2017.08.17事例 , 通信

KPN、モバイル端末サービスプランや課金システムの更新に約30万ドル節約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Mendix事例紹介

 

“モバイル業界は急速な進化を遂げており、競争に勝ち抜くために新しいサービスを迅速に展開しなければなりません。Mendix App Platformを使用して、従来の開発方法よりもはるかに高速にクリティカルなアプリケーションを構築しました。さらに、このプラットフォームは非常に柔軟で使いやすいので、新しい機能を追加するたびに数カ月の開発時間を節約できます。”

Ton Verhoef

プロダクトマネージャー

Radio Tooling & IT, KPN

 

概要

電気通信事業者であるKPNは、モバイルサービスの提供に4Gを追加するための新しいアプリケーションを作成するという課題に直面し、市場のチャンスをつかむために迅速に対応する必要がありました。

同社はMendix App Platformを活用して、この新しい無線アクセスネットワークインベントリ管理アプリケーションを迅速かつ、低コストで構築しました。

Mendixはまた、その後のアプリケーション変更で市場投入までの時間を70%短縮したため、KPNはこれまでよりも早く、新しいサービスを数ヶ月で提供することができます。

■   既製のツールをカスタマイズして古いアプリを再構築するには時間がかかり過ぎてコストがかかるので、Mendixを選択

■   KPNとITサービスパートナーのTech Mahindraが予算内でプロジェクトを実施

■   アプリケーションの迅速な変更により、変更のコストを30〜40%削減し、リリースあたり約30万ドルの節約

 

チャレンジ

KPNは以前、携帯電話プランの新しいサービスを展開するために、大規模な内部データベースとワークフローアプリケーションに大幅な変更を加えなければなりませんでした。

この無線アクセスネットワークのインベントリ管理アプリケーションは、KPN社の2Gおよび3Gネットワ​​ークのすべてのプロセスをサポートしていました。

2012年、KPNは加入者に高速モバイルデータサービスを提供するためのより高度な4Gネットワ​​ークの開発に着手しました。

しかし、新しいネットワークの開発には課題がありました。

社内開発者は、4Gをサポートするために古いアプリケーションに変更を加えることは時間と費用がかかりすぎると判断しました。

また、異なるテクノロジーをサポートするためにそれぞれ新しいアプリケーションを構築することで、保守コストが増加し、複数のプラットフォーム間でのデータ入力によるデータ品質の問題が発生し、将来の4Gネットワ​​ークの変更が遅れる可能性があります。

KPNのRadio Tooling&ITプロダクトマネージャーTon Verhoef氏は、「最初の選択肢は、組織にとっては危険なものでした。」と話します。

「既製のアプリケーションをカスタマイズするには、プロセスを変更する必要がありましたが、それは4Gネットワ​​ークの導入に半年を要します。さらに、ITリソースを使って社内で新しいツールを構築するには、時間も費用も掛かりすぎるでしょう。そこで、別の選択をすることに決めました。」

 

解決方法

KPNは、Mendix App Platformを使用して新しい無線アクセスネットワークインベントリ管理アプリケーションを開発することを選択しました。

Verhoef氏によると、同社はこのプラットフォームを3つの理由から選択したと言います:

・短い開発期間

・将来の構築に対する柔軟性

・費用対効果の高い価格体系

「すべてのことを考慮し、Mendixは要求に対して完璧なソリューションでした。」とVerhoef氏は言います。

構築プロセスを合理化するために、KPNはビジネス要件と機能要件に重点を置き、ITサービス会社のTech Mahindraと協力して開発を進めました。

KPNの1人のプロジェクトマネージャーと3人のITアーキテクトからなるチームは、技術的なMahindraの開発チームと実装チームと緊密に連携し、アジャイルなスクラム駆動プロセスを採用しました。

Verhoef氏は、Mendixの視覚的モデル駆動型開発環境と、ビジネス側やIT側の共同作業機能と、プロジェクト管理機能は、Tech Mahindra社のチームがプラットフォームに素早く乗り込んで開発時間を短縮するのに役立ったと語りました。

「さらに、Mendixプラットフォームの構造は、反復的な開発プロセスを提供し、将来大きな柔軟性をもたらします。」とVerhoef氏は述べています。

「モデルからアプリケーションが動くので、プロトタイプを作成し、変更をすばやくシームレスに最終的なアプリケーションに拡張することができます。Mendixでは、エンドユーザーを巻き込んで、早期に問題を特定することができます。これにより、適切なソリューションを考え出し、容易に適応できる柔軟性を得ることができます。」

 

結果

Mendix App Platformを使用して、KPNとTech Mahindraは、2G、3G、4Gをサポートし、以前のプラットフォームを置き換える新しい統合アプリケーションを作成しました。

結局、プロジェクト全体のコストは、KPNが既存のアプリケーションを変更する予測コストよりも少なかったのです。

同社はまた、Mendix App Platformを使用して開発した時間に基づいて、新しいサービスをより早く市場に投入することを期待しています。

Verhoef氏は、昔は、KPN社が新しいバージョンのネットワークを展開するには、古い無線アクセスネットワークの在庫管理アプリケーションの開発期間が6〜8ヵ月かかると述べました。

Mendixを使用することで、KPNは新しい管理アプリケーションを2か月以内に更新できるようになり、これまでよりも4~6ヵ月早く新しいサービス展開を開始することができます。

それから革新のためのコストがあります。

Verhoef氏は、アプリの今後の変更のコストが30〜40%低下し、急速に変化する市場の変化に対応し、より迅速に競争力のあるサービスを提供できるようになると期待しています。

Verhoef氏は述べています。「モバイルネットワークは今も発展し続けており、新しい機能を開発する必要があります。モバイル業界には常に新しい世代が登場しています。Mendixは、アプリケーションの適応に必要なスピードと柔軟性を提供し、競争力と革新性を維持しています。」

 

ハイライト

・ 配信のスピード、変更の容易さ、費用対効果の高い価格設定で選択されたMendix

・ 2か月以内に新しい管理アプリをアップデートする機能は、新しいネットワークの機能やサービスの普及を加速

・ 直感的な開発プロセスにより、ITサービスパートナーTech Mahindraのキャッチアップが簡単

Mendix アプリ

・ 無線アクセスネットワークインベントリ管理アプリケーションは、2G、3G、4Gネットワ​​ークのサービス提供をサポート

・ 簡単なアプリの変更により、KPN社は新しいサービスを最大4〜6ヶ月早く導入

Tech Mahindraについて

Tech Mahindraは、革新的で顧客中心の情報技術サービスとソリューションを提供し、KPNのOperational Support Systems(OSS)ドメインのパートナーです。

KPNについて

KPNは、オランダ、ドイツ、フランス、ベルギーの市場における電気通信およびICTサービスのリーディングサプライヤです。

KPNは、固定電話、携帯電話、インターネット、テレビのトータルソリューションを提供しています。

多国籍企業から中小企業、在宅事務所までのビジネス顧客のために、KPNは固定電話と携帯電話とデータサービスを提供しています。

※この事例はMendix社が作成してビルドシステムが翻訳したものです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加