2019.06.14AI , IoT , Low-Code Platform , Mendixで課題解決 , Mendixとは? , PaaS , SAP , アプリ開発 , デジタルトランスフォーメーション

Mendix「Spring ’19」を発表:大規模なエンタープライズローコードアプリケーション開発の可能性を最大限に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
MENDIX WORLD、ロッテルダム、オランダ- 2019年4月16日

 シーメンスグループでありノーコード/ローコードアプリケーション開発の世界的リーダーであるMendixは、市場をリードするローコードプラットフォームのメジャーアップデートとして「Spring ’19」を発表しました。 この最新バージョンでは、プラットフォームの性能と機能を向上することにより、企業のデジタルとリアルの世界を融合し、デジタルイノベーションのイニシアチブを発揮することが可能になります。「Spring ’19」のリリースにより、Mendixはデジタルの未来を牽引する新しい強力な“メイカームーブメント”を起こし、アプリケーション“メーカー”の世界を劇的に拡大します。エンタープライズ規模のアプリケーションをサポートすることでプラットフォームとしてのリーダーシップを高め、アプリケーション作成機能とプラットフォーム機能の両面でスマートなテクノロジを推進します。

今回の「Spring ’19」リリースでは、デジタルトランスフォーメーションのイニシアチブをより一層追求するため、組織内のあらゆるスキルレベルに向けた機能を提供します;
IoT(モノのインターネット)を通じてリアルな世界とデジタルの世界を統合する
・SAP / S4HANAへの移行
・ユーザーを楽しませ、エンゲージメントを向上させる
・より価値の高いネイティブモバイルアプリを展開する
・企業のあらゆる場面でアプリケーションを構築しマルチクラウド環境に移行するため、ローコード/ノーコードのビジュアルモデルを活用できる開発者を創出する

Mendixの創設者兼CEOであるDerek Roosは、次のように述べています。「「Go make it!(作りましょう!)」ビジネスアナリスト、マーケティングディレクター、CIO、工場フロアマネージャ、CDO、アーキテクト、アプリケーション開発マネージャ、エキスパート開発者など社内のあらゆる人々が、ビジネスを再発明し、顧客により良いサービスを提供するため、Mendixプラットフォームを利用することができます。AIやスマートテクノロジーなど場面や状況に適したものを使用して、既存のすべてのリソースを活用するエンタープライズクラスのアプリケーションを作成するためには、妥協のないローコードプラットフォームを利用することがなによりも大切なことです。そしてこれらはすべて「Spring ’19」で実現することができるのです。」

 

「Spring ’19」の機能は以下の通りです。

1.ノーコードを実現するシチズンデベロッパー向けの開発環境「Mendix Studio」と、ローコードでプロの開発者のニーズに応える「Mendix Studio Pro」

Mendixのノーコードとローコードの統合開発環境であるStudioとStudio Pro;あらゆる人にマッチしたデジタル化への推進力を提供します。グローバルで危機的状況にある開発者不足は、アプリケーション開発を大きく妨げ、業務のデジタル化に大きなインパクトを与えています。Mendixは、企業がこの重大な課題に取り組むための人的リソースを最大限に発揮できるように支援します。新しいMendix Studioは、ビジネスの課題や目的に最も近いビジネス側のシチズンデベロッパーがアプリケーションのアイデアや作成に積極的に参加できる、視覚的なWYSIWYGツールです。Mendix Studio Proは、コードをカスタマイズする機能など、完全な制御や柔軟性を備えた複雑なエンタープライズアプリケーションを作成するための高度な機能をプロの開発者に提供するビジュアル開発環境です。StudioとStudio Proを組み合わせることで、双方向に機能し、ビジネス側とIT側を連携させてコラボレーションし、企業の収益を増大させ、ビジネスの成果を最適化するために必要なアプリケーションを提供できます。

 

2.真のネイティブモバイル開発機能:効率をアップし顧客エンゲージメントの大幅な向上を可能にするネイティブモバイルスマートアプリケーションを迅速に開発することにより、イノベーションを実現に導く。

真のネイティブモバイル開発;最初で唯一のネイティブモバイルローコードアプリ。モバイルアプリに対するユーザーの期待は、モバイルデバイスの機能やマルチエクスペリエンスアプリの可能性と共に高まり続けています。Mendixは、さまざまなスキルの開発者が、簡単で効率的にローコード開発をし、消費者向けのネイティブモバイルアプリケーションを提供できる、唯一のローコードプラットフォームです。広く採用されているReact Nativeフレームワーク上に構築されたMendixモバイルアプリは、ネイティブジェスチャー、インタラクション、速いパフォーマンス、モバイルデバイスに期待される機能を可能にします。また、開発者がデバイス上でARや機械学習を使用して、よりスマートでコンテキスト対応のガイド付きユーザーエクスペリエンスを作成することができます。そして、「オフラインファースト」アプローチにより、Mendixのネイティブモバイルアプリは、電波が届きにくい、または届かない場合でも、常に優れたエクスペリエンスを提供します。

 

3.SAP向けMendix:SAPとのネイティブな統合により、Mendixで構築したアプリケーションをSAP HANAのインメモリデータベース上で直接実行することができ、SAP ECCからS/4 HANAへの移行が可能。

SAP HANAへのローコードのサポート;SAP HANA専用のローコードサポート。「Spring ’19」のリリースで、MendixはSAP HANAとシームレスに統合する唯一のローコードプラットフォームとなりました。現在企業は、SAP HANAのスピードと効率を利用してビジネスプロセスを合理化し、従業員や顧客がデジタルに関わる機会を追求したトランザクションアプリケーションと分析アプリケーションの両方を作成できます。Mendixは、SAP HANAのこれまでにないパフォーマンス、ガバナンス、セキュリティ、データ分析を備えた、ビジネスに不可欠なアプリケーションをSAPの基幹と同じデータ層に迅速に提供することを可能にします。また、シチズンデベロッパーとしてビジネスプロセスの効率化に貢献する経営企画担当者とシステム開発者、両方がSAP HANAアプリケーションを作成できるようにすることで、より多くの人がビジネスを革新しSAP HANAの恩恵を受けることができます。

 

4.コンテナ化サポートの拡張により、Mendixはプライベート、パブリック、ハイブリッドのあらゆるクラウドで実行可能。

パブリック、プライベート、そしてハイブリッドのあらゆるクラウド戦略のサポート ;パブリッククラウド、プライベートクラウド、あらゆるクラウド。Kubernetesとの完全統合と、お客様のAWSアカウント上のMendixクラウドのMendix管理インスタンスであるMendix Cloud Dedicatedの導入により、Mendixは、すべてのクラウドストラテジー(パブリック、プライベート、ハイブリッド)を完全にサポートし、IBM Cloud Private、RedHat OpenShift、AWS、Azure、SAP Cloud Platformなど、あらゆるクラウドへの簡単な展開と管理を提供します。

 

5.MendixAIエンジン第2世代「Mendix Assist」:開発者のキャッチアップ時間を短縮し、生産性を向上させ、ソフトウェアの品質を向上。95%のMendix Assist精度。

初のAI支援ローコードIDE。Mendix Assistは、第2世代のAIエンジンであり、95%の精度で提供する長期的なAI戦略の一部です。シチズンデベロッパーのキャッチアップ時間を短縮し、開発者の生産性を向上させ、アプリケーションの品質を向上させるために、AIの機能を活用するように設計されています。Mendix Studio Proでプロの開発者が利用できるようになったMendix Assistは、仮想のペアプログラマーとして機能し、次のステップ、ロジックフローのダブルチェック、潜在的なエラー発生などを予測します。昨年発表された業界初のAI支援であるシチズンデベロッパーのMendix Assistは、学習プロセスを簡素化し、新しいユーザーを段階的にアプリ作成プロセスに導く仮想チューターとして機能します。

 

6.Mendixと産業用IoTまたは(IIoT)であるSiemens MindSphereとの完全統合

Mendixと産業用IoTまたは(IIoT)であるSiemens MindSphereとの完全統合;リアルな世界とデジタルの世界をつなぐ。Mendixはシーメンスと共同し、シーメンスが市場をリードする製造業の生産技術のために、ローコードを活用してプロセスを最適化し、効率を最大化し、顧客により良いサービスを提供するための新しいビジネスモデルを開発するために必要な洞察とインテリジェンスを備えた「モノのインターネット(IoT)」のアプリケーション開発に革命をもたらします。

 

「ローコードプラットフォームは、企業が彼らのデジタル未来創造にアプローチする方法を再定義しています。」とRoosは述べました。「そして、Spring ’19リリースは、ローコードが大規模なエンタープライズアプリケーション開発を可能にする方法の新たな基準を打ち立てることができました。」

 

翻訳元:

Mendix Announces Spring ’19 Release; Unleashes Full Potential of Enterprise Low-Code Application Development at Scale

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)