2019.08.21Mendixガイド , Mendixでの開発 , アプリケーションライフサイクル

デバッグ機能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1. Mendixのアプリケーションをデバッグするにはどうすればよいですか?

開発者は、ローカル、オンプレミス、またはクラウドで実行されているアプリケーションをデバッグすることができます。Mendix Studio Pro に組み込まれているデバッグツールを使用すると、アプリインスタンスのURLとMendix Developer Portal から提供された認証情報を使用して、アプリ環境に接続して認証することができます。

 

Mendix Studio やMendix Studio Pro 内のデバッグツールを使用すると、各 Microflow 内のアクションを1つずつ実行し、ルートに沿って変化する変数を表示することができます。

組み込みデバッグ機能の使用方法の詳細については、Mendixドキュメントの「microflowをデバッグする方法」を参照してください。

 

2. クラウドで実行中のアプリケーションをデバッグするにはどうすればよいですか?

ローカルでデバッグする時と同じデバッグツールがクラウドで使用することができます。デバッガーは、ローカル、クラウド、オンプレミスのいずれで実行されていても、Mendixアプリケーションに接続することができます。

 

 

詳細については、Mendixドキュメントの「Microflowをリモートでデバッグする方法」を参照してください。

 

3. Mendixで独自のカスタムJavaコードをデバッグするにはどうすればよいですか?

Microflowは、カスタムJavaアクションで拡張することができます。拡張コードもデバッグできるように、MendixランタイムとMendixサービスコンソールがEclipseに統合されています。Javaアクションのいずれかでエラーが発生した場合、Eclipseのデバッガーを使用して簡単にデバッグできます。

Eclipseでデバッガーを起動すると、Mendixアプリケーションを実行した時に、Mendix Studio Pro コンソールは関連するすべてのログ情報を記録します。これにより、デバッグがシームレスかつ完全に統合されます。

詳細については、Mendixのドキュメントの「Javaアクションをリモートでデバッグする方法」を参照してください。

 

翻訳元:

https://www.mendix.com/evaluation-guide/app-lifecycle/debugging

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)