2019.09.06Mendixで課題解決

1年が経過して

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Derek Roos / 2019年9月4日

2019年10月1日はSiemensによる買収から1周年の記念日です。ニューヨークで開催しているSiemens Media and Analyst Conferenceで本日私はステージに上がり、MendixがSiemensデジタルインダストリーズソフトウェアの重要な部分となったことを、100人以上のジャーナリストやアナリストに説明します。私はこの11か月を振り返えらずにはいられません。

昨年8月、私はブログを書き、Siemensによる買収が、顧客、パートナー、チームメンバーにとって正しいステップだと思う理由を説明しました。過去13年間、テクノロジーとチームを成長させようと考え続けてきました。Derckjan、Roald、そして私は、Siemensソフトウェアファミリーに参加することが、Mendixを次の成長段階に位置付ける3つの明確な戦略目標を達成するための正しい決定であるという結論に達しました。:

  1. 成長をさらに加速する
  2. MendixとSiemensの機能を組み合わせ、膨大なデータの津波を現実世界の洞察と行動に変える
  3. Mendixプラットフォームとエコシステムを拡張して、世界クラスの産業SaaSソリューションを開発する

この11か月間でとても多くの事が起きました。多くの人々が、買収が実際に何を意味し、これらの目標に対してどのような進歩を遂げているのか疑問に思っていることを私は知っています。

まず、買収を発表したとき、Mendixとしての自立をどのくらい続けられるのか、多くの人が疑問に思いました。大多数の買収では、買収される会社はすぐに「統合」されます。ウェブサイトとブランドが最初に実施されます。次に、役割が統合されます。競合他社はFUDを作成します。私たちは皆、それらを反復演習で知っています。

「Mendixはどのようにして顧客を成功させ、有機的な成長率を維持し続けるのでしょうか?」– 多くの人が疑問に思いました。

論より証拠で、私たちは上記の両方で本当に最高のものを獲得したので、私たちの進展に対してこんなに嬉しいことはありません。

お客様は引き続き成功を収めており、当社のビジネスはすべての業界で大きな成長を維持しています。従業員の採用率は買収以来加速しており、189人の新しいチームメンバーが2019年上半期に当社に加わりました。4月に開催されたMendix World 2019は、5,000人近い参加者のフラッグシップ顧客イベントとなり、これまでで最高のイベントとなりました。そこでは、Mendix StudioMendix Studio Proネイティブモバイル第2世代のMendix AssistMendix Data Hub業界初のホストなどの主要な発表を行い、ローコード市場の最先端を先導し続けています。私たちのチームの製品開発により、Gartnerのエンタープライズローコードアプリケーションプラットフォームマジッククアドラントでビジョンリーダーとして再び選出されました。また、Gartnerで初めてのMultiexperience Development Platforms Magic Quadrantでビジョンリーダーに選出されました。ついに、私たちのブランドとしての約束は、グローバルなコミュニティとともにMendix Worldにて新しいデザインの発表と「Go Make It」市場のポジショニングによって展開しました。

地理的に拡大することがインフラストラクチャの課題であれば、すでに数千人のR&DチームメンバーがいるSiemensの設備を活用して、インドのプネでR&Dの運用を迅速に開始することができました。ITシステムの構築に多くの時間と費用がかかる場合は、SiemensのITロードマップと機能に飛び込むことが許されています。過去6か月で新しいCFOとCPOが加わり、運営上の自主性を持ち続け、私たちのオリジナルのマネジメントチームが引き続きリードし続けています。

ポジティブなリストは長く心強いものであり、私たちのミッションは持続します。私たちは顧客とパートナーを成功させ、世界最高のローコードプラットフォームを構築し続けることにフォーカスしています。

当社の買収に着手した時、Siemensがドメインに関する深い知識をもたらしたことがわかりました。しかし、私もその可能性を十分に評価していませんでした。この11か月で、私たちが想像していたよりもはるかに大きな世界を私たちのチームにもたらしました。IoTだけではありません。産業事例以上のものです。

ほとんどの人は、Siemensがソフトウェアビジネスのトップ10であり、140,000以上の顧客がSiemensソフトウェアでミッションクリティカルなプロセスを実行していることを知りません。世界最大の自動車、航空宇宙、重機、石油およびガス、小売企業は、Siemensのソフトウェアを使用しています。今朝車を運転した場合、または最近飛行機に乗った場合、Siemens ソフトウェアがあなたに関係している可能性があります。機械、製造、電気、設計エンジニアを知っているなら、彼らはおそらく毎日Siemens ソフトウェアを使用しているでしょう。

6月にデトロイトで開催されたユーザーカンファレンスで、1,000人以上のSiemensの顧客にプレゼンテーションする機会がありました。私にとって最も驚くべきことは、エンジニアがモデル駆動型開発を直感的に理解していることでした。私は、自然の問題解決者であるエンジニアが、彼らの目的を達成するための手段にこだわらないことを学びました。彼らは結果への最も効果的な道を望み、ソフトウェア開発に対するモデル駆動型アプローチを非常に歓迎していました。彼らは既存のシステムの複雑さ、つまりSAPシステムのERPデータによって開発を妨げられています。Siemens、PTC、DassaultシステムのPLMデータ。SalesForceやMicrosoftシステムのCRMデータ。.xlsのオフラインコピー。すべてがロックされており、アクセスが難しいため、システム間のコラボレーションは非常に困難です。

ソフトウェアを構築しようとしている驚くべきドメイン知識を持つエンジニアがいました。そのほとんどの人は、モデル駆動型のソフトウェア開発について聞いたことがありませんでした。エンジニアリングプロセスでの情報開示やコラボレーションのために、基幹システムのデータにアクセスしようとしている人々がいました。基幹システムは拡張エンジニアリングチームやサプライヤチームが情報を開示したりカスタマイズするのが難しすぎるため、見事なExcelドキュメントをオフラインで作成した人々がいました。

どこかで聞いたことがあるって?

そのエンジニア達にはローコードが適しています!

このシンプルな洞察は、MendixとSiemens ソフトウエアの組み合わせに対する大きな可能性を示しています。

それが本日の発表につながります。

このブログが公開されると、Siemensは世界に向けて、MendixがすべてのSiemensクラウドソリューションの主要なアプリケーションプラットフォームになり、顧客がアプリを作成し、あらゆるデバイス、あらゆる場所、あらゆるクラウドでデータを共有できる強力な機能を提供することを発表します。Siemensのソフトウェア事業は、APIを介してすべてのシステムをオープンにするための旅に出ており、これら全てのシステムのデータにMendixローコードプラットフォームを介してアクセスできるようにします。Mendix Data Hubは、Mendix内のSiemensシステムからデータとサービスを検出して使用するための主要な方法となり、最先端のSAPとの統合機能をすでに基盤としています。また、デジタルエンジニアリング(3D、ライフサイクル、ファイル管理)のサービスから始まる、ドメイン固有のアプリサービスの新しいレイヤーも発表しています。そして最後に、世界で最もオープンでスケーラブルなローコードIoTを作成するために、MindSphere IoTサービスをMendixと統合します。

この機能をすべて統合して、顧客は既存システムとデータのすべてに加えて、世界クラスのパーソナライズされたエクスペリエンスを作成できるようになります。Siemens。SAP。SalesForce。Microsoft。IBM。顧客は、あらゆるシステムからすべてのデータを開示し、顧客、サプライヤー、従業員向けの優れたマルチエクスペリエンスアプリケーションを開発することができます。この戦略の一環として、11月に予定されているMendix Data Hubに関する非常にエキサイティングなニュースがありますのでご覧ください!

過去数年間、私たちと一緒に旅をしていた人は、2つのことに気付くでしょう:

第1に、私たちは私たちが言ったことを正しく実施しています。私たちは、すべてのお客様を成功させるために、ローコードの分野で勝ち続ける戦略に集中しています。顧客にとって重要な点については業務の自立性を維持し、Siemensのインフラストラクチャの設備と組織の能力を活用して、ミッションをより迅速に遂行できるようにします。

第2に、シーメンスとの協力は、垂直に依存しないサービスでプラットフォームを拡張するための触媒として機能します。すべてのお客様がMendix Data Hubの恩恵を受けることができます。当社が提供するアプリサービスは、すべての業界でこのインフラストラクチャを活用します。マルチクラウドへの継続的な投資は、顧客ベース全体に利益をもたらします。SaaSソリューションは、業種や業界に関係なく、すべてのパートナーがサブスクリプション用のサービスを統合できる市場で提供されます。

私たちは、ローコード分野での技術と市場でのリーダーシップを維持することに取り組んでいます。業界で最も豊富なサービスを提供することでプラットフォームを次のレベルに引き上げ、顧客とパートナーが独自のデジタルエンタープライズを定義し最適化する最も強力なアプリケーションを構築できるようにします。

Derek
Co-founder & CEO

One Year In.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)