2019.03.28Mendixで課題解決 , アプリ開発 , オムニチャネル

思い通りのビジネスモデルを実現するには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

”オムニチャネルに対応し、流通業界に巻き起こる変革は、様々な企業に新しいビジネスチャンスをもたらしています。”

この文章を見た方は、自社においては何が起こるのかを簡単にイメージされると思います。

そのイメージには、インターネットショッピングサイトの構築、店舗管理システムの連携、販売管理や配送管理等々、IT、IOTの存在が大きな役割を持っています。

ビジネス側でのイメージ実現においては、人やモノの調達において、理想通りにいかない現実に直面します。しかしながら、IT側の迅速かつ、適切な補完により、ビジネス側の課題を払拭することが可能です。ビジネス側とIT側の、強力なコラボレーションは、今後一層重要になっていくことでしょう。

では、IT、IOTを活用した、ビジネスモデルを効果的に構築するには、何が必要でしょうか?

それは、オープンなディスカッションと、認識具体化の共同作業を効率的に実施できる環境ではないかと考えます。

Mendixには、WEBを通して案件管理が可能なデベロッパーポータル、ビジネス側の方もPOC作成に参加可能なWEBモデラー、そして、本格的なシステム開発が可能なデスクトップモデラーを無償でご提供します。

・ 思い通りの画面を作成し、高速開発手法を利用して、迅速にリリースする。

・ ビジネスアイデアが熱いうちに低価格でモデル構築、実証実験が可能になる。

・ 段階的なリリースではなく、リッチなサービスを一気にリリースする。

これこそが、Mendix の強みです。

弊社では、皆様にMendixを実感戴けるデモをご用意しています。

ご興味のある方は、是非お声掛けください。

Mendixでは、ベーシックなビジネスにおけるIT活用モデルを短期間でデザイン可能です。

Mendixでの要件管理の概要
http://mendix.buildsystem.jp/mendix-guide-requirements-overview/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)