2019.09.25DevOps , Mendixガイド , アプリケーションライフサイクル

運用、デプロイ、リリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1 Mendixはステージングとデプロイをどのようにサポートしますか?

ステージングとデプロイはDevOpsプロセスの重要な部分であり、適切なガバナンスと制御を適切に行うことで、新しいバージョンを迅速にリリースできます。このプロセスの構築には多くの部品が必要なため、複雑になる可能性があります。Mendixプラットフォームは、Mendix Cloudだけでなく、SAP Cloud Platform、Pivo​​tal、AWS、Azure、IBM CloudなどのPaaSプロバイダーへのアプリケーションのステージングとデプロイをサポートする統合ツールを提供します。

 

2 リリースプロセスの一部としてアプリをデプロイするにはどうすればよいですか?

アプリケーションをデプロイする前に、デプロイ用のパッケージが必要です。Mendix Build Serverを使用すると、アプリケーションが自動的にクラウドにビルドしパッケージ化されます。Build ServerはMendix Deployment Archive(MDA)を生成します。MDAには、アプリケーションをデプロイするためのすべての成果物が含まれています。

アプリケーションのリビジョンがDeployment Package Repositoryで作成されると、利用可能な環境の1つにステージングできます。Mendix Developer Portal では、数回クリックするだけで実行できます。

CI/CDツールやサービスDeploy APIを活用することにより、このプロセスを完全に自動化できます。

Mendixプラットフォームでのすべてのデプロイ作業がログに記録され、Developer Portal に表示されます。各環境のActivityログを確認して、アプリの環境で実行したユーザーを特定することができます。

 

3 リリースされた変更に関連する要件を辿るにはどうすればよいですか?

 Mendix Studio や Mendix Studio Pro でアプリモデルに加えた変更を Team Server にコミットすると、アクティブなSprintで関連する User Story にチェックをつけることができます。この相互参照情報はMendix Team Server に保存され、開発プロセスの後半で要件の変更を追跡することができます。詳細については、バージョン管理を参照してください。

 

4 何環境プロビジョニングできますか?

Mendix Cloudでは、段階的なデプロイを可能にするための環境が用意されます。ほとんどのアプリケーションノードには、2つ(受け入れ、本番)または3つ(テスト、受け入れ、本番)の環境があります。Mendixプラットフォームは、 DevOps プロセスに適合する環境の追加をサポートしています。

これらの各環境へのステージングとデプロイは、Deploy APIを使用して自動化できるため、Mendixアプリ用に完全に自動化されたCI/CDパイプラインをセットアップすることができます。

 

5 アプリの本番環境を保護するための制御は何ですか?

Mendix Cloudでは、さまざまな環境を表示、デプロイ、管理するために、特定のユーザーのみがアクセスできるようにアクセス制御が設定されています。これにより、異なるステージング環境にデプロイする際の責任者を設定することができます。

アプリケーションを本番環境にデプロイするには、Google認証システムまたはSMSによる2要素認証を使用する必要があります。トークンは30秒ごとに変更されます。認証されると、本番環境で最大8時間操作を実行できます。その後、再認証が必要になります。

 

6 Mendixは他のプラットフォームへのステージングとデプロイをどのようにサポートしますか?

Mendix Cloudに加えて、Mendixは、SAP Cloud Platform、IBM Cloud、Azure、AWS、VPC、オンプレミスシナリオなど、さまざまなプラットフォームでのデプロイをサポートしています。

 

翻訳元:

https://www.mendix.com/evaluation-guide/app-lifecycle/ops-deployment-release

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)