2017.04.20Tips

ノンプログラミングでExcel帳票【高度な機能編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高度にカスタマイズされたExcel帳票出力を行いたい場合は、Mendix App Storeで公開されているExcel帳票出力をサポートした「Excel exporter」モジュールを利用することで、実現することが出来ます。プログラミングでExcelファイルを扱う為の特別なスキルは必要ありません。

 

準備

「Excel Exporter」モジュール及び「MxModelReflection」モジュール(※)をダウンロードします

 

※「Excel Exporter」モジュールが利用しているモジュール。モジュールのエンティティ及びマイクロフローのメタ情報を収集し、MxModelReflectionのメタ情報エンティティへの登録を行います

 

Navigationを開き、Excelテンプレートの設定ページ及びメタ情報登録ページを追加します(※)。

 

 

※Mendixでは、モジュールで提供されている画面をアプリ側から呼び出すだけで簡単に使用することが出来ます。通常の開発とは異なり、アプリ側でカスタマイズする必要はありません

 

Domain modelを開き、データ出力用のエンティティの追加及び出力のベースとなるエンティティとの関連付けを行います

Excelファイルの生成及び出力を行うマイクロフローを作成します。

ページに作成したマイクロフローを呼び出すボタンを配置します。これで、準備は完了です

 

Excelテンプレートの設定

メタ情報登録ページを開き、メタ情報を登録します

Excelテンプレート設定のページを開き、テンプレートを定義します。これで、Excelテンプレートの設定は完了です。

 

Excel帳票出力確認

「Excel」ボタンを配置したページを開き、「Excel」ボタンを押下します。すると…


Excelテンプレート設定ページで定義した形式でExcel帳票がダウンロード出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

「Excel exporter」モジュールを利用することで、ノンプログラミングで簡単に高度にカスタマイズされたExcel帳票出力が出来ることが分かって頂けたかと思います。

 

なお、今回紹介した「高機能版のExcel帳票出力の機能」は、下記ページでより詳細に紹介していますので、興味を持った方は、是非ご参照下さい。

Excelエクスポータを使う

 

また、簡易版のExcel帳票出力の機能については「【簡単】EXCEL帳票出力機能の紹介」で紹介しています。是非、ご参照下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加