2019.08.01Mendixガイド , Mendixでの開発 , アプリケーションライフサイクル

Mendixでの開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Mendixは、基幹業務開発者、シチズンデベロッパー、経験豊富なソフトウェアエンジニアなど、今日の様々なエンタープライズソフトウェア開発者のニーズに応えるように設計されたモデル駆動型開発環境です。高度で拡張可能なビジュアルモデリングツールを通じて、あらゆるスキルをもった開発者は、ノーコードとローコードの両方の開発ツールを使用して、アプリケーションを設計、構築、展開することができます。

 

Mendixはどのようにモデル駆動開発を可能にしますか?

Mendixは、Mendix Studio やMendix Studio Pro でモデル駆動型開発を可能にします。UI、データ、業務ロジック、メニューを視覚的にドラッグアンドドロップをして開発するノーコードとローコード開発ツールです。実行時にモデルを解釈し、モデルとアプリケーション間のつながりを維持することでモデルの陳腐化を防ぎます。さらに、モデルの直接実行は、コード生成のオーバーヘッドを取り除き、実行時の変更、拡張機能の制御、実行時の動的監視分析を対応することで大きな利点があります。

 

Mendixはさまざまなスキルの開発者をどのようにサポートしていますか?

Mendixは、エンタープライズアプリケーションを構築するために、基幹業務開発者、シチズンデベロッパー、ビジネスアナリスト、プロの開発者など、さまざまな開発者をサポートするように設計されています。これらの開発者は、ソフトウェア開発ライフサイクル全体で統合された一連のツールを通じて共同作業することができます。

 

Mendixはチーム開発をどのようにサポートしていますか?

プロジェクトチームのメンバーは、新しい要件、ソフトウェアのリビジョン、アップデート、出荷時の変更、エンドユーザからのテスト結果やフィードバックループを、即時かつインタラクティブに設定、参照することができます。これらはMendixのコラボレーションプロセスのバックボーンとなり、ビジュアルモデリングやドラッグアンドドロップでの WYSYWG エディタは、ビジネス側のメンバーが開発プロセスに参加する際の障壁を下げます。

 

続きはこちら

 

翻訳元:

https://www.mendix.com/evaluation-guide/app-lifecycle/developing-in-mendix

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)