2019.01.22Mendixで課題解決 , Mendixとは?

導入後も拡張するアプリケーションに対応するライセンス体系

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

システムの老朽化を機に既存のシステムを再構築する、あるいは事業部門からのリクエストによって顧客や取引先に対するサービス向上を図りたい、など、システムに求められるリクエストは様々ですが、急速に種類や量が増えてきています。

また、従来は一度構築してリリースしたシステムは、少なくても5年程度は仕様を変えずに使い続け、新しいリクエストがあっても次の再構築時までは我慢して利用する、という考えかたが一般的でしたが、競合他社やグローバルのサービス向上のスピード感が増す環境の中、すぐに対応しないと勝てない!という場面もでてきているのではないでしょうか。

Mendixのライセンス体系

Mendixは以下のように、小さく始められて、かつ導入後に拡張するアプリケーションへも柔軟に対応できるなライセンス体系となっています。
・無料のライセンスでまずはPoCを構築。そのままかんたんに有償の本番環境に移行できます。
・最少ライセンスは50ユーザ(年間$15,000)から。月額150,000円以下で使えます。
・ユーザ数を増やしたい場合には、費用は追加分との差分だけ。無駄なく拡張ができます。
・開発者はユーザ数には含みません。何人でも参加できます。
・アプリケーションの規模、画面数、テーブル数などに制限はありません。必要に応じて機能を拡張してもライセンスはそのままです。
・アプリケーションを分けたい場合、1ライセンス上に拡張が可能なのでコストを抑えられます。

以上のように、機能追加、画面の追加、テーブルの追加などに追加費用なしで対応できるので、リクエストを出す事業部門も、リクエストを受けて開発する技術部門も、必要に応じてクイックな対応を行うことができ、ビジネススピードを損なうことがありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)