2019.11.05Mendixガイド , アプリケーションの機能

展開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Mendixアプリケーションは、Docker、Kubernetes、Cloud Foundryなどの最新のクラウドプラットフォームをサポートするTwelve-Factor Appの原則に準拠するプラットフォームのクラウドネイティブステートレスランタイムアーキテクチャで実行されます。その結果、Mendixアプリは、自動スケーリング、自動プロビジョニング、自動修復、インフラストラクチャオーバーヘッドの低減、CI / CD、およびクラウドの相互運用性をすぐに利用できます。

 

 

Mendixはどのような展開オプションを提供しますか?

Mendixアプリケーションは、パブリッククラウド、仮想プライベートクラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、および従来の(仮想)サーバーなど、さまざまな展開オプションで実行されます。

 

Mendixアプリケーションを実行およびデプロイするにはどうすればよいですか?

Mendixアプリケーションは、ワンクリック展開を使用してパッケージ化され、選択したクラウドプロバイダーに展開されます。この機能は、クラウドプロバイダーのステージング領域にデプロイする前に必要なすべての必要なアセットを含む、DockerやCloud Foundryなどの適切なデプロイパッケージを自動的にビルドします。 Mendixは、オンプレミスおよびInfrastructure as a Service(IaaS)に展開するためのビルドパックの作成もサポートしています。

 

Mendixにはどのクラウドプロバイダーを使用できますか?

Mendixはすべての主要なクラウドプロバイダーをサポートしています。

  • IBMクラウド
  • SAPクラウドプラットフォーム
  • Microsoft Azure
  • アマゾンウェブサービス(AWS)
  • Red Hat OpenShift
  • Google Cloud Platform

さらに、MendixはIBM、SAP、Microsoft、AWSとの正式なパートナーシップを提供しています。

 

翻訳元:

https://www.mendix.com/evaluation-guide/app-capabilities/deployment

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)