2019.09.30DevOps , Mendixガイド , アプリケーションライフサイクル

監視と警告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1 Mendixプラットフォームモニタリングソリューションは、DevOpsを採用する開発チームをどのようにサポートしますか?

Mendixプラットフォームにより、エンタープライズレベルの非機能要件を持つアプリケーションを開発できるだけでなく、保守やサポートをすることができます。Mendixは、開発チームをサポートするために、多くの監視ソリューションを提供します。トレンドグラフとアラートはアプリケーションスタック全体で利用することができ、ライブログとデバッグにより、本番環境で発生した問題を迅速に診断することができます。

Mendix Application Performance Monitor(APM)を使用して、アプリのパフォーマンスを継続的に監視/測定し、パフォーマンスの問題を診断/解決することができます。Mendix APMは、高いレベルのユーザーエクスペリエンスパフォーマンスと、可能な限り低いレベルの Microflow Activity パフォーマンス詳細について、ある時点でのMendixランタイムパフォーマンスの可視、追跡、診断をします。これにより、アプリのパフォーマンスとユーザーエクスペリエンスを継続的に改善できます。

Mendix APMは、次のツールを通じてエクスペリエンスを提供します。

  • トラップツール – すべてのレベルのロギングを継続的に記録し、エラーが発生したときに保存します。
  • 統計ツール – アプリケーションのパフォーマンスに関する統計を収集して傾向を特定します。
  • パフォーマンスツール – 個々の機能を分析して、改善が可能な場所を視覚化します。
  • 測定ツール – CPUとメモリを監視し測定クエリを実行して、制限を超えた場合に警告します。

New RelicDatadogAppDynamicsのサードパーティによるカスタマイズ監視サービスと統合することができます。また、JMX Integrationが利用可能で、Mendixランタイムは、カスタムソリューション用のプログラムしやすいRESTベースのインターフェイスを提供します。

デプロイシナリオに応じて、開発チームはさまざまなソリューションを利用できます。以下のセクションでは、あるシナリオの詳細を説明します。

 

2 Mendix Cloudで実行されているMendixアプリを監視するにはどうすればよいですか?

Mendix Cloudで実行されているライセンスアプリは、Mendixプラットフォームによって提供される監視機能を活用することができます。これらには、トレンドグラフ、自動化されたアラート、ライブログとデバッグ、ログアーカイブが含まれます。これらの機能により、ライフサイクルを通じてアプリを保守、運用、サポートすることができます。

こちらは、アラートの履歴概要です。

これらの監視機能に加えて、Mendix Cloudはエンタープライズレベルのサービスの可用性を実現するために、どのアプリでも利用できる高可用性機能を提供します。

サードパーティのサービス(New Relic、Datadog、AppDynamicsなど)が統合されると、これらのサービスが提供する高度な監視機能を活用して、アプリケーションのサービスレベルをさらに向上させることができます。

 

3 オンプレミスで実行されているMendixアプリケーションを監視するにはどうすればよいですか?

Mendixは、ツールとサービス両方のサードパーティ監視製品との統合をサポートしています。

JMXをサポートする任意のツールを使用して、Mendixアプリケーションを監視することができます。ツールがJMXをサポートしていない場合でも、ツールがカスタムインテグレーションをサポートしていれば、監視を設定することができます。これは、Mendixランタイムが監視データを取得するための簡単なRESTベースのAPIを公開しているためです。

サードパーティのサービス(New Relic、Datadog、AppDynamicsなど)を統合して、監視機能を改善することもできます。

 

翻訳元:

https://www.mendix.com/evaluation-guide/app-lifecycle/monitoring-alerts

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)