2019.02.25Mendixで課題解決 , Mendixとは? , Tips

WYSIWYG なアプリケーション開発ツール Mendix!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アプリケーション開発において、開発者が苦労するのは、解りやすい、使いやすい画面(GUI)作成ではありませんか。

近年、企業が開発する、社外向けのアプリケーションはもちろんのこと、社内向けのアプリケーションにおいても、

5W1H (When Who Where What Why How)を意識して、使いやすい機能や仕組みの提供が必要になっています。

開発者側から見れば、利用ユーザーの権限コントロールを加味し、利用する端末によって、デザインを変更する手間は計り知れず、ユーザビリティは後回しになってしまう傾向が見られます。

外部の企業に開発を委託している場合は、時間とコストを考慮することになり、更にユーザの思うイメージから遠ざかることになってしまいます。

Mendix では、WYSIWYG(※) を重要視し、一般的に普及している、端末ごとに様々な機能を持ったテンプレートを提供しています。Web Modeler を活用すれば、利用者と一緒に色味やレイアウトを協議しながら、デザインすることも可能です。

Google Map等のサービスとも簡単にあたりまえに連携可能!

思い通りにGUI を作成できるので、ユーザー思いのアプリケーションが社内で開発できます。

Mendix の導入、アプリケーション開発には、弊社のコンサルタントが、より良い進め方をご提案します。

2019年1月より、Mendix での開発者育成トレーニングが開始されました。開発ノウハウを短期間で獲得できる Mendix Introduction Course を是非ご体験ください。

https://mendix.buildsystem.jp/bld_introduction-course/

※ What You See Is What You Get(見たままが得られる)の頭文字をとったもの

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)