コラム

MendixインテリジェントソリューションはAIとMLのアップデート 2021年

開発者は、目的に合わせて構築された企業のニーズに合わせて再利用可能なサービスを簡単かつ迅速に活用できるようになりました

  • パッケージ化された「スマートサービス」、ワークフローテンプレート、および拡張されたDateHubにより、開発者はインテリジェントな自動化をより簡単に実現できます。
  • Mendixは、企業内の外部およびカスタムのデータソースを接続する新しいフレームワークにより、プラットフォームのコア機能を強化します。

シーメンスグループの一員であり、企業向けローコードアプリケーション開発のグローバルリーダーであるMendix社は、本日、デジタルファースト経済に向けた高価値ソリューションの提供を加速させる強固なプラットフォームの強化を発表しました。Mendixローコード・プラットフォームの新たに強化された機能は、「ビジネス・イベント」の導入、メーカーとエンドユーザー双方のための人工知能への実質的な新規投資、次世代のスマート・サービスとワークフローの導入により、すべてのメーカーが企業のためのインテリジェント・ソリューションの次の波を指揮することを可能にします。

「Mendixメーカーは、より速くするという継続的なプレッシャーにさらされています。ローコードを採用して開発を加速した後も、チームはソフトウェアデリバリーに対する期待の高まりに直面しています」と、最高技術責任者のJohan den Haanは述べています。「プラットフォームの方向性として、メーカーは常にソフトウェアをゼロから書くのではなく、ソリューションを組み立てるために必要なデータやコンポーネントをより簡単に見つけて接続できるようにすることを目指しています」と述べています。

Data Hub 2.0は、ビジネスイベントを一級市民として追加します

デンハーンのMendix世界の発表のハイライトは、機能強化の重要なセットだったDataHub、最初として昨年のイベントで導入された「統合のための低コード。」新しい機能により、任意のシステムまたはアプリケーションからデータを検出、作成、および変更するプラットフォームの機能が大幅に拡張されます。強化されたデータカタログにより、企業全体のさまざまなプラットフォーム、データレイク、およびデータウェアハウスからの大量のデータの接続、フィルタリング、および利用が容易になります。

den Haanが発表したもう1つの重要な機能は、ビジネスイベントの導入でした。カタログ内の検索可能なエンティティとして、ビジネスイベントは、任意のアプリケーションモデル内のStudioProで使用できるネイティブのプラグアンドプレイ要素に昇格されます。ビジネスイベントを追加することで、Mendix開発者は、特に新規顧客のオンボーディング、支払い処理、サポートチケットなど、エンドユーザーの満足度が最優先されるユースケースで、アプリケーションをより簡単に提供できます。

「ビジネスは本質的にイベント駆動型であり、毎日何千もの重要な個別のイベントが発生します」とdenHaan氏は述べています。「企業内のすべてのビジネスイベントの全体像と、イベント駆動型アプリケーションを管理およびトリガーする機能は、真にインテリジェントな方法でビジネスプロセスを自動化するための重要な要素です。」

Mendixは、企業全体の既製のデータソースとカスタムデータソースの両方に簡単に接続するためのメカニズムを提供する、DataHubの新しいコネクタフレームワークも発表しました。den Haanが強調した主要なコネクタには、Dropbox、Slack、Microsoft Sharepoint and Dynamics、Twilio、Salesforceなどの業界に共通のデータソースが含まれていました。さらに、SAPおよびSiemensTeamcenterデータソースの業界固有の接続性が発表されました。

開発用AIとアプリケーション用AI

Mendix Worldの2日目には、迅速なアプリケーション開発を可能にするMendixローコードプラットフォームの先駆的な機能として、AI関連の2つの重要な発表が行われました。 まず、デンハーンは、Mendix Assistスイートの3番目のボットを紹介しました。Page Botです。Page Botは、Mendix開発者が匿名化された何億ものデータポイントから学習したパターンに基づいて、ソフトウェア開発者のUIやUXの構築をガイドします。この最新のMendix Assistは、StudioおよびStudio Proで利用可能で、デザインやスタイリングをリアルタイムに提案し、ベストプラクティスに基づいた消費者向けの魅力的なUI体験を開発します。

Page Botは、マイクロフローを作成する開発者に次のステップのロジック支援を提供するMendix Assist Logic Botの高速で拡張されたバージョンと、アプリケーションがパフォーマンスを最適化するアーキテクチャパターンに従うことを保証するPerformanceBotに加わります。

Mendixが開発したアプリにカスタムの機械学習モデルを組み込むことを検討している組織向けに、denHaanはMendixMachine Learning(ML)キットも発表しました これは、ビジネスプロセスとエンドユーザーの満足度が、独自のデータセットに対して実行したり、カスタムパラメータをキーオフしたりするモデルなど、特殊な機械学習モデルに依存している場合の重要な機能です。

Mendixは、MLキットを使用して、ローコードの抽象化と自動化を、AIモデルの複雑で面倒な統合に適用しています。ML Kitは、RESTサービスとAPIの典型的な複雑さを避け、自動翻訳と実行を備えた機械学習モデルのドラッグアンドドロップをサポートします。den Haan氏は、「開発者にとって、専用の関連するアプリの組み立てが容易になり、アプリケーション自体がエンドユーザーにより多くの価値を提供します」と述べています。

スマートAppServicesは、インテリジェント機能の新しい波をリードします

インテリジェントな自動化を中心としたイノベーションへのMendixの取り組みは、単なるプラットフォーム機能を超えています。エコシステムへの重要な投資の一環として、Mendixは、開発者が複雑なアプリケーションを組み立てる際の有利なスタートを提供するSmartAppServicesの新しいスイートも発表しました。

これらのサービスは、ビジネスワークフローをデジタル化するための非常に強力な基盤を提供し、ドキュメントデータのキャプチャ(請求書や領収書の処理など)、認知サービス(言語や感情の検出など)、メッセージング(電子メールやMicrosoft Teamsなど)を中心とした機能を備えています。AppServicesは柔軟でアクセス可能な機能であり、既存のアプリケーションを拡張したり、Mendix Marketplaceを通じて取得したソリューションを強化したり、薄いアプリケーション層だけで展開されるサービスとして使用したりできます。

インテリジェントな自動化を提供する組織の能力を強化するために、Mendixは、Mendixアプリケーションの一部としてMendixワークフローエディターで使用するように設計されたビジネスプロセス用の新しいワークフローテンプレートも発表しました。これらのテンプレートは、HR、財務、マーケティングにまたがる一般的なビジネスアクティビティのワークフローを備えており、ビジネスユーザーがこのデジタルファースト環境で仕事を行えるようにするソフトウェアの開発に参加できるように設計されています。

Den Haanは、インテリジェントな自動化を実現するためのこれらの新機能の価値について次のようにコメントしています。構成可能な企業。」簡単に言えば、メーカーは、利用可能なベストプラクティスに基づいて構築し、アプリですぐに使用できるようにすることで、ソリューション開発を加速することができます。」

翻訳:https://www.mendix.com/press/mendix-puts-intelligent-solutions-in-the-hands-of-all-software-developers/

一覧に戻る