2017.08.07IoT , 事例 , 公共交通

IoT事例:KLM、IoTを利用して工具のカート場所を把握することでエンジニアの生産性を向上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Mendix事例

KLMのエンジニアリング部門およびメンテナンス部門は、低コストの労働国と比較してより競争力のある価格でサービスを提供することに挑戦しました。

エンジニアの作業を調査したところ、手作業による紙ベースのプロセスと多くの無駄な時間を費やしていることを発見しました。

例えば、航空機のメンテナンスでは、通常は複数のハンガに散在している高価な機器が必要です。

エンジニアは仕事をするために必要なツールを探し出すだけで、半分の時間を費やしていました。

業務効率を向上させるというKLMのビジョンは、エンジニアをデジタルで活かすことで実現しようとしました。

彼らが決めた最初の方法は、ツールを探す時間のため、IoTとモバイルデバイスをエンジニアに提供しました。

そして機器追跡アプリケーションを構築しました。

IoTアプリは機器の現在地を表示する地図を搭載し、iPadsでエンジニアが必要なものを即座に見つけることができます。

ロケーションデータは、低エネルギー、低データデバイスに接続する長距離ネットワークを使用して追跡されます。

1回の充電で3〜5年続くことができるバッテリーは、各機器で使用されています。

データは、アプリ内でGoogleマップを使ってナビゲートしやすいようにプロットされています。

エンジニアの効率を向上させることで、この革新は年間200万ドルの大幅なコスト削減と処理の改善をもたらすだけでなく、最終的には信頼性の高いオンタイムの離発着を通して乗客に影響を与えます。

 

※この事例はMendix社が作成してビルドシステムが翻訳したものです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加