2019.08.06エネルギー , 事例 , 業種

Enexis、ビジネスの要件を満たすためにアーキテクチャを変革

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

David Bevans / 2019年7月22日

主なポイント

  • Enexisは、サービス技術者のプロセスを最適化するためにローコードの開発を使用してオランダのエネルギー環境の変化に対応
  • 1,000万ユーロの運用コスト削減
  • 24人の社内外のMendix開発者を教育し、わずか2年間で100アプリケーションをローコードのアジャイル開発サイクルで作成するApplication Factoryを設立
  • オランダの280万以上の世帯にエネルギーを提供し続ける

「変化は難しい」、私の同僚は新しい経費システムにアクセスしようする際に嘆きました。 新しいT&Eシステムに移行しても、その変更はわずかでリスクはほとんどありません。 しかし、どんな変化でも(どんなに小さなものであろうと)困難は発生し、プロセスや人々は混乱します。

私の同僚と同じように(彼女は新しいシステムをaplombで考え出しました)、あなたの仕事のやり方を変えることは、どんなビジネスでも難しいです。 しかし、オランダのエネルギーの3分の1を管理するエネルギーグリッドメンテナンス会社Enexisが、エネルギー市場の変化に対応するアプリケーション開発プロセスに関する取り組みの変化を考えてみてください。 彼らがサービスを提供している何百万もの世帯や企業の生計は一線を画していました。

Enexisが企業や消費者に重要な製品を提供するために、アプリケーション開発と配布について大幅に変更した方法を話します。

 

変化の指揮者

オランダのエネルギー事業はかつて非常に安定していて予測可能でした。 Enexis CIOオフィスのマネージャであるOscar Berger氏によると、彼らは「非常に安定した予測可能なビジネスで働いていました。エネルギー需要 – 電気とガス – は一方通行で、都市開発と経済成長に基づいています。何年も先の計画ができました。」

しかし、オランダは最近、Berger氏が述べるするように、エネルギー転換の最中にあることに気づきました。電気の需要が伸びています。 Berger氏は電気自動車の売上の伸びを挙げており、その結果、家庭の電気代は倍増しています。これは、新たな消費者ニーズに対応するため、家庭や企業の設備を変えることを意味しました。

消費者はまた太陽電池パネルのような電気の生産者になっています。そのため、かつては一方向の電気の流れが双方向になりました。

ついに、CO2濃度の上昇に対応して、オランダは2050年までにガスの生産を停止することを決定しました。「つまり、私たちのガスのインフラは2050年頃には時代遅れになるでしょう。問題はそれをどうするかということです。」

一方向から双方向のエネルギーの流れの変化と、最終的にはガスからの移行により、Enexisはインフラストラクチャを維持する方法を変える必要がありました。

 

ローコードトランス

EnexisのITチームは、その答えがアプリケーションポートフォリオの管理方法にあると考えました。いくつかの大規模な基幹アプリケーションを持つ大企業として、280万世帯にエネルギーを供給し続け、ミッションクリティカルなシステムを管理すると同時に、顧客の新たなニーズを十分な速さでサポートする必要がありました。そこで彼らは、Mendixのローコード開発プラットフォームに注目しました。

私たちのガスのインフラは2050年頃には時代遅れになるでしょう。問題はそれをどうするかということです。

EnexisはMendixで「移行アーキテクチャ」を構築しました。ビジネスや顧客のニーズを革新して満たすために、ITインフラストラクチャ全体を置き換える時間はありませんでした。移行アーキテクチャにより、開発チームは標準のエンタープライズアーキテクチャでは達成できなかった速度でアプリケーションを設計、開発、デプロイすることができました。 Berger氏は、移行アーキテクチャを自分のオフィスで正式に承認することの重要性を認識し、「定義されたアーキテクチャに従わないという言い訳」と彼のチームに冗談を言いました。

しかし、結果は冗談ではありませんでした。ステッカーアプリケーションを例にします。 Berger氏によると、その前提は単純です。4万台のEnexisステーションすべてに、安全意識を高め、その場所にある特定の機器がもたらす特定のリスクに対する注意を促すステッカーを貼る必要があります。ステッカーを置き換える定義と実施プロジェクトはかなりの作業です。」

ステッカーアプリケーションは、Enexisがオンデマンドでステッカーを更新することを可能にします。ステーションにあるセンサーは、ステーションに新しい安全促進ステッカーが必要であることを近くのサービス技術者に伝えます。彼らは最も近いステーションに行き、ステッカーを交換し、それを直接アプリケーションに登録することができます。ロケーションサービスを使用して、すでにステーションの近くにいるエンジニアに警告することで、互いに重複せず、他のタスクを割り当てることで時間とリソースを節約できました。

 

2年間で100アプリ

デジタルイノベーションは、ステッカーアプリケーションの成功で終わりませんでした。むしろ、Enexisはチームをどのように編成したかを再評価し続けました。 EnexisはApplication Factoryと名付けたものから始めました。それは4人のMendix開発者から始まりました。開発者たちは移行アーキテクチャを使って作業を進め、Mendixを主な開発ツールとして使う最善の方法を学びました。 3か月後、そのチームは2つのチームに分割され、各チームはさらにMendixのトレーニングを受けた2名の開発者を追加しました。 3ヵ月後、チームは再び分割され、より多くの開発者が割り当てられました。今日までに、24人の社内外のMendix開発者が、ローコード以前には想像できなかった速度でアプリケーションを構築しています。

その結果、2年間で100のアプリケーションが構築され、デプロイされました。

重要なのは、Application Factoryチームの人数だけでなく、その役割です。 UX周りで標準を作成することは非常に重要です。スクラムマスターは生産ラインを動かし続けます。チームサイズは、構築されているアプリケーションの規模に応じて拡大や縮小されます。より小さなアプリケーション(たとえば、依存関係が少ない)ならば、1人の開発者が適切です。アプリケーションが大きい場合は、6名の開発者が必要になることがあります。

より大人数でローコードのアプリを作ることで、Enexisは価値実現までの時間を短縮することができました。たとえば、Berger氏は、わずか3か月以内で作成した検査アプリケーションを挙げています。このアプリケーションでは、サービス作業者がステーションに入って塗装が必要だと確認した時にアプリケーションを起動します。開発チームによって構築されたSAPとの統合機能によって作業指示が作成され、Enexisの外注先に送信されます。 3ヶ月以内にアプリケーションが構築され、ステーションの維持計画時間が節約されました。

100のアプリケーションは圧倒されるかもしれません。アジャイル方法論を採用し、実際に決定する権限をプロダクトオーナーに付与することは、推進するための重要な要素です。プロダクトオーナーは、開発者が各スプリントのプロジェクトを評価して優先順位を付けるのをサポートします。明確に優先順位付けが行われているので、Berger氏の部門は、幅広いアプリケーションポートフォリオを強化し維持することができます。

EnexisのApplication Factoryは、製造ラインに入らない労働者のように聞こえるかもしれませんが、Berger氏はその喩えの解釈に警告しています。開発者は工場の労働者ではありません。チームは自律しており、どのアプリケーションを構築または更新するかを自分で決めます。 Berger氏によると、「喩えの強みは、そのチームが組織化されているということです。そして、私はアジャイルが組織化されることを好みます…工場のように機能するということを知るために重要だと思います。」

 

どのくらい先を見通すことができますか?

Berger氏は、Enexisが約2年間先を見通すようにしていると述べています。 しかし、常にIoTのような新しい課題が現れます。 彼はApplication FactoryがステーションにIoTセンサーを設置して動作するスマートなアプリケーションを作成した例を挙げます。 サービス技術者がIoTセンサーが内蔵されているボックスを設置すると、信号がセントラルステーションに送信されます。 Enexisはボックスが設置されている場所からその信号を受信することができ、現場のエンジニアは確認通知をアプリケーションに返送します。

たった2年で作成された100アプリケーションで、Enexisは大きなコスト削減を実現しました。Berger氏は、約1000万ドルの削減を実現したと述べています。 アプリケーション開発プロセスを大規模に提供することで、顧客の変化するニーズに対応し、エネルギー市場の変化に対応し、常に将来を見据えることができます。

 

翻訳元:

The Changing Demands of the Energy Industry: How Enexis Transformed their Architecture to Meet Business Requirements

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)