2019.02.06Mendixガイド , Mendixへようこそ , 概要

なぜMendix社が設立されたのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1. なぜMendixが設立されたのですか?

Mendixの創設者は、ビジネスニーズを満たすソフトウェアを提供することは非常に難しく、成功するより失敗することがより頻繁にあることを知りました。Mendix社は、ソフトウェア開発において当然のことと考えられていた思想や価値観を劇的に変化することで大幅に改善される可能性があるという考えに基づいて設立されました。それがまさにMendixが導入したものです。

2. どのようにして始まったのですか?

2000年代初頭に時計を巻き戻します。 Mendixの創設者の一人(Roald Kruit)は、フリーランスの開発者としてソフトウェアを開発していました。しばしば、彼は、長時間作業し、最善を尽くしたにもかかわらず、顧客(多くの場合、ビジネス側を意味する)が結果に満足できないのだと気づきました。前もって大量の機能要件文書を作成しても、問題解決には役立ちません。その結果、イライラする顧客と、イライラしながらますますやる気を失う開発者がいることになります。

なぜ起こり続けるのでしょうか? Roaldはすぐにビジネスを理解していないことに気付きました。ソフトウェアがどのように機能し、どのように見えるべきかについて、ビジネス側とIT側の双方に多くの暗黙の前提があります。認識を合わせても、翌日になると顧客の要求は意識的または無意識的に変化し、それによってプロセス全体が振り出しに戻ります。なぜビジネス側は自分たちの欲しいものを決められないのでしょう?この問題の根本から解決するために、RoaldはMBAを取得します。彼は研究から、実際にギャップがどれほど大きく、そしてどれほど根本的なものであるかについての完全な見解を得ました。

どの組織でも、ビジネス側とIT側の人々は、本質的に異なる方法で考え行動します。 そのギャップが埋まらない限り、どのようなソフトウェアプロジェクトでも遠隔で成功する可能性はほとんどありません。

3. Mendixを設立するために導いた哲学は何でしたか?

次のステップとして、Roaldは、要件を見つけてソフトウェアを設計するために、フローチャート、ユーザーインターフェイスのモックアップ、プロセスマッピングなどのビジュアルツールの使用を開始します。 これにより、ビジネス側はコーディングが行われる前に要件を検証でき、開発者は要件をさらに細かく解析しなければならないという問題を解決できます。 これは非常に有益な前進ですが、Roaldにはさらに3つの問題がありました。

  • 一度検証すると、大部分の思考プロセスは要件と設計段階で行われているため、実際のコーディングがそれほど面白くありません。
  • プログラミングはしばしば多くの繰り返しタスクを含んでおり、結局それは開発者を幸せにしません。
  • 急速に進化するプログラミングツールや言語の最新情報を入手することは、ますます難しくなっています。 1人の開発者がバックエンドツール、フロントエンドツール、データベースツール、そして、さまざまな運用システムを同時に習得することは事実上不可能です。 これは特定のスキルを持つ開発者に強く依存し、それはソフトウェア開発プロジェクトに対してかなりのリードタイムになります。

一方、Mendixの他の2人の創設者(Derek RoosとDerckjan Kruit)は、反対側からのビジネス側とIT側のギャップを経験していました。 彼らは以下の質問をしています。

  • IT側にとって明らかなビジネスニーズを理解するのが難しいのはなぜですか。
  • これほど多くのITプロジェクトが失敗し、時間とお金が無駄になるのはなぜですか。

これは2005年の話で、Mendixはビジネス側とIT側のギャップを埋めるために革新的なアプリケーションを提供し、他と差別化するための全く新しい方法を組織や人々に提供するために設立されました。

これは、テクノロジーとプロセス両方において新しい方法です。

4. Mendixは4GLとどう違うのですか?

Mendixの創設者たちは、4GLツール(将来の遺産を生み出す)の落とし穴を避けて、ビジュアルモデル駆動開発(MDD)を実現しようと試みました。 このアプローチの2つの核となる原則は抽象化と自動化です。

  • 抽象化 – ソフトウェアアプリケーションモデルは、従来のコーディングよりも抽象化して定義されます。
  • 自動化 – モデルは、自動変換または解釈実行で実用的なアプリケーションに変換されます。
1

Mendixでは、MDDは最初から最後まで視覚化されます。 これにより、顧客が関与し、要件が常に最適化され、開発サイクル全体を通じて調整されるようになります。 開発者が作業できるように、Mendixはどのモデルも拡張可能です。 このようにして、MDDの利点を無駄にすることなく、アプリケーション機能を構築し最適化することができます。

5. ビジネス側とIT側のギャップを埋める開発プロセスは何ですか?

Mendixは、ビジネス側とIT側のギャップを埋めるために、テクノロジー以上のものが必要であることを常に思っていました。 主要なユーザーや利害関係者があらゆる段階で関与できるようにする反復的でアジャイルなプロセスが必要であり、素早く試して現場からフィードバックすることを可能にしました。

このプロセスは、どのソフトウェア開発プロジェクトにも適用でき、高速で視覚的なMDDと反復的なアジャイルプロセスとの独自の組み合わせにより、開発が大幅にスピードアップします。 同時に、顧客が結果に満足し、多くのフラストレーションを取り除き、そして顧客を成功に繋がります。

そしてMendixが誕生しました。

6. なぜ「Mendix」という名前になったのですか?

Mendixという名前は、”to mend“(修復する)という動詞から派生したもので、破壊されたり、引き裂かれたり、汚されたなどのものを修復することを意味します。 Mendixはアプリ配信プロセスを修復するためにあります。

Mendixは、ビジネス側とIT側との間の根本的なギャップをうまく埋めることによって、ソフトウェアの世界で企業が成功するのに役立つ人々で溢れています。

 

翻訳元:

https://www.mendix.com/evaluation-guide/why-founded

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)