションにコネクタが全社的に使用され、わずか12ヶ月で数多くのアプリケーションを再構築したことを紹介しています。
続いてDerekは、Mendixを利用しているもう1社の顧客として、中東を拠点に60カ国で事業を展開している宅配便会社のAramexを取り上げました。この会社のビジネスはUberと似ていて、昨年は需要が大幅に増加したため、ドライバーをクラウドソーシングで集めています。しかし、同社のビジネスモデルを適応させるために、メンディックスのパートナーであるAvertra社とチームを組みました。Avertra社は、30種類のベストプラクティスのワークフローテンプレート、API、事前に構築されたアプリサービスのライブラリをすでに構築していました。その結果、Aramax社では何年もかかっていたものが、数ヶ月で完成しました。今では5000人のドライバーが新たに加わり、この1年間で1800万個の荷物を届けたという

続いてDerekは、Marketplaceに登場する12のアプリサービスを発表します。特に注目すべきは、SlackとMicrosoft Teamsの統合を含む、コミュニケーションサービスです。しかし、サービスを利用するだけでなく、公開することで、「顧客とサービス提供者の境界線が曖昧になり、デジタルエコシステムが成長する」とDerekは述べています。さらにDerekは、保険会社がE-bikeショップに保険を直接販売させることができるという例を挙げています。つまり、お客様がE-BIKEを購入する際に、ワンクリックで保険にも加入できるようにするのです。
さらにDerekは、次のようにApp Services Frameworkを発表しました。App Services Frameworkは、クラウドベースのサービスを収益化するために、構築から公開までのライフサイクル全体を管理するツールとAPIを提供します。より詳細な情報が必要です。


ステップ3:ソリューションの組み立て


ここでDerekは、Time Series社の買収と、彼らがいかにして「業界で成功したテンプレートの素晴らしいライブラリ」を開発したかについて語っています。Time Series社の詳細については、こちらをご覧ください。その結果、Mendixはこれらのテンプレートのうち20種類をMarketplaceで提供することになりました。その範囲は、製造業向けのスマート・ウェアハウジング、プレディクティブ・メンテナンス、フィールド・サービス・プランニング、ワークプレイス・マネジメントなど多岐にわたります。さらに、KYC(Know Your Customer)、ポートフォリオ管理、信用格付け、見積・購入、クレーム管理など、銀行・保険業向けのテンプレートも用意されています。

さらにDerekは、ますます多くのお客様がより多くのテンプレートを求めていることを説明します。さらにDerekは、The Config Teamの例を紹介します。The Config Teamは、SAPの上で倉庫業務を合理化し、サプライチェーンの可視性を向上させるために、モバイルアプリケーションのスイートを成功させ、垂直型SaaSソリューションを構築しました。また、Magnus Oil社やClevr社の例も紹介しています。これらの会社では、これらのテンプレートを使ってビジネスをさらに促進しています。

これらのケーススタディをもとに、Derekは固定型のSaaSソリューションは過去のものであり、アダプティブ・ソリューションが未来のものであるという次の主旨を述べています。そしてDerekは、これらのソリューションには「顧客独自の要件に合わせて簡単にカスタマイズ、拡張、パーソナライズできる再利用可能なコンポーネント」が使われていると言います。この再利用可能なコンポーネントがもたらす課題を、デレクはソリューションプラットフォームの発表によって解決できると考えています。ソリューションプラットフォームには、IP(知的財産)保護、拡張性、保守性、計測・課金の4つの重要な機能が含まれており、お客様がカスタマイズして深みのあるソリューションを的確に商品化することができます。

ステップ4:デジタルエコシステムの構築
Derekは、Mendixの20万のアプリケーションと5,000万のユーザーという数字を紹介し、パターンとベストプラクティスが生まれることを示しています。また、多くのお客様が業界固有の事例を求めていることから、業界クラウドを構築しました。このクラウドでは、同じ業界の開発者が接続し、それぞれの業界に適した購入可能な資産にアクセスすることができます。現在、2つの業界クラウドがあります。将来的には、さらにいくつかのインダストリー・クラウドを作成する予定です。

インダストリークラウドのデモが簡単に行われた後、デレクは再び戻ってきて、基調講演の主な4つのポイントを紹介しました。All Makersを集め、Building Blocksを集め、Solutionsを集め、Digital Ecosystemを集めよう。

最後に、デレクは主にビジネスサイドの人々をターゲットにしていたと思いますが、過去、現在、そして未来の成功の要素をMendixプラットフォームを通じて見ることができたのは良かったと思います。さらに、Virtual Mendix Worldが昨年に続いて2年目を迎えたことで、APJ(アジア・パシフィック・ジャパン)地域の大きな成功が評価されたことも喜ばしいことでした。

Is low-code the Renaissance of custom development? A discussion with Accenture Digital

業界としてのローコードは近年急速に進化しており、人気が高まる一方で、機能と可能性に関する誤解も高まっています。アクセンチュアデジタルは、変革戦略とソリューションを提供するリーダーとして、ローコード業界の状況、トレンド、および顧客の見通しについて独自の視点を持っています。アクセンチュアのローコードリーダーであるDavid SteuerとPeter Daleyは、Mendixの製品マーケティング責任者であるSheryl Koenigsbergと、アプリケーション開発の民主化とクラウドへの道のりを加速する推進力としてのローコードの潜在的な影響について戦略的な話し合いを行います。インテリジェントな自動化に貢献します。

アクセンチュアのインテリジェントテクノロジーパートナープラクティスのグローバルリード、David Steuer

Mendix、グローバル製品マーケティング責任者、Sheryl Koenigsberg

アクセンチュア、マネージングディレクター、Peter Daley

Low-code at scale in Siemens AG: Managing over 120 applications and 123,000 active users

変化を受け入れて適応する能力は、企業内のイノベーションの最新の触媒です。シーメンスAGの場合、迅速なデジタル化の必要性には、より優れたコラボレーションを提供しながら、内部システムと外部システムを橋渡しできるソリューションが必要でした。 MendixとSiemensSolutionArchitectの専門家であるTimHerdenとのこのセッションでは、Siemens AGがアジャイルを採用し、アプリファクトリを構築し、ITとビジネスの両方の利害関係者を結集することにより、ローコード開発を大規模に成功させる方法を説明します。

シーメンスAG、ITサービスマネージャー、Ramona Kipke

フレデリク・ヤンセン、IT戦略およびガバナンス担当副社長、シーメンス、シーメンスAGのITボードのメンバー

フィリップ・ルッツ、Mendix DevOpCenterリード、Siemens AG

Building 10 applications to power SAP S/4HANA implementation with Van Marcke

SAP S / 4HANAの実装の過程で、Van Marckeの小さな開発チームは、大きな変更要求とスキルのギャップに苦しんでいました。チームは、開発チーム全体で共通の言語であるローコードを使用してプロジェクトを加速する機会を見出しました。これは、コアをクリーンに保つという戦略の柱になりました。 Van MarckeITディレクターのStijnHoegartsとパートナーのMendifyから、最初のローコードプロジェクトの選択、長期IT戦略のプレーヤーとしてのローコードのマーケティング、開発需要の増加に伴うガバナンスへの取り組みについて聞いてください。

Jan Ickroth、マネージングパートナー、Mendify

Stijn Hoegaerts、CIO、Van Marcke Trading Company

Xcelerating Digital transformation in manufacturing with Mendix

俊敏性、生産性、革新性の向上は、特に過去1年間、製造業者にとって重要な機能でした。デジタル化の課題に直面している組織は、成功を維持し、競争力を維持したい場合、ソリューションのエコシステムを構築および活用する方法を変更する必要があります。シーメンスXceleratorポートフォリオの一部であるMendixローコードプラットフォームは、メーカーが貴重なデータを活用し、既存のシステムに接続し、ユーザーフレンドリーなデジタルUIを提供して、サプライチェーン全体の企業をサポートするのに役立ちます。 MendixのIndustrialManufacturingCloudのVPであるRaffaelloLeprattiは、製造リーダーが今年のMendixWorldで業界のローコードで何が可能かを確認するためのガイドを提供します。

Mendix、Industrial Manufacturing Cloud、バイスプレジデント、Raffaello Lepratti

Enable business makers to solve business problems at scale

ビリティを損なうソリューションを構築することがよくあります。プロダクトマネージャーのArjanHendriksenは、ビジネスメーカーが単独で、またはITと共同でアプリケーションを構築するのを直感的に行えるようにする、Mendixの機能を共有します。そして、規模を拡大するときに、どのようにして彼らの仕事の監視と管理を維持できるか。

Mendix、プロダクトマネージャー、Arjan Hendriksen

一覧に戻る