2019.07.09Mendixで課題解決 , Mendixとは? , PaaS , アプリ開発

DevOpsとしてのMendix

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Mendixに組み込まれているDevOps機能を使用して継続的なリリースができ、MendixプラットフォームAPIを使用してJenkinsや既存のDevOpsツールセットと統合することも可能です。

ITの組織は、継続的なインテグレーション、アプリケーションの監視、アプリケーションポートフォリオの提供を促進するために、開発、テスト、運用、基幹業務の担当者のためにベストなDevOpsを実装する必要があります。
Mendixプラットフォームは、組み込まれているDevOps機能や、Jenkins、Gitlab CI、既存のDevOpsツールセットとの統合により、継続的なデプロイを可能にし、アプリのデプロイハブとして機能します。
クラウドネイティブアプリのバージョン管理、プロビジョニングして、選択したクラウド環境またはオンプレミス環境にデプロイできます。また、組み込まれている監視機能と自動アラート機能により、ダウンタイムを短縮することができます。

 

自動デプロイ管理

1クリックデプロイ

Mendix のワンクリックデプロイ機能により、Mendixのポータルサイトでアプリケーションを簡単にデプロイできます。アプリケーションは、実行に必要なすべての成果物が含まれている、バージョン管理されたデプロイメントパッケージとしてデプロイします。

 

バージョン管理

Mendixのプラットフォームには、分岐やマージを行うことができるバージョン管理システムがあり、開発をメインラインと複数のブランチラインに分離することができます。
たとえば、開発チームがメインラインで作業して新機能を開発しながら、別のチームがブランチラインで並行してアプリバージョンのバグを修正することができます。
複数のリビジョンをサポートし、各ラインでの変更をマージすることができます。

 

継続的インテグレーション

Mendixは、開発、受入れ、本番環境へのデプロイを自動化することで、DTAPサイクルをサポートします。
自動テストおよび品質監視は、プロセスのどの段階でも適用できます。
プラットフォームAPIを使用することで、Jenkins、Gitlab CI、その他のツールやサービスと統合することができます。

 

自動テスト

Mendixは、アプリの要件に基づいて、再利用可能なエンドツーエンドテストを作成、リファクタリング、自動化するための包括的なツールであるATS(Automated Tested Suite)を提供しています。
さらに、プラットフォームには、Seleniumベースの自動UIテスト用のテストフレームワークがあり、プラットフォームAPIを使ってサードパーティのテストソリューションと簡単に統合することができます。

 

マルチクラウドデプロイ

Cloud Foundryをベースにしており、Kubernetesによって編成されたDockerコンテナにデプロイ可能なMendixは、ローコードプラットフォームでは最も幅広いクラウドデプロイオプションを提供します。
AWS上のパブリッククラウドサービスであるMendix Cloudに、複数のリージョンとアベイラビリティーゾーンにまたがってデプロイすることができます。Mendix Cloudは、オンデマンドの垂直および水平方向のスケーラビリティと高可用性(HA)を提供します。AWS、Microsoft Azure、IBMクラウド、Pivo​​tal、SAPなど、ほぼすべてのパブリックまたはバーチャルプライベートクラウド(VPC)や、独自のデータセンターを利用することができます。

 

DevOpsプラットフォーム

監視と警告

Mendixのローコードプラットフォームには、システム障害、システムパフォーマンス(ハードウェアとネットワーク、データベースとWebサーバーのパフォーマンスを含む)、基本的なアプリケーションパフォーマンスの監視と警告機能が組み込まれています。
オプション機能であるApplication Performance Monitorは、ビジネスロジックの実行タイミングなど、アプリをより深く計測することができ、包括的なリアルタイムの多次元アプリケーションパフォーマンスメトリックスのビューを提供します。
プラットフォームAPIを使って、New RelicやAppDynamicsなどの監視ツールや管理ツールと統合することもできます。

ログ管理

Mendixアプリケーション内とプラットフォームレベルの両方に関連するすべてのイベントがログに記録され、これらのログはMendixのポータルサイトから表示およびダウンロードすることができます。
構成、プロビジョニング、デプロイ、アプリの起動と停止、バックアップなどに関するプラットフォームレベルのイベントは、タイムスタンプとユーザーIDとともに記録されます。
ログインやログアウトなどのアプリケーションレベルのイベントや、SAPなどの外部システムへの呼び出しなど、アプリケーションモデルで定義されたアクションも記録されます。

バックアップと災害復旧

アプリやデータは、受入れ環境と本番環境から自動的に毎日オンデマンドでバックアップされます。
Mendixポータルサイトからすべてのバックアップをダウンロードすることができます。さらに、バックアップは地域内の安全で地理的に離れた場所に保存されます(バックアップ場所は地域の規制に準拠するために同じ地域にあります)。
災害が発生した場合でも、アプリやデータは別の場所に簡単に復元することができます。

 

翻訳元:

DevOps

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)