2017.04.20Tips

ノンプログラミングでSOAPを使用したWEBサービスを作成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

別記事「ノンプログラミングで住所録アプリを作成」において、実際にノンプログラミングで住所録アプリを作成していく工程を紹介しましたが、Mendixでは、WEBサービスも、ノンプログラミングで作成することが出来ます。

今回は、実際にプログラミングレスでSOAP を使用したWEBサービスを作成していく工程を紹介します。なお、アカウントの作成及びMendix Modelerのインストールは済んでいるものとします。

プロジェクトの作成

まずはWEBサービスのベースとなるプロジェクトを作成します。

開発ポータルの右上にある「Create App」ボタンを押下します

 

画面のテーマを選択します

 

アプリケーション名を入力して「Create App」ボタンを押下します。これでプロジェクトの作成は完了です。

 

SOAP を使用したWEBサービスの作成

続いて、Mendix Modelerにて1で作成したプロジェクトを開いて、WEBサービスを作成していきます

エンティティの作成

Domain Modelを開き、上部メニューから「Entity」を追加し、エンティティ名の設定および属性の追加を行います。これでエンティティの作成は完了です

 

マイクロフローの作成

モジュールのメニューからマイクロフローを追加します。


データを取得して返すフローを定義します。これでマイクロフローの作成は完了です。

 

公開WEBサービスの作成

モジュールのメニューから公開WEBサービスを追加します。


公開するマイクロフロー及びURLを設定します。これで、公開WEBサービスの作成は完了です。

 

以上で、WEBサービスの作成は完了です。

動作確認

さいごに、WEBサービスを起動して、動作を確認します。
確認はBoomerang(※)を使用して行います。
chromeのSOAPクライアント用プラグイン

また、下図の通りデータが登録されているものとします。

 

BoomerangのRequestタブを開き、WEBサービスのURLにリクエストを送ります。

今回はCDが”MS01”のデータのみを取得します。

 

BoomerangのResponseタブを開きます。CDが”MS01”のデータのみ取得出来ていることが確認出来ます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

WEBサービスについても、ノンプログラミングでアプリケーションを作成することが出来るということが分かって頂けたかと思います。

今回はSOAPを使用したWEBサービスを紹介しましたが、MenidxではRESTを使用したWEBサービスも実現出来ます。こちらについては、また別記事で紹介する予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加