コラム

イベント技術イノベーターWRSTBND

WRSTBNDの新しい非接触型プラットフォームは、最大50,000人の主要なライブコンサートやスポーツイベントを安全に管理できます。

ニューオーリンズを拠点とするイベント技術イノベーターWRSTBNDは、ライブイベントへの再参加をより安全にするPassportプラットフォームを導入しました。
Mendixで構築されたプラットフォームは、RFIDスキャナー、デジタルウォレット、およびモバイルデバイスを、バックエンドの発券、購入、および資格情報システムと統合します。
ローコードで実行される統合テクノロジープラットフォームは、500人から50,000人の参加者に及ぶイベントの非接触型POSとキャパシティ管理をスケールアップします。
3人のMendixソフトウェア開発チームが、15人の従来のコード開発者の出力と照合して、ライブイベント用の本番環境に対応したプラットフォームを提供します。

シーメンスのビジネスであり、企業向けのローコードアプリケーション開発のグローバルリーダーであるMendixは本日、ライブイベント管理を専門とするニューオーリンズを拠点とするテクノロジー企業であるWRSTBNDが、ライブを実現する革新的な容量管理アプリケーションであるPassportを立ち上げたことを発表しました。現在、世界がパンデミック後の活動に移行するにつれて、消費者にとってより安全で便利なイベント。

非接触登録および発券プラットフォームは、RFIDスキャンハードウェア、エッジコンピューティング、およびバックエンドプロセスに関連付けられたリアルタイムモバイルトランザクションを、Mendixローコードプラットフォームでゼロから構築された統合ソリューションに組み合わせたものです。

Passportの統合ソリューションは、いくつかの重要なトレンドに合わせた対応です。第一に、パンデミックの最中およびその後に公の集会が直面する安全衛生の課題に首尾よく対処するために、ライブパフォーマンスおよびイベントコーディネーターに革新的なアプローチを提供します。世界保健機関が最近指摘したように、Covid-19の社会的距離の要件は2021年まで続くと予想されます。米国では、アンソニーファウチ博士は、エンターテインメント業界が2021年の秋に国の人口の70%が予防接種を受け、それによって集団免疫を達成した場合、制限なしでライブイベントを再開できると慎重に予測しました。。

この環境で、WRSTBNDは、2020年のホリデーシーズン中に、歴史的なニューオーリンズシティパークで毎年開催されるホリデーライトフェスティバル「CelebrationintheOaks」をサポートするためにPassportの導入に成功しました。主催者は、イベントをウォーキングツアーから2.25マイルのドライブツアーに再構成し、WRSTBNDにそれを機能させるよう呼びかけました。

「Mendixを使用して、休暇中に40,000から50,000の時間ベースの予約を予約する、完全にカスタマイズされた予約プラットフォームを構築することができました。公園の容量とトラフィックフローを追跡しながら、ドナーとメンバーに合わせた複数の価格帯があります」とWRSTBNDのCEO、Conway氏は述べています。 「Mendixを使用して、モバイル決済システムとWebベースのバックエンドを備えたこれらのカスタマイズされたインターフェースを構築するのにわずか10日かかりました。」

2019年に設立されたWRSTBNDの校長は、ライブイベントの制作をサポートするためにテクノロジーを使用した10年以上の経験があります。 Solomonは、Mendixによるローコードソフトウェア開発を画期的なものとして評価し、高度に調整されたスケーラブルなソリューションで迅速な結果とROIを達成できるようにしました。

E-Z Passのように、各車をチェックして、誰がいたずらで誰がいいかを確認します

別のプラットフォームイノベーションでは、WRSTBNDは、ホリデーイベントのためにニューオーリンズシティパーク全体に超高周波RFIDセンサーを設置し、参加者の追跡とトラフィックの管理を支援しました。最大20フィート離れた場所から、センサーが各車のダッシュボードのチケットを読み取り、車内の子供たちの名前を「素敵な」看板に、両親を「いたずらな」看板に表示しました。特に子供向けに、パーソナライズの楽しい触りにしました。

非接触のデジタル決済とトランザクションのサポート

安全で非接触のトランザクションを容易にするために、WRSTBNDの開発者は、ApplePayやGooglePayなどの安全なデジタルウォレットとその実際の物理的なリストバンドとのカスタム統合を構築しました。これにより、現金やクレジットカードで現場で手を交換する必要がなくなり、不正または偽造取引に関連する問題が軽減されます。 Jupiter Researchの新しい調査結果によると、この新しい接続性により、WRSTBNDは別のトレンドを利用できるようになります。デジタルウォレットの消費者による使用は83%急増し、2025年までに10兆ドルの業界に成長すると予想されます。

リストバンドとデジタルパスの読み取りに使用されるスキャナーには、それぞれRaspberry PIデータベースプロセッサが含まれており、リアルタイムで遅延のないデータベースの取得と保存が可能です。これは、処理能力を適切な場所に置く「エッジコンピューティング」の例です。トランザクションが発生します。完了したトランザクションは、Mendixクラウドを介してWRSTBNDのバックエンドシステムにアップロードされます。

「私たちの世界では、すべてのイベントに固有のロジスティック要件があります」とソロモンは言います。 「アーティスト、スポンサー、プロデューサー、スタッフ、チケット購入者は、さまざまなデータニーズを持つさまざまな機能を持っています。既成のソリューションはありません。」

WRSTBNDは、Javaを使用するか、オフショアのコーディングショップに目を向けることで、チケットと認証のプラットフォームをゼロから構築することを検討しました。ソロモン氏は次のように付け加えています。私の3人の開発チームは、Mendixを使用して、数日以内に本番環境に対応した作業を会社に提供できます。 1人の精通したMendix開発者は、5人のrawコード開発者と同等の高品質の作業を提供できます。それは私が十分に述べることができないと思う実質的な価値です。

「Mendix内での開発が容易なため、複雑なソリューションをすばやく繰り返すことができます」とソロモン氏は続けます。彼は、アルコール飲料の購入について年齢関連のIDを追跡するパスポートの機能の拡張として、温度チェックやその他の健康関連情報の適切な日時をログに記録するパスポートの新しい機能を引用しています。

一度に1回の反復で、10年の成功に基づいて構築

2年以上前にSolomonと彼のパートナーである最高技術責任者のJonathanFoucheauxによって立ち上げられたWRSTBNDは、もともとSolomonGroup内のソフトウェア部門でした。ソロモングループは、スーパーボウルXLVII、音楽祭、会議、美術館などの大規模なスポーツイベントの大手イベントプロバイダー、セット製作者、デザイナーです。

「私のチームは2013年にMendixでの作業を開始しました」とConwaySolomon氏は言います。 「真のローコードの世界に入ると、FileMakerとQuickBaseを放棄することができました。リレーショナルデータベースとスプレッドシートには、クライアントの純利益に影響を与えるイベントナビゲーションを改善する機能がありません。」

ローコードの投資収益率はかなりのものになる可能性があります。 Solomon Groupによって実装された初期の目的適合アプリは、ニューオーリンズコンベンションセンターの回転式改札口にIoTセンサーを配置しました。 Mendixで構築されたアプリケーションにデータを供給する光学システムは、建物内の容量管理に関するリアルタイムの情報を消防署に提供しました。これにより、主催者は1日チケットの売り上げを700,000ドル増やすことができました。

複数のエクスペリエンスを作成するための適切なツール

「Mendixでは、ビジネスの専門家とソフトウェア開発者に、エンドユーザー、顧客、従業員のすべての範囲で完全で摩擦のないエクスペリエンスを実現するためのツールと機能を提供することに重点を置いています」とGordon VanHuizen氏は述べています。 「WRSTBNDのような企業がこれらのイノベーションで限界を押し広げ、マルチエクスペリエンスの約束で具体的な結果をもたらすのを見るのはエキサイティングです。業界が安全に再開し、以前の規模に戻ったときに、ライブイベントスペースで他の人が彼らのソリューションを模倣することは間違いありません。」

翻訳:https://www.mendix.com/press/in-person-events-staged-for-safe-comeback-leveraging-enterprise-low-code-from-mendix/

一覧に戻る