2020.02.17Mendixガイド , アプリケーションの機能

Mendix Cloudの機能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1 Mendix Cloudで利用可能な機能は何ですか?

Mendix Cloudには、アプリケーションの展開を管理し、アプリとデータベースのパフォーマンスを監視するための効率的な機能をすべて備えています。 Mendix Cloudを使用すると、カスタムドメイン、バックアップ、アラート、およびログを構成できます。提供されるきめ細かいアクセス制御を使用でき、長期的には、ライブデバッグ用の豊富なツールセットを使用できます。 Mendix Cloudは、Mendixアプリケーションを実行するための最も最適化されたセルフサービスクラウドです。豊富な機能セットを備えており、アプリケーションを可能な限り最高のビジネス継続性と自己制御で実行できるようにします。 以下のセクションでは、Mendix Cloudが提供する機能について説明します。

2 アプリケーション展開管理の仕組み

この機能により、Mendix開発者ポータルとMendix StudioおよびMendix Studio Proの両方からワンクリックでMendixアプリケーションを展開できます。

展開管理の例:

3 カスタムドメインを使用できますか?

アプリケーション用の新しいMendix Cloud環境を受け取ると、アプリケーションの名前に基づいてドメイン名が割り当てられるのが標準です。このドメインに加えて、独自のカスタムドメインも追加できます。

4 Mendix Cloudはどのようにバックアップを提供しますか?

Mendix Cloudで実行されている各アプリケーションは、デフォルトの毎日のバックアップを取得します。それに加えて、セルフサービスを介していつでもアプリのバックアップを作成できます。必要に応じて、バックアップポリシーをアップグレードして、リアルタイムのレプリケーションとバックアップに移行することができます。

5 アプリケーションとデータベース(パフォーマンス)モニタリングの仕組み

開発者ポータルは、アプリケーションのパフォーマンスを分析するために必要なすべてのメトリックを提供します。これは、実際のモデルの実行に関するメトリックを表示することさえ可能であるため、メモリまたはCPU使用率に関する洞察に限定されません。これにより、特定のパフォーマンスのボトルネックにより迅速に対応し、アプリケーションをより簡単に最適化できます。

データベースパフォーマンスモニタリングの例 :

このビデオでは、開発者ポータルで監視するためのオプションを紹介します。

 

6 利用可能なアラート

積極的に行動し、ビジネスの継続性を確保するために、Mendix Cloudは、CPU、メモリ、ディスクなど、アプリケーションのすべての重要なメトリックに対してアラートを送信します。これらのアラートにより、アプリの状態が継続的に通知されます。

7 利用可能なログ

Mendixプラットフォームでは、ログファイルは開発者ポータルから入手できます。ログファイルは5 MBずつローテーションします。

8 ライブデバッグの仕組み

実行中のアプリケーションで根本原因分析を実行する必要があり、本番環境でのみ問題が発生する場合、Mendix StudioまたはMendix Studio Proを本番環境に接続してライブデバッグを実行できます。

9 どのようなきめ細かいアクセス制御が利用可能ですか?

Mendix Cloudでは、IPフィルタリングに基づくホワイトリストを使用し、TLSクライアント証明書検証を使用することにより、アプリケーションのアクセスセキュリティを拡張することができます。これにより、アプリは別の特定のマシンまたは場所(オフィスなど)からのみアクセスできるようになります。

 

 

 

翻訳元:https://www.mendix.com/evaluation-guide/app-capabilities/mendix-cloud-features#4-how-does-the-mendix-cloud-provide-backups

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)