2017.06.16Tips

Push通知機能の紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、Push通知の機能を紹介します。

iphoneやandroidなどのモバイル端末を利用していると、Push通知を受け取ることは多くあると思います。Push通知の機能を試用しているアプリは多くあり、日常的なものとなっています。

MendixにおいてPush通知を行いたい場合は、Mendix App Storeで公開されているPush通知をサポートした「Push Notifications Connector」モジュールを利用することで、簡単に実現することが出来ます。プログラミングでPush通知を実現する為の特別なスキルは必要ありません。

 

前提条件

 

アプリ作成

Push通知を行うアプリを作成します。

モジュールのダウンロード

Mendix App Storeから「Push Notifications Connector」モジュールと「Encryption」モジュール(※)をダウンロードします。

※「Push Notifications Connector」モジュールが内部で使用しているモジュールです。Push通知の機能作成の中では使用しません

モバイル端末用のTOPページにpush通知を行う為のSnippet(画面の共通部品)を追加

モバイル端末用のTOPページを開きます。TOPページは予め作成しておきます。

「Push Notifications Connector」モジュールにある「PushNotifications_Snippet」(push通知を行う為のSnippet)を、ドラッグ&ドロップして、モバイル端末用のTOPページの下部に追加します。

アプリ起動時の処理にPush通知の初期処理を追加

「Push Notifications Connector」モジュールにある「AfterStartup_PushNotifications」のマイクロフロー(※)を呼び出すマイクロフローを作成します。

※ Push通知の初期処理を実行するマイクロフロー

Push通知の送信者向けにアプリにPush通知の設定とメッセージ送信を行う画面を追加

Navigation(※)を開きます。

※ アプリのメニューに表示する項目を設定する画面

「Push Notifications Connector」モジュールにある「PushNotifications_Administration」画面(※)を表示するメニューをNavigationに追加します。これで、アプリ起動時に追加したメニューをクリックすると、「PushNotifications_Administration」画面が表示される様になります。

※ Push通知の送信者がPush通知の設定とメッセージ送信を行う画面

サンドボックスにデプロイ

上部メニューの「Run」をクリックし、アプリをサンドボックスにデプロイします。これで、アプリ作成は完了です。

モバイル端末にアプリをインストール

Push通知を行うには、モバイル端末に作成したアプリをインストールする必要があります。

Mendixには作成したアプリをモバイル端末用のアプリとして公開する機能があるので、これを利用します。

モバイル端末用アプリの公開

開発ポータル(※)を開き、アプリのページを開きます。

※詳細はこちら

左メニューの「Mobile App」をクリックし、画面右にある「Publish for Mobile App Stores」ボタンをクリックします。

「Publish for Mobile App Stores」ボタンをクリックしたことにより、アプリがPhoneGapのビルド環境にビルドされます。これで、アプリがモバイル端末用に公開され、モバイル端末にインストール出来るようになります。なお、インストールはQRコードを読み込むだけで出来ます。

アプリのインストール

QRコードを読み込み、アプリをモバイル端末にインストールします。インストールが完了したら、アプリを起動します。モバイル端末用のTOP画面が開ければ完了です。

Push通知の設定

Push通知の送信者がPush通知の設定画面を開きます。

画面に表示されている”Sender ID”と”API Key”(※)に値を登録します。これでPush通知の設定は完了です。

※Push通知のメッセージを送信するにあたり、クラウドメッセージサービスを使用します。”Sender ID”と”API Key”はクラウドメッセージサービスにより発行される値です。なお、今回はクラウドメッセージサービスとしてMendixで推奨されているGoogleのFirebaseを利用しています。GoogleのFirebaseの詳細はこちらを参照して下さい

Push通知の確認

Push通知の送信者がPush通知のメッセージ送信画面を開きます。

タイトルとメッセージを入力して「Send immediate」ボタンをクリックします。すると…

モバイル端末(※)にPush通知が届きます。

※ 下記イメージはタブレットです

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

MendixではPush通知以外にもIBM WatsonやAWS IoTといった最新の技術を簡単に実現することが出来るモジュールがいろいろと公開されています。今後は、他の機能についても紹介していく予定です。

 

なお、今回紹介した「Pushの機能」は、下記ページでより詳細に紹介していますので、興味を持った方は、是非ご参照下さい。

https://mendixdocs.buildsystem.jp/howto7/mobile/push-notifications

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)