2018.11.27Mendixで課題解決 , Mendixとは?

Mendix、Atlasで企業向けアプリケーションのUXに関する課題を解決

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Atlas UIを使用してエンタープライズのユーザーエクスペリエンスのプラットフォーム化を実現

ボストン – 2017年12月5日 – 最速かつ容易なモバイルとWebアプリケーションの開発と継続的な機能追加の為のプラットフォームであるMendixは本日、Atlas UIのリリースを発表しました。
Atlas UIは、MendixのLow-codeプラットフォームにシームレスに統合されており、フロントエンド開発やUI設計スキルを持たない開発者でも、美しく魅力的で使い易いユーザーインターフェイスを作成できます。
Atlasでは、組織のUI / UXチームが標準化された設計言語を提供して、複数の開発チームに対してもUI/UX設計のベストプラクティスを促進することができます。

ユーザーエクスペリエンスの設計は、アプリの利用促進とビジネス成果の向上を検討する上で不可欠ですが、多くのIT組織では、アプリのポートフォリオ全体に優れたUXを提供するのに十分な要員がいません。
Gartnerの調査によると、「平均17人の開発者に対して1人のUXデザイナーがおり、回答者の35%がUX設計の不足を感じているという結果が出ています。」※1
限られたUX要員の、小規模で主体的な開発チームに対して、ユーザーエクスペリエンスの一貫性はさらに大きな課題になります。

Mendix Atlasでは、新しいWYSIWYG(見たままを得られる)のWebベースのモデリングツールを用いた、階層化とコンポーネント化されたUIフレームワークと、UIデザインのパターンとベストプラクティスを活用することで、UXのギャップを解決することができます。
このコンポーネントを組み合わせることにより、UI設計スキルのない開発者でも、デザインのベストプラクティスを組み込んだUI要素を活用してすばやく組み立て、素晴らしいユーザーインターフェイスを提供することができます。
UIは、navigation layouts、page templates、building blocks(事前に構成されたUIコンポーネントのアセンブリ)、およびwidgetsの組み合わせで構築されます。
Atlasのtemplatesとbuilding blocksは、UIの作成を加速するだけでなく、最適な比率、間隔、個々のデザイン特性を持つ事前設定されたレイアウトでwidgetsを組み立てます。
結果として得られるアプリのビジュアルスタイルは、選択されたビジュアルテーマ(Mendixによって提供されるビジュアルテーマまたは新しいテーマカスタマイザで作成されるカスタムテーマ)を自動的に反映します。
このデザイン要素のコレクションは、レスポンシブレイアウトで使用することができ、AtlasベースのUIがデバイスフォームファクタに優雅に移行できるようにします。

「以前Digital Riskでは、基本的なワイヤーフレームツールを使って、画面デザインとワークフローを通して設計していました。」
Digital Risk, LLCのソリューションディレクター、IT担当ディレクターのJeff Ward氏は述べています。
「Atlasは、不要なステップを排除し、アプリのフロントエンドになる洗練され魅力的なUIデザインをすばやく作成することができます。 豊富なpage templates、building blocks、widgetsを使用することで、従来のフレームワークやアプローチに比べて、格段に速く、リッチでレスポンシブなアプリケーションを提供できます。」

 

独自のデザイン言語を定義して、一貫性と再利用を促進

Atlasには、ベストプラクティスを遵守するように専門的に設計された一連の設計要素が含まれています。
さらに、Atlasは社内のUI / UX要員を使用して、開発者がアプリケーション内で活用するための標準化された設計言語を定義し、すべてのアプリケーションが組織独自の設計原則に準拠していることを保証します。
設計者は、CSS3、Sass、Bootstrapなどのオープンスタンダードとオープンソースに基づく基盤を活用して、組織のテーマやスタイリング、page templates、building blocks、widgetなどのカスタマイズされたセットを含むデザイン言語を構築できます。
すべての設計要素を組織の設計言語モジュールとしてパッケージ化し、プライベートApp Storeを介して配布することで、組織のUIと設計のベストプラクティスがすべてのMendix開発チームに自動的に採用されるようにします。

 

最初のアイデアから製品まで素晴らしいアプリデザインを実現

新しいソリューションが意図されたビジネス成果を生み出すことを保証するには、ビジネス目標に沿ったままユーザーのニーズに対応する実装に収束する反復的なアプローチが必要です。
Atlasでは、Mendixはこの旅を最初から最後までサポートします。
Mendix Web Modelerを使用すると、開発者はもちろんのこと、ユーザーであっても、Atlasの設計要素を使用してアプリのアイデアを素早く実現でき、作成したアプリをすぐにユーザーに提供することができます。
統合されたツールボックスにより、再利用可能なbuilding blocksおよびwidgetを簡単に検索し、ドラッグ&ドロップで利用が可能になります。
さらに、Web ModelerはDesktop Modelerと双方向に同期し、開発者はより複雑なロジックと統合を使用してプロトタイプを拡張し、製品アプリケーションにすることができます。

「Atlas UIとWeb Modelerは、顧客や同僚とのやり取りに新しい機会を提供します。」と、EPI-USE America Inc.のRAD SolutionsディレクターNolan Ramsey氏は述べています。
「プロジェクトの早い段階でアプリケーションの基本的な構造とレイアウトをすばやく作成し、クライアントと一緒にUI要素、ワークフロー、ロジックをフィードバックに基づいてリアルタイムで確認および変更できます。 Mendixの既存のツールセットも、堅牢なアプリケーションを短時間で作成する能力を提供していたのですが、 この新しいツールセットにより、フィードバックループをさらに早めることができ、プロジェクトの開発範囲と開発期間へのリスクをより多く吸収することができます。」

※1:Gartner, Inc., “Survey Analysis: The Mobile App Development Trends That Will Impact Your Enterprise in 2017,” April 26, 2017, Adrian Leow and Van L. Baker

 

翻訳元:

Mendix Closes Enterprise UX Gap with Atlas

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)