コラム

【11/2ウェビナーレポート】ローコードツールの利活用第一弾【Mendixでキャリアアップ】

 

Mendixとビルドシステムによる共同ウェビナーのローコードツールの利活用第一弾のレポートをご紹介いたします。

 

ローコードツールと聞くと「簡単にアプリが作れるツール」とイメージを持たれている方も少なくないと思います。
このイメージは間違ってはいないのですが、ローコードツールを「簡単」だけで終わらせてしまうのは勿体ない。
今回はそんなローコードツールの利活用方法をご紹介するウェビナーを開催いたしました。

 

 

 

ウェビナー概要

【開催日時】
2022年 11月 2日(水) 10:00-11:00

【アジェンダ】
・Mendixでキャリアアップ
・VCSが組み込まれたPaaS環境
・Webアプリ開発デモンストレーション
・Mendixでローコード開発技術者になる
・ビルドシステムのセミナーロードマップ

【主催】
シーメンス株式会社、株式会社ビルドシステム

 

Mendixでキャリアアップ

Mendixでキャリアアップ??と思われるかもしれませんが、それには昨今のデジタル化の流れが大きく関係しています。
手作業で行っていた業務がどんどんデジタル化されていく中で、CloudサービスやWebアプリが多方面の業務にも取り入れられてきております。
OSに依存する事なく使用できるWebアプリは今後ますます人気になり増えていく事が予想されており、
更にPWA(*)のPush通知がAndroidに加えiPhoneもiOS16から対応するとAppleが発表しております。
PWA開発の需要拡大に伴い、早いサービス展開の業務の開発も増加していくと思われます。
Mendixはこれらを高速で開発出来るローコード開発のプラットフォームであり、アジャイル開発を前提としたツールとなっております。

Mendixを利用する事で新たな技術を習得し、ご自身のキャリアアップへと繋げる事が出来ます!!

(*) PWA : Progressive Web Apps。モバイル向けWebサイトをスマートフォンアプリのように使えるようにするための仕組み

 

VCSが組み込まれたPaaS環境

MendixではMendix StudioとMendix Studio Proという2つの開発環境が提供されておりますので、ご自身に合った開発環境を選ぶ事が可能です。
両開発環境ともに無料のアカウントで使用出来ます。
※アカウント作成時にはgmailなどのフリーメールは使用不可。

Mendix StudioとMendix Studio Proの違いと特徴

Mendix Studio

  • ノーコード開発が行える
  • 開発はブラウザからMendixのPaaS環境に接続するだけで行える
  • アプリは全てMendixサーバー上でデプロイ
  • Mendix Studio Proよりは使用出来る機能が限られている

Mendix Studio Pro

  • ローコード開発が行える
  • 開発はMendix Studio ProをPCにインストールして行う(※現在はwindowsのみ対応)
  • PaaSでもIaaS(AWS)でもオンプレミスでも開発可能
  • Subversion/Gitによるバージョン管理システム
  • 他社システムでは出来ない完全ローカル開発が行える

 

Webアプリ開発デモンストレーション

Rapid Developerトレーニングで作成するアプリに帳票機能を+αしたアプリを用いて、
実際に参加者の皆様にアプリを操作して頂いたり、Medix Studio、Mendix Studio Proを使用し機能の追加やデザインの修正の様子をご紹介いたしました。

デモアプリ

Mendix Studio

Mendix Studio Pro

 

Mendixでローコード開発技術者になる

Mendix公式のトレーニング、日本国内向けはビルドシステムだけが行っております!!
ビルドシステムではMendixでローコード開発技術者になる為のトレーニングをいくつかご用意しております。
少しでもご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

ビルドシステムのセミナーロードマップ

ビルドシステムが考えるMendix技術者のロードマップ(エンジニアレベル)

 

ビルドシステムが考えるMendix技術者のロードマップ(Mendix公式資格レベル)

トレーニング一覧

Mendix公式資格レベルトレーニングコース
Expert※システム連携Ⅱ(SAP/Salesforce) (ビルドシステム オリジナル)
※Solution Architecture Workshop (Mendix Official)
Advanced※システム連携Ⅰ(ユーザ認証/DB) (ビルドシステム オリジナル)
※Advanced Developer Course (Mendix Official)
Intermediate※UI/UX デザインコース (ビルドシステム オリジナル)
Intermediate Developer Course (Mendix Official)
Rapidイントロダクションコース (ビルドシステム オリジナル)
ハンズオンセミナー (ビルドシステム オリジナル)
Rapid Developer Course (Mendix Official)

※が付いているコースは現在準備中です。

ご自身のレベルにあったトレーニングが受講出来るよう、内容の充実したトレーニングを今後増やしていく予定です。
是非スキルアップにビルドシステムのトレーニングをご活用下さい!!

 

次回のウェビナー情報

【開催日時】
2022年内予定

【ウェビナー内容】
Developer Portal詳細説明

皆様も気になる有料環境のみ使用出来る機能を実際の画面をお見せしてご紹介。
その他にも有益な情報盛り沢山でお届け。

【主催】
シーメンス株式会社、株式会社ビルドシステム

※ウェビナー内容は変更になる場合がございます。

ウェビナー再配信中

ウェビナーに参加できなかった方、もう一度ウェビナーを見たい方に向けて再配信を行っております。

是非お楽しみ下さい!!

リンクはこちら

一覧に戻る