2020.11.25Mendixでの開発 , アプリケーションの機能 , 概要

Mendixは、2年連続でエンタープライズローコードアプリケーションプラットフォームのGartnerマジッククアドラントリーダーです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 シーメンスのビジネスであり、企業のローコードアプリケーション開発のグローバルリーダーであるMendixは本日、企業のローコードアプリケーションプラットフォームのGartner Magic Quadrantのリーダーに指名されたことを発表しました(Paul Vincent、Yefim Natis、Kimihiko Iijima、 Saikat Ray、Jason Wong、Akash Jain、Adrian Leow、2020年9月30日)。これは、メンディックスをマーケットリーダーに指名し、ビジョンの完全性のために会社を最も右側に位置付けた2年連続のマジッククアドラントレポートをマークします。

Gartner(1)は、「2024年までに、ローコードアプリケーション開発がアプリケーション開発活動の65%以上を担当するようになるでしょう」と述べています。企業におけるローコードアプリケーション開発の急速な受け入れは、デジタル企業のペースの速い大量の需要と、組織が非技術的な市民開発者をデジタル全体の一部としてアプリケーション開発プロセスに組み込む必要性によって推進されています。変革イニシアチブ。

このニュースは、世界初のオールインワンローコードプラットフォームであるMendix 9に焦点を当てた、同社の成功したMendix World2.0仮想会議に続くものです。このイベントは、新しいドメインと分野への会社の継続的な拡大とともに、企業にとって最も包括的なローコード開発プラットフォームとしてのMendixのリーダーシップの位置を再確認します。

「Mendixは、ローコードがエンタープライズアプリケーション開発の中心に位置し、最も複雑なエンタープライズデジタル化の課題に取り組み、市民開発者が独自のドメイン固有のソリューションを作成できるようにする能力があることを一貫して示してきました」とMendixのCEOであるDerekRoosは述べています。 。 「ガートナーがエンタープライズローコードアプリケーションプラットフォームの市場を認識していることに興奮しています。また、リーダーとして認識されていることを非常に誇りに思っています。」

エンタープライズデジタルロードマップに適したソリューション

Mendix 9オールインワンプラットフォームは、データ統合やワークフローなど、抽象化と自動化を新しいドメインや分野に押し込み、マルチチャネルのユーザーエクスペリエンスを継続的に改善するという同社の戦略の自然な進化です。 Mendix 9は、メーカーが新しいタイプの問題を解決できるようにし、繰り返しの複雑さを排除し、あらゆるスキルセットの開発者をサポートします。新しいリリースと並行して、Mendixは、顧客が特定の業種向けにソリューションをすばやくカスタマイズできるようにする、事前にパッケージ化された業界固有の製品の厳選されたコレクションを展開しています。

Mendixは、プラットフォームを使用できる専門家の領域を大幅に拡大し、適切なITガードレールに準拠しながら、専門家が自分で問題を解決するために作業できる問題領域を拡張します。クラウドネイティブのMendixプラットフォームには、複雑さをさらに軽減し、ソフトウェア開発の速度を向上させるいくつかの主要な機能が含まれています。

  • Mendix Data Hub:Data Hubは、データ統合の複雑さを排除し、企業全体の専門家と市民の両方のローコード開発者が、アプリケーション開発、データ分析、およびその他のアクティビティのためにデータを検出、理解、使用、および管理する方法を変革します。
  • Mendix Assist Performance Optimizer:プラットフォームのAI拡張開発サービスであるMendix Assistの新機能は、モデルの静的分析と動的ランタイムプロファイラーを独自に組み合わせて、パフォーマンスの問題をプロアクティブに特定します。また、開発IDEとの完全な統合を提供し、推奨事項を提供するか、より高度な支援により、アンチパターンを修正したり、ベストプラクティスを実装したりするためのリファクタリングを提供します。
  • Mendixワークフローエディター:単純なものから複雑なものまでビジネスプロセスをモデル化して実行するヒューマンワークフローモデラーおよびエンジンであり、エンドユーザー向けのすぐに使用できる拡張可能なUIが組み込まれています。ワークフローエディターには、MendixStudioとStudioProの両方で使用できる独自のドメイン固有言語(DSL)があります。
  • 柔軟なクラウド展開機能:使いやすく柔軟性の高いクラウド展開モデルを活用するMendixのマルチクラウドオファリングは、Kubernetesオペレーターを介して、Mendix Cloud、SAP Cloud、または任意の仮想プライベートクラウドに完全に統合されたシンプルクリック展開を提供します。
  • デュアル統合開発環境(IDE):MendixStudioおよびStudioPro IDEは、単一の共有可能なプラットフォームの一部として動作し、ドメイン固有言語を介して開発者エクスペリエンスをプラットフォームサービスから切り離し、企業が利用可能な新しい機能に継続的にアクセスできるようにします。システムの複雑さを増すことなく。

ラピッドカスタマーソリューション

Mendixの顧客は、同社の開発プラットフォームが迅速な結果をもたらすことに同意しています。 Trane Technologiesは、市民開発者の努力と特定の事業分野に関する深い知識を統合するローコードアプローチを活用しました。

「以前は.NETに重点を置いたITチームであったことは問題ではありませんでした。インガソール・ランドの統合アーキテクチャ担当ディレクターであるミロスラフ・サモイレンコ博士は、Mendixプラットフォームをディスラプターとして企業に実装することは宣伝どおりに行われ、すぐにITおよびビジネス全体で最も人気のあるテクノロジーになりました。 「Mendixは、堅牢な迅速なアプリケーション開発ツールでIT開発を加速しただけでなく、他のビジネスユニット全体で市民開発者へのアクセスを拡大したため、真の戦略的パートナーになりました。」

ガートナーのマジッククアドラントレポート全体の無料コピーは、こちらから入手できます。

(https://www.mendix.com/resources/gartner-magic-quadrant-for-low-code-application-platforms/)

1 – Top 10 Application Predictions Through 2025, Saniye Alaybeyi, Gene Alvarez, 12 May 2020

バックグラウンド

パンデミックが崩壊した世界では、ソフトウェアは私たちの日常生活の新しい生命線であり、世界経済をつなぐ結合組織です。ただし、従来のソフトウェア開発には時間がかかりすぎ、ビジネスニーズやユーザーが好む結果を提供できないことがよくあります。 COVID-19の前でさえ、現在必要なすべてのソフトウェアを構築するのに十分なプロのソフトウェア開発者が世界中にいなかっただけです。世界的大流行は、すでにソフトウェアとビジネスの危機であったものを加速させ、悪化させました。ローコードソフトウェア開発を入力してください。 Mendixのローコードは、強力なエンタープライズグレードのビジュアル開発アプローチであり、市民およびプロの開発者が、ドラッグアンドドロップコンポーネントとモデル駆動型ロジックを使用して、クラウドネイティブアプリケーションをWebおよびモバイルで10倍以上高速化できるようにします。直感的なグラフィカルユーザーインターフェイス。

翻訳:

https://www.mendix.com/press/mendix-is-a-gartner-magic-quadrant-leader-in-enterprise-low-code-application-platforms-for-the-second-consecutive-year/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)